レガーメ

「レガーメ」:イタリア語で「結びつき」、「絆」という意味らしい。

同期のご子息が、長年「バンビナッチョ」として移動式ピッツアを焼いていた頃は手軽に行っていたのだが、昨年秋、本格的にイタリアンのお店を開店したと云うのに、訪れるチャンスを逸していた。

昨夜は、爆弾低気圧が列島縦断との予報にもめげずに、前の職場の同期が「SBK46」と称して、この「レガーメ」に参集だった。46人も居なくて、今回の参集者は6人ではあるが(笑)。

まずは、生ビールで、昨年夏以来の近況から、皆さん変わりない。1名は従業員100名ほどの社長を1月から拝命したとかで、彼の体調が心配になる。あとは、皆私みたいな平々凡々のようだ(笑)。


f0233879_16123154.jpg
移動式石窯の頃もそうであったが、ここのピッツアは、生地がもちもちなところは変わらず、今回は「シズオカーナ」と命名された、由井の桜海老がトッピングされたピッツアも登場。実に美味だったな。


f0233879_16124818.jpg
この太いアスパラ料理、美味い。

f0233879_1613527.jpg
生牡蠣も、何とも美味。

f0233879_16133674.jpg
で、飲兵衛達は、ワインを何本開けたやら。その中でも、「トスカーナ」の赤ワインが、私には口に合っていたな。最後には、シングル・モルトのスコッチ「Glenfiddich」まで登場だった。
実に楽しいひと時であった。

帰路は、今気象実況データを確認すると、風雨が一番激しい時間帯に徒歩で帰宅。雨10mm、南南東からの風速15m/sの中だった。カッパ着て傘差してはいても、下半身はびしょ濡れだった。傘が折れないだけでも善しとしとこう。

今日も一日強風だったけど、そろそろ治まってほしいものだ。
[PR]

by Koppe3T | 2013-04-07 16:19 | 日常 | Comments(0)  

<< バーディは嬉し。 春の霧雨 >>