世界史と足場

今日は15℃まで気温が上がるとの予報に反して、13℃。しかも西よりの風が強く、データによれば11m/sの風だった007.gif 実に寒い1日だったな。


今日は、強風の中我が家に足場が取り付けられた。外壁の工事以来に足場が付いて、家周りは移動も困難となった。とは云え、築数十年だし外回りの塗装もしておかんといかんし、今日の足場設置となった。
f0233879_17113689.jpg


年内は不便な生活になるんだろうが、仕方ないことである。
業者さん、綺麗に仕上げてくださいませ~~、である。


で、こちらは先日買い求めた「世界史」の本である。
f0233879_17281296.jpg

今、イタリア在住の星野七生氏の「ローマ人の物語」に嵌っていて、20巻まで読み進んでいる。
「ローマは一日にして成らず」から始まり、「ハンニバル戦記」「ユリウル・カエサルルビコン以前・以後」、「悪名高き皇帝たち」と読み進んできた。
完読まで丁度半ばと云うところである。ローマ帝国の終焉まではまだまだである。

そんな時、目についたのが世界史なのである。今も戦火の絶えない中東オリエントや中国6000年の歴史、ゲルマン民族の大移動など現代のヨーロッパ形成の頃など、実に興味深い。
高校生の頃以来の「世界史」(笑)。実に面白い006.gif

by Koppe3T | 2013-12-13 17:31 | 日常 | Comments(2)  

Commented by 姉さん at 2013-12-17 12:15 x
塩野七生先生は 私の高校時代の世界史の先生が大ファンで知りました。当時からすでに執筆していてさらにイタリアに移住して研究なんて素晴らしいです。私はその世界史の先生の影響で大学は史学科にすすみ西洋史をやることに。世界史おもしろいですよね。今度世界史論議をしましょう!
Commented by Koppe3T at 2013-12-17 15:32
姉さん>

トロイの木馬で有名なかのトロイ戦争で落ち延びたトロイ王の子孫は、流浪の末にたどり着いたのがテヴェレ川流域の今のローマだったと云うローマの建国伝説に吸い込まれ(笑)、塩野七生先生の「「ローマ人の物語」に完璧に嵌ってしまいました。

そうでしたか。姉さんは高校生の頃からご存じでしたか。
あちゃ~~(汗)。私は一読者ですので、論議などとてもとてもです。オリエントの頃などご教授下さいませ。

<< 日本橋・人形町・浜町界隈 ラウンド出来そうだな。 >>