西ヶ原~東十条~~

穏やかな師走の土曜日の昨日は、西ヶ原から東十条あたりの武蔵野台地がかつての海に落ち込む東縁を歩いてきた。案内は、裏道の達人「姉さん」である。
f0233879_14041012.jpg


出発は、南北線「西ヶ原駅」から。まずは、北区の防災施設の要である「地震の科学館」だ。ここで、地震に関する防災のレクチャーを受け、この3間の畳敷きで関東大震災や先の東日本大震災と同じ規模の地震の横揺れ縦揺れの激しさを体験だ。90年から150年周期に起きるであろう大地震の周期入っているという今、改めて地震に対する心構えを学習だ。
f0233879_10571765.jpg


明治期、この辺りは農商務省の農事試験場があった地域であり、近代農業を先導した地域だったとのことだ。
f0233879_10583097.jpg


飛鳥の小路を歩き、平安から戦国期豊島氏の「平塚城」があった高台は、「平塚神社」として、その往時を偲ばせてくれている。
f0233879_10585524.jpg


境内の大銀杏が見事な黄色に紅葉しており、ほっこりだ。
f0233879_10591526.jpg

更に、西ヶ原村の鎮守だった「七社神社」である。この地にあった一本杉神明宮の一本杉が大事に祀られているのだ。
f0233879_10592621.jpg

日光御成街道にもどると7、そこには都内に現存する二つのうちの一つである「西ヶ原一里塚」だ。江戸城大手門から二里の地点とのことだ。
f0233879_10593471.jpg



さて、飛鳥山である。「飛鳥山」とは、豊島氏が紀州新宮の飛鳥明神をこの地に分霊したのが始まりと云う。
f0233879_10594589.jpg


ここ飛鳥山は江戸期から庶民の桜の名所として今も名高い桜の名所であるが、埼玉・深谷出身の「渋沢栄一」が晩年住んでいたことでも有名で、渋沢栄一資料館や旧渋沢庭園を見学できるのだ。彼が起業し現代も残っている企業が沢山あるので有名であるが、明治期の日本男児の凄さをあらためて再認識だった。

栄一お気に入りの「晩香蘆」。1917年落成喜寿(77歳)の祝いに清水組(現・清水建設)が贈った洋風茶室とのことだ。
f0233879_11001495.jpg
命名が「バンガロー」の響きからと云うのが面白い。


こちらは、「青淵文庫」だ。栄一の蔵書を納めるべく1925年に傘寿(80歳)のお祝いの建てられたとのことだ。内部で唯一写真撮影OK~な2階への優雅な階段。
f0233879_11005642.jpg



庭園内は、紅葉が見ごろ~~~~。
f0233879_11011116.jpg
f0233879_11011870.jpg
f0233879_11012588.jpg
f0233879_11014712.jpg


飛鳥山博物館では、来月貸し切りで乗れる都電の特別企画「都電残照」が催されていた。古き良き時代の都電を回想させてもらった。そこの3階喫茶で買い求めた「おはぎ」!!!。まいう~~~(笑)。
f0233879_11021041.jpg
f0233879_14411867.jpg

また、「花燃ゆ」にも登場していた群馬県勢多郡富士見村生まれの船津翁(船津市蔵)の碑も残されているのだ。この当たり一帯が国の農事試験場だったことからも、彼がこの地で当時の先進農業を監督していたのが偲ばれる。
f0233879_11025099.jpg


飛鳥山の碑。吉宗の治世が行き届いていることを書いているとのことだが、難解で読めないのが難解(笑)。
f0233879_11031742.jpg


飛鳥山西の御成街道にかかる歩道橋からは都電も観賞~~~。
f0233879_11034780.jpg

また、道路脇には、現役で営んでいる「質屋」さんも。
f0233879_11035579.jpg


こちらは、音無浸水公園だ。石神井公園へも繋がる川である。江戸の初めから名勝地だったとのことで、今も1948年創業の茶店「扇屋」は美味しいことで評判な卵焼き屋として現存だ。
f0233879_11040723.jpg
f0233879_11041415.jpg


王子神社である。1322年豊島氏が熊野の王子大神を勧請し、「王子」よよばれたとのことだ。
f0233879_11043198.jpg


王子稲荷。源頼義の欧州征伐のおりに、関東総稲荷と仰いだとのことだ。境内の狛犬ならに狛狐が何とも愛らしいのだ。
f0233879_15273361.jpg
f0233879_11051639.jpg


御石様:願い事、持ち上げて軽く感じれば叶いやすく重く感じれば叶いにくいとか。
f0233879_11055257.jpg


まさしく、狐が住んでいたに違いない「お穴様」。
f0233879_11055864.jpg


名主の滝:江戸期の王子村の名主畑野家の自宅が始まりで、今は北区管理の公園になっている。緑が鬱蒼とした素晴らしい緑地である。名主の滝はたまたま流れておらず、残念!!。
f0233879_11061857.jpg
f0233879_11063743.jpg

自衛隊十条駐屯地だ。明治期から旧陸軍の兵站中枢だったところで、現在は陸海空自衛隊の本部になっている。門の内部は撮影禁止らしい(汗)。
f0233879_15270190.jpg

篠原演芸場である。木戸賃大人1600円と掲示されていたけど、是非観賞してみたいものだ。
この当たりの裏通りは幅1mほどでうねうねと続き、一人では歩けそうもないな。
f0233879_11073546.jpg

十条富士塚である。時間的に真っ暗で大きな塚の頂きは映らず。当然登頂させて頂いた。
f0233879_11083588.jpg

打ち上げは、東十条の「さくら水産」飲み放題コースだ。鍋に刺身に・・・・恐るべし「さくら水産」であった。
総歩数18000歩、約8キロのコースであったが、武蔵野台地の東縁。アップダウンもあり、久々に歩いた感があったけど、十条の裏道はスリリングで楽しかったな。
案内頂きありがとうございました。また一緒に歩いて頂いた皆様、お疲れ様でした。



[PR]

by Koppe3T | 2015-12-13 15:26 | ウォーキング・散策 | Comments(4)  

Commented by ms.coromba at 2015-12-13 16:35 x
昨日は青空広がる好天気中のお散歩お疲れ様でした。
地震博物館では貴重な体験出来ましたね。
飛鳥山公園では渋沢栄一の功績を改めて知り、中でも私は晩香盧がとても素敵!と感じました。
神社も歴史を感じながら拝め、訪れた何処も紅葉に感激!し、味わい深い散策になりました。
打ち上げはお喋りに花開き、鯛しゃぶに真鯛お作り~と好きな物ばかりいただけて大満足!でした。
来月も楽しみですね!又、宜しくお願いします。
Commented by Koppe3T at 2015-12-13 17:56
ms.corombaさん>

絶好のお日和の中、貴重な体験と歴史的にも深い内容の楽しいお散歩、お疲れ様でした。
毎回繋がりのある内容で、感激でした。

また、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 姉さん at 2015-12-14 09:01 x
コッペさんの晴れ男ぷりのおかげで快晴なか紅葉を堪能できました。
来年も晴れをお願いしますね(笑)
Commented by Koppe3T at 2015-12-14 17:18
姉さん>

いや~~~~!!。今月は、お散歩日和にも恵まれて西ヶ原~東十条の素晴らしいコースを堪能させて頂きました。

「船津翁」の碑に会えたのも、嬉しいことでしたし、恐るべし中十条の裏道でした。

来年もどうぞよろしくお願いします。

<< 悪くはないんだよな~~~~ この師走の24℃ >>