いわきへ墓参り

最高気温27℃台と、この時期にしては猛暑ではない今日は墓参りへ。

菩提寺で両親の墓に参って実家へ。
更に、今回は妹の嫁ぎ先である塩屋崎灯台(地元では通称「豊間の灯台」と呼んでいる)近くの太平洋沿いへ。ここは、かの東日本大震災の時膝まで津波が上がったものの、家屋や併設する工場は無事だった所でである。新盆でもあったので、仏壇へも焼香だ。


両家へのあいさつの後、いわき市では最大の津波被害であった「豊間海岸」へ立ち寄った。豊間の海は、子供の頃毎年のように海水浴に出かけたり、季節季節に塩屋崎灯台へ登ったりした所でもある。
今日訪れた豊間は、往時の面影は全く無く工事中の防潮堤と埃だらけの造成中の赤土ばかりであった。往時は漁師町でもあり、豊間海岸への関東からの海水浴客の民宿が立ち並んでいたのであるが、建物はまだ一つもない造成地のみだ。
f0233879_17455547.jpg
f0233879_17454918.jpg


往時の賑わいを取り戻すのは、随分先になりそうな状況であったな。今日は灯台下のビーチで遊ぶ子供たちが10人ほどしか居なかったもんな。
f0233879_17451309.jpg

                <往時の海水浴>


塩屋崎灯台も、3.11ではヒビ割れや、登山道が崩れかなりの被害だったのであるが、今は修繕されて今日も多くの観光客が来ていたのは嬉しいことである。
海岸通りの道路もまだまだ工事中で休工中の重機が置かれていたけれど、海の青さだけは往時のままだったな。
f0233879_17465339.jpg
f0233879_17471715.jpg
1日も早い全面復興を願い、豊間海岸を後にした。

[PR]

by Koppe3T | 2016-08-13 17:56 | 日常 | Comments(0)  

<< 台風一過の暑さだったな 溶けるような暑さだね >>