ムスカリさんに接近遭遇だ。

晴れではあるが、北風が冷たい早春の一日だ。

散歩中に見つけて小さな小さな青い花が海中のサンゴみたいなこの花?何だろうとばかりに撮ってみた。あまり見かけない小さな花で、野草かと思っていたのであるが、調べてみるとガーデニングに使われる球根の「ムスカリ」であった。どなたかが
通りの土手に植えたんだろうな。
f0233879_14384311.jpg


で、こちらは、我が家の庭の生垣の下に出てきた草丈10センチほどの「ミニスイセン」である。一輪の可憐な黄色のミニスイセンである。何年前に植えたのかも覚えていないのだが、スイセンは、一番育てやすい草花のようで、放っておいてもこのように毎年花を楽しませてくれるのが嬉しい。
f0233879_14390864.jpg

おまけ~~~、
一昨日、屋外の下水枡を目視点検した時の1枚だ。最初の直角カーブする枡に少々流れに滞りがあったので、棒で突っついてから大量の水を流して、一件落着~~~(笑)。築35年も経つと水回りに滞りがあり、辛いものである。
f0233879_14415729.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2017-03-11 14:46 | 日常 | Comments(2)  

Commented by DEMIO at 2017-03-12 10:14 x
排水管って、メンテを見落としがちで、定期的に清掃すれば長持ちするのにほったらかしにしてダメになるケースが有りますよね!
人間と一緒で健康診断が必要ですよ!
Commented by Koppe3T at 2017-03-12 13:37
DEMIOさん>

そうですね。
定期点検リストを作って2ヶ月に一回、目視点検は実施しているのですが、猫「杏子」の流せる砂を流すようになってから、流れが今一な感があります。
昨日から、杏子のトイレ砂は流さないように、足踏み蓋付きペールを導入です。

<< 水難の相、終わりになるかな? 静穏 >>