憂鬱な立夏のシーズン

今日も朝から晴れ。最高気温も25℃を超えて夏日なれど、昼からは曇りがちなお空で、過ごしやすい感じだった。

立夏の候に入ると、毎度憂鬱な季節なのではあるが、生垣のカット第2弾である105.png
今回は、南面の生垣だ。この新芽のカットをっておくと、毛虫が大量発生し新芽を食い尽くして、終いには山茶花が枯れてしまうし、この時期にカットしないとなんだよな。103.png
f0233879_17114400.jpg

そうそう、午後ドライバーの試打へ。ミズノの新しいMPである。Type1と云うのがヘッドの大きさが435㎤と最近の460より小ぶりな点が嬉しいのだ。試打のフィーリングも悪くない。またまた、毎夜思案橋で眠れない日々になるかもである115.png
f0233879_17115226.jpg


夕方になって、西の空の太陽も雲の向こうに鈍く霞んできた。
f0233879_17114927.jpg
天気予報士曰く、「明日の午後はゴォーと激しく雨が降って、道路冠水が発生する恐れもあります。」だど131.png  桑原桑原である。

[PR]

by Koppe3T | 2017-05-12 17:23 | 日常 | Comments(0)  

<< 日野用水と日野宿散歩 霧雨(小雨)の香取さん!! >>