カテゴリ:ウォーキング・散策( 78 )

 

日野用水と日野宿散歩

昨日の土曜日は、武州日野の用水と甲州街道の宿場であった日野宿を巡る散歩に参加だ。
生憎の雨模様で、合羽も持参で集合地「JR日野駅」へ。


この日野駅は甲武鉄道の駅として明治23年に開業とのことだ。しかも、この駅舎は昭和12年竣工の入母屋屋根が何ともいい風情で、70年も経っていると云う。
f0233879_12423991.jpg
駅前には早速水量豊かな用水路だ。日野には北条時代から始まった全長100キロ以上の用水が今でも流れているんだよね。恵の川「多摩川・浅川」に挟まれた立地からの成せる業でもある。
f0233879_12424736.jpg


こちらは、現在はギャラリーカフェになっている「大屋」である。築120年で元々は米穀などを扱っていた荒物屋志村家。屋号が「大屋」である。
f0233879_12433076.jpg
日野と云えば、新撰組副長土方歳三の出身地で有名であるが、井上源三郎も八王子千人同心の3男で、近藤勇・土方歳三らとともに新撰組で名を上げた一人である。新撰組6番隊長を務めた井上源三郎記念館である。

f0233879_12440772.jpg

住宅街の一画に鎮座する「とんがらし地蔵」である。別名ヤンメ地蔵とも云われ、「目を患っている人が赤とうがらしをあげると御利益がある」とのことだ。
f0233879_12441488.jpg


さて、豊かな日野用水が道端を縦横に流れている一画である。水量もあるし、流れも速いのだ。

f0233879_12451957.jpg
直角に曲がって流れたり、
f0233879_12452598.jpg
こんな風に、用水を身近に感じて歩けたりしてしまうのだ。
f0233879_12445868.jpg



f0233879_13165327.jpg
上の写真は昭和年4頃の精進場付近で校外授業中の女組のこどもたちと、日野の田園風景である。一本の丸木橋が掛かっているし、みんなこの丸木橋を渡っていたんだろうなぁ。
f0233879_12455902.jpg



仲田の森蚕糸公園である。昭和3年開業の蚕糸試験場日野桑園跡である。園内には各種の桑の木が植わっているのだ。
f0233879_12461803.jpg
f0233879_12464867.jpg


そして、昭和7年建築の「桑ハウス」が残されている。明治期から日本輸出の重要物であった生糸の品質・生産の一大試験場であった場所である。
f0233879_12474175.jpg
f0233879_14012129.jpg

トイレタイムの合間に、抹茶ソフト~~~~~!!!これ、美味しかったな。
f0233879_14024353.jpg

明治期の鉄道建設に欠かせない煉瓦であるが、ここ日野にも明治
年に「日野煉瓦」が創業され、盛んに煉瓦が製造されていた。その煉瓦がはめ込まれた塀である。このレンガ工場は2年ほどで、廃業されたようだが、下の写真のように甲武鉄道の多摩川鉄橋などに使われたのだ。
f0233879_14080848.jpg
f0233879_14081746.jpg




日野宿健康長寿地蔵尊(けんころ地蔵)である。「健康で元気に長生き、患い無しでコロッと大往生を」願った地蔵さんである。
是非とも、ケンコロと逝きたいものである。
f0233879_14124048.jpg


新撰組のイケメン隊士からも応援のご挨拶だ。翌日は、
「ひの新撰組まつり」の日でもあり、市内は新撰組隊士の衣装の皆さんで盛り上がっているのだ。



f0233879_14132769.jpg


さて、日野宿である。1570年北条氏より屋敷割りが行われ、江戸期なり江戸幕府により整備された日本橋から約40キロの甲州街道の宿場である。多摩川の渡しの管理や荷物の継ぎ立て高札場など街道の重要な役割があったのである。
f0233879_14443978.jpg
f0233879_14234735.jpg
f0233879_14273758.jpg

日野本陣である。都内で唯一現存する本陣であり、文久3年(1863)に建てられたものだ。ここ日野宿は上佐藤家が本陣、下佐藤家が脇本陣を務めていたが、幕末には下佐藤家が優位になり、この現存する建物が「本陣」となったとのことだ。
f0233879_14155305.jpg
f0233879_14161755.jpg


お偉方しか上るこのの出来なかった式台である。
f0233879_14163211.jpg

仏間から納戸を望む。
f0233879_14170093.jpg


幕末この本陣の当主であった佐藤彦五郎は天然理心流の道場をこの地に開き、近藤勇・土方歳三らの新撰組に参加した志士を多く輩出したのだ。
f0233879_14453246.jpg



こちらは、明治26年に建造された有山家蔵で「旧日野銀行」である。当初は土蔵だったようであるが、関東大震災後、洋風に改修された建物である
f0233879_14175117.jpg





ここで、有村家の当主が営むカフェ「花豆」で、コーヒー・タイム~~~~。鬱蒼とした大木が林立する敷地の中のお家カフェ的な素敵な自宅カフェなのだ。落としたてのコーヒーは実に美味で、生憎に雨に濡れた身体を温めてくれたな。

f0233879_14180668.jpg
f0233879_14182770.jpg
f0233879_14181446.jpg


1602年大善寺開山の僧の隠棲所だった「大昌寺」。この梵鐘は日野宿の「時の鐘」であったのだ。陣屋の佐藤彦五郎もこのお寺に眠っている。

f0233879_14183844.jpg
f0233879_14184898.jpg
f0233879_14185512.jpg

明示初期の建築である「渡辺家住宅」である。当初は土蔵だったのであるが、関東大震災で被災し、昭和5年改修され大谷石での張石蔵の現在の姿になっている。
f0233879_14200011.jpg


八坂神社である。多摩川の洪水時、淵に怪光が現れ拾い上げると「牛頭天王の神像」だったとのことだ。その神像を祭った神社であり、600年以上の歴史ある神社である。天然理心流近藤周助門人により奉納された大小2本の木刀が架けられた額が有名だ。
f0233879_14212529.jpg
f0233879_14213021.jpg
f0233879_14203664.jpg



それにしても、流石に日野は用水が多く流れていて、多くの先人達が水利に多くの労力を継ぎこんでいたかが体感出来る町であった。
f0233879_16515907.jpg
f0233879_14194408.jpg


更に30分ほどお散歩コースは続いたようであるが、生憎の雨でスニーカー内はグジュグジュでトイレにも行きたく、一人離脱し打ち上げ会場へ。

その後、参加者全員も会場前へ。開店前に会場へ入ることも出来、予約時間のチャイムとともに打ち上げ~~~~101.png 料理も盛りだくさんだし、瓶ビールも美味しいし、話題も弾む楽しい打ち上げだったな。
姉さん、今回も素晴らしいコースの案内、ありがとうございました。
また、一緒に傘と合羽で歩いて頂いた皆様、お疲れ様でした。


[PR]

by Koppe3T | 2017-05-14 17:04 | ウォーキング・散策 | Comments(4)  

ロマンスカーで行く箱根ツアー②

箱根「木賀温泉」での夜が明けた。
f0233879_18141592.jpg
朝が早い私は6時前に目が覚め、早々に「露天風呂」へ。玄関から下駄に履き替え、沢沿いの小道を歩くのだ。
いいねえ~~~!、実に風情のある露天風呂が、早朝のヒンヤリ感のある沢の中に佇んでいた。周りは新緑が目に嬉しい。野鳥の声に、癒されながらの露天風呂だ。極楽極楽。たまたま、宿泊した土曜日のブラタモリは「箱根」だったんだよね。タモリ曰く、箱根は「地獄と極楽」なそうだ(笑)。


そして、朝食の時間だ。アジの干物が実に美味だ。朝からご飯が進み2杯も食べ終えたら、「朝がゆ」も出てきて、こちらもペロリと食べきった。朝から、あそこまで食べたのは何十年ぶりだろう(笑)。


食後は、腹ごなしの目的で木賀から二ノ平へ向かう山道にある「不動滝」まで散策だ。沢に架かる木橋を渡り、幅70センチほどの山道を行くと、瀧修行に持って来いの滝だ。
f0233879_18142895.jpg
f0233879_18143763.jpg

成田山のお不動様に似たお不動様が鎮座してると思いきや、成田山のお不動様を勧進したそうだ。
f0233879_18153868.jpg
帰路も険しい小路だ。
f0233879_18154555.jpg

さて、宮ノ下まで送迎車で送って頂き、箱根登山鉄道で下山だ。今日は、新型車両だ。
f0233879_18161230.jpg


下車したのは「風祭駅」。駅直結で「かまぼこの里 鈴廣」だ。かまぼこ博物館で蒲鉾が出来るまでの各種設備を見学し、本館でお土産お買い上げ~~~。且つ、箱根ビールで喉も潤しだ。この生ビールは味といい香りといい逸品だったな。
f0233879_18162161.jpg
f0233879_18164262.jpg
f0233879_18165990.jpg
f0233879_18170895.jpg

そうそう、鈴廣の向かいには、鯉のぼりならぬ鰯登り??。少々キモイな(笑)。
f0233879_18163025.jpg


で、小田原まで再度「箱根登山鉄道」で移動だ。小田原駅から目指すは「小田原城」だ。二の丸東堀が見えてきた。
f0233879_18174846.jpg

ここ小田原城址公園は、約40年ほど前に訪問したのは覚えているのであるが、こんなに整備されていなかった記憶なんだよな。
東堀から、天守閣へ向かう二の丸も広いし、小田原城の中で一番堅固に造られていたと云うこの常盤木門も実に豪快に立派に再建されていた。
f0233879_18181407.jpg
f0233879_18190981.jpg


常盤木門を潜ると本丸だ。天守閣が美しい。
f0233879_18191705.jpg
f0233879_18195606.jpg
天守閣内は5層になっていて、各階に北条氏の歴史や秀吉の小田原攻めの資料やパネル・動画で身動きも間々ならない混雑だ。外国人の多さも目立ったな。
で、最上階からの眺めが素晴らしい。南は相模湾。西は箱根外輪山や一夜城で有名な石垣山だ。
f0233879_18203975.jpg
f0233879_18211820.jpg
f0233879_18593371.jpg

天守閣を下りて、銅門(あかがねもん)へ。大扉が銅板・銅鋲で美しく装飾されていたな。
f0233879_18220424.jpg
で、食べ過ぎたお腹も散策でこなれてきたので、二日目もそば処「寿庵」で蕎麦を食べて帰路へ。
ここで、同行のKawasemi Koutuu Ryokousha社長他皆さまと挨拶をして、ロマンスカーへ。予約していたはこね24号展望席で一人旅だ。
f0233879_18224133.jpg
f0233879_18230386.jpg
初の「姉さん散歩」お泊り編の箱根ツアー!!!!企画運営ともにKawasemi Koutuusha Ryokousha
社長におんぶにだっこだったけど、宮ノ下の温泉始め箱根丸ごと楽しめて実に素晴らしいツアーだった。
感謝である。同行の皆様も、ありがとうございました。







[PR]

by Koppe3T | 2017-04-24 19:15 | ウォーキング・散策 | Comments(8)  

ロマンスカーで行く箱根ツアー①

この週末は、新宿集合でロマンスカーで行く箱根ツアーを堪能してきた。
企画・添乗はKKR(Kawasemi Koutu Ryokousha)の社長さんである。

行きのロマンスカーは先頭車両だ。列車が入線した時から一行のテンションは最高潮だ。私自身、ロマンスカーは初体験なのあだ。
f0233879_13425827.jpg
f0233879_13444154.jpg



右手に丹沢山塊の大山が見えてきた。この頃は、皆さんビールで大盛り上がり~~~
f0233879_13444705.jpg


箱根湯本駅着後は、江戸期はこんな風景の箱根街道だったという湯本温泉街を歩いて、川の袂にある「初花」へ。浄瑠璃で有名な貞女 初花物語ゆかりの「自然薯そば」のお店である。
f0233879_13452582.jpg
f0233879_13465674.jpg
f0233879_13470473.jpg
f0233879_13470723.jpg

さて、箱根登山鉄道へ乗車だ。これまた私には初体験の箱根登山鉄道である。これまたテンションはMAXだ。
途中3か所のスイッチバックがあり、いかに急峻な山を登っているかが体感できるのだ。
f0233879_13471271.jpg
車窓の下は、箱根駅伝で有名な国道1号線や、新緑が始まった箱根の山々が美しい。
f0233879_14140378.jpg
f0233879_13483771.jpg


登山鉄道で、「宮ノ下」駅に到着~~~~!
f0233879_13492368.jpg


ここから「トレッキング・シューズ」がお勧めであったトレッキングの開始だ。リーダーの歩みも心強い。
f0233879_14141479.jpg
トレッキングの後は、かの有名な「富士屋ホテル」見学だ。
明治11年(1878)創業のリゾートホテルで、かのチャップリンやジョン・レノン始め多くの著名人が滞在したことで有名だ。
f0233879_14142980.jpg
f0233879_14145193.jpg

館内の彫刻や絵画は実に素晴らしい。タイミング良く本館のメイン階段で、ウエディング姿の花嫁さんに遭遇だ。実に美しい。おめでとうございます。
f0233879_14150175.jpg
f0233879_14153682.jpg

また、周遊できる庭園も落ち着きがあるのだ。標高が高いので、東京周辺ではとっくに葉っぱだけの桜であるが、見事に桜も楽しめたな。
f0233879_14152931.jpg
f0233879_14151043.jpg
資料展示室では、先の天皇陛下(昭和天皇)が使われたという御座や、明治時代のゴルフクラブも展示されていた。このクラブ、ウッドは私でも何とか使えそうであるが、エッジ部がノコギリの歯みたいなウェッジは何時使うんだろう????。
f0233879_14160127.jpg

フロント近くにあったと云う「NINETEENTH HOLE」である。仙石ゴルフコースでラウンドの後、ここで、19番ホールのゴルフ談義に花が咲いたんだろうな~~~。
f0233879_14383313.jpg
さて、当初はこの後、更に登山鉄道で強羅へ向かい、ケーブルカー・ロープウェイを乗り継いで大涌谷で「黒たまご」を食べる予定であったのだが、本日はロープウェイが運行されていないとのことで、芦ノ湖湖畔元箱根へバスで移動だ。今回は新宿からの「箱根フリーパス」で来ているので、登山鉄道もケーブルもロープウェイも芦ノ湖の海賊船も乗り放題と云うのが行動自由度が高く嬉しい。
f0233879_14173141.jpg

元箱根では、有名な「箱根神社」へお参りだ。
f0233879_14510668.jpg
f0233879_14170537.jpg
f0233879_14165442.jpg

湖畔の水中に立つ鳥居が美しいのだ。
f0233879_14500974.jpg


で、海賊船で「桃源台」へ。私には、この海賊船も初体験なのだ。
f0233879_14174809.jpg
船内は、YOU(外国人)が実に多く、無料席はあっと云う間に満席だ。で、船内をウロウロ~~~。お気に入りは、やはり操舵室だな。後ろ姿のキャプテン、カッコいい。
f0233879_14581415.jpg

f0233879_14175423.jpg
少々雨も降り出したけど、桃源台着く頃にが上がり、ロープウェイの運行も再開したとの情報で、「大涌谷」へ。日帰りのお二人はバスで湯本に戻るというので、お別れだ。ロープウェイも乗って楽しい。
f0233879_14181434.jpg


が、大涌谷に着いて噴煙を見学後、早雲山へ向かうロープウェイに乗り込む寸前!!!、次の箱が来たら最初に乗れる位置に待っていたのだが、「ガス濃度が高く運行中止」に。オー、マイガッ!!!である。
f0233879_14582941.jpg
f0233879_14584381.jpg
f0233879_14585090.jpg

そこは、乗れば乗るほどお得な「箱根フリーパス」の強みで、桃源台へ戻りバスで仙石経由で「宮ノ下」へ。宮ノ下では、お宿の支配人自らのお出迎えもあり、送迎者で有りがたくお宿へ。宿は、木賀温泉地域の一画にあるのだが、このお宿のエントランスの坂は、とある車はバック・ギアで登れなかったと云うほどの急坂なのだ。確かに徒歩では難儀な急な坂だった。
f0233879_14591499.jpg
ハプニングもあったけれども、実に盛りだくさんな内容で楽しい箱根ツアー一日目であった。温泉入り、支配人差し入れの「舟盛り」まで付いた豪華な夕食に舌鼓を打って、更に温泉に浸かり、添乗社長の部屋でこれまた美酒に酔いしれ夜も更けていくのであった。

<②へ続く>


[PR]

by Koppe3T | 2017-04-24 15:30 | ウォーキング・散策 | Comments(8)  

ウォーキングは素晴らしい

ウォーキングは、やはり素晴らしいことらしい。歩きましょ、歩きまひょ。一日一万歩!!!


f0233879_19245521.jpg
以下のURLを、ポチッとね。
http://www.msn.com/ja-jp/money/other/%EF%BD%A2%E6%AD%A9%E3%81%8F%EF%BD%A3%E3%81%8C%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%A0%E3%81%91%E4%BD%93%E3%81%AB%E5%8A%B9%E3%81%8F%E3%81%8B%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%81%8B-%E3%81%93%E3%81%AE%E8%98%8A%E8%93%84100%E7%AB%A0%E3%81%AF%E6%80%9D%E3%82%8F%E3%81%9A%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%A9%B1%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B/ar-BBz8WDf#page=2




[PR]

by Koppe3T | 2017-04-06 19:33 | ウォーキング・散策 | Comments(0)  

水運の街日本橋を歩く (訂正版)

長いです(写真も52枚あります)

先週の土曜日は、江戸の商業の中心地だった水運の街「日本橋」周辺を歩いてきた。出発は、家康が江戸入府時に幕府台所の為に大阪佃村、大和田村から呼んだ漁民達が一般庶民にも魚を卸すことから始まった「魚河岸跡」だ。
f0233879_15075454.jpg
f0233879_15075777.jpg


江戸期の初期1631年に架けられた日本橋川に架かる江戸橋である。当時は、更に60mほど下流にあったという。この地にある写真の橋は、昭和2年に架けられたものだ。江戸橋の上空は首都高速が走り、渋滞で有名な「江戸橋ジャンクション」なのが悲しい。
f0233879_15104924.jpg
f0233879_15104178.jpg
当時は江戸の中心であったので「江戸橋」と呼ばれたとのことだ。当時の絵で、当時の賑わいが見てとれるな。
f0233879_15190580.jpg
江戸橋を渡った袂にある日本橋ダイヤモンドビルディングである。明治5年ここ江戸橋にあった土蔵に郵船汽船三菱が開設した荷捌き所である。昭和5年に三菱倉庫の江戸橋倉庫ビルに建て替えられたものだ。平成18年に歴史的建造物に指定されているのだ。
f0233879_15105761.jpg
f0233879_15113278.jpg
f0233879_19250323.jpg
f0233879_19250942.jpg
江戸期の初期は江戸の入り江に流れ込んでいた石神井川を埋め立て掘割にして河岸として利用していた「西堀留川跡」である。昭和3年に埋め立てられ、今は写真のように歩ける道路である。
f0233879_19272982.jpg
f0233879_19315140.jpg

東堀留川跡である。こちらも旧石神井川を堰き止めて河岸や問屋で賑わった所である。日本橋川に流れ込む鉤型のカーブがそのまま残っているのが嬉しい。
f0233879_13205892.jpg


桃乳舎。昭和8年建築の外観が何ともいい風情である。明治22年牛乳屋として創業。その後ミルクホール、喫茶店となり、今も喫茶・軽食で営業しているのだ。一度は訪れてみたいお店である。
f0233879_13264270.jpg



うなぎ喜代川である。明治7年創業で、築90年の店舗である。値段的にもそんなに高くもなく一度食したい鰻屋さんである。
f0233879_13271367.jpg



日本橋川である。家康が江戸入府後真っ先に整備された川でもある。
f0233879_13295323.jpg

その日本橋川にあった「鎧の渡し跡」である。江戸期以前は、この鎧の渡しを渡らなければ奥州へは行けなかった。永承年間(1046~53)源義家が奥州征伐に向かう途上、ここで暴風逆浪にあい、船が沈まんとした、鎧一領を海中に投じて竜神に祈りを捧げたところ、無事に渡ることができたとのことだ。別説で、平将門が兜と鎧を納めてとも伝わっている。それらの故事から、この一帯が「兜町」として地名が残っているのが嬉しい。明治5年に鎧橋が架けられ当時は市電も通る橋だった。
f0233879_13300889.jpg
f0233879_13301395.jpg

で、日本経済の中心「東京証券取引所」がすぐ側に鎮座だ。
f0233879_13304900.jpg
日証館。明治の産業の父である「渋沢栄一邸」跡地に昭和3年に建てられた取引所賃貸ビルである。半円アーチが並ぶ重厚な建築である。

f0233879_13440056.jpg
f0233879_13435544.jpg


兜神社。もとは鎧の渡しそばにあった。平将門を祀った鎧神社と義家の兜塚があったと云う。また、境内には、義家が兜をかけたと云う兜岩も残されている。
f0233879_13440275.jpg
f0233879_13450049.jpg

銀行発祥の地。明治になり、江戸期の両替商が軒並み消滅したが、世間で銀行設立の熱が高まり、明治6年にこの地に最初の第一国立銀行(民営である)が設立された場所である。
f0233879_13510872.jpg
f0233879_13511745.jpg


日枝神社である。千代田区永田町日枝神社の摂社とのことだ、狛犬さんが天に遠吠えしているように見えるのが楽しい。
f0233879_13522293.jpg
f0233879_13522503.jpg
名水白木屋の井戸跡。越後谷、大丸と並び江戸の三大呉服屋の白木屋の2代目が私財を投じて掘った井戸から一体の観音様とこんこんと名水が湧き出たと云う。
f0233879_13595553.jpg
白木屋デパートの跡は、東急が閉店し日本橋再開発で「COREDO日本橋ビルに生まれ変わっている。ビルの曲線が優雅だね。
f0233879_16385569.jpg
さて、時代劇でよく使われる台詞の「越後屋、おぬしも悪よのぉ~。」の三越である。ご存知伊勢松坂出身の三井高利が1712年に呉服屋として開業したのが始まりである。
本館正面玄関には、有名なライオン像がお出迎え。 このライオン像は、時の社主 日比翁助氏がロンドンのトラファルガー広場で鑑賞したライオン像を現地英国で製造し、時の海軍の船で日本に運び大正3年(1914)に設置したと云う由緒あるものである。海軍の船を使ったと云うのがまた戦前の財閥の凄さでもあるな。
f0233879_14000678.jpg
f0233879_16410590.jpg

ここ三越では、係の方が店内をアテンドしてくれて、越後屋の歴史やその後の三越の発展を懇切に説明してくれた。
f0233879_14005101.jpg

「番傘」である。越後屋が無料でお客様に貸し出していて、貸出用なので番号が記されていて、そこから「番傘」と呼ばれるようになったと云う。
f0233879_14011231.jpg
f0233879_14013150.jpg

また、日本初の地下鉄が上野浅草間で開業したのが1927年(現在の銀座線)。その後延伸するにあたり、三越が資金提供し1932年に三越前まで延伸されたと云う。銀座線三越前のコンコースには、当時の円柱が10本残っているのだ。
f0233879_14042547.jpg

三越本館は、大理石がふんだんに使われており、あちこちに「アンモナイト」見れてしまうのだ。
f0233879_16563742.jpg


また、中央の大ホールには、アメリカより昭和5年に輸入された劇場用パイプオルガンも現役で日々お客さまの耳を癒してくれている。
そして、大きく聳える天女像もすごいものだ。
f0233879_17161394.jpg

ここで、参加者の娘さんのいる地下へ向かい、おやつタイム~~~。私は、季節の甘いもの「桜餅」をお買い上げ~~~。美味だったな。
f0233879_17162171.jpg


こちらが、三越駅前駅のコンコースに展示されている絵巻描かれている、1805年頃の越後屋だ。
f0233879_17153446.jpg

福徳神社である。貞観年間(859~876)には武蔵野の福徳村に鎮座していたと云う古刹である。関東大震災や戦災で社殿は焼失し、ビルの屋上や居酒屋を流転していたというのだ。2014年に社殿が再興されたという。「福徳」って、実に縁起がいい語呂であり、しっかりお祈りさせて頂いた。

f0233879_17164023.jpg
f0233879_14042106.jpg

山本海苔店である。1849年創業で、日本初の味付け海苔を創案した老舗である。今の店舗は、正倉院の校倉造りを模したと云う。確かに校倉だね。
f0233879_14050212.jpg
f0233879_14051311.jpg

江戸の初期、浜松から江戸に出てきた伊場屋甚右衛門創業の和紙・竹製品の店である。
f0233879_14055911.jpg

f0233879_14060910.jpg

小津和紙資料館。1653年伊勢松坂出身の小津清左衛門が創業した紙商である。店内に、資料館が併設されているのが素晴らしい。
f0233879_14052671.jpg
f0233879_14053053.jpg
f0233879_14062456.jpg
f0233879_17500115.jpg

吉原遊郭を作った庄司甚内の仮屋敷にあったお稲荷さんとのことだが、初代市川團十郎が日参して出世したことから「出世稲荷」と呼ばれた芸能・商人に人気の「出世稲荷」である。

f0233879_14071495.jpg
f0233879_14071960.jpg
江戸期、猫が居なくなった時に祈願する「失せ猫祈願」で有名だったお稲荷さんである。
f0233879_14081957.jpg

「うぶけや」である。1783年大阪で創業の老舗で、初代の打った刃物が産毛でも剃れるとの評判から「うぶけや」となった。今でも職人の伝統を守っているのが素晴らしい。
f0233879_14080583.jpg

今回の日本橋周辺の散策は、実に歴史が深く現代でも続く老舗も多く感嘆の極みだったな。今回も奥深い江戸の中心の案内をしてくださった姉さんに感謝である。
ただ、寄る年波か?途中で一人トイレで離脱したり、平坦にもかかわらず旧越後屋さんのあたりから腰に痛みがきてしまい、よぼよぼ歩きになってしまった自分が悲しい。お腹も足腰も鍛えなきゃである007.gif




[PR]

by Koppe3T | 2017-03-06 19:51 | ウォーキング・散策 | Comments(6)  

大いなる窪地、大久保!!!

アウトドア日和に恵まれた昨日は、神田川の支流である蟹川造った「大いなる窪地」(大久保)周辺の「ねぇ散歩」に参加だった。出発は、初めて降り立つ大江戸線若松河田駅から。

最初の訪問地は、旧小笠原伯爵亭だ。昭和2年に建築された旧小倉藩小笠原伯爵の邸宅である。スパニッシュスタイルの鉄筋コンクリート造りである。スペイン瓦や装飾タイルが何とも優美なのだ。今は、レストランになっており、見学は外観のみ。
f0233879_09540415.jpg
f0233879_09541055.jpg


元旗本の組屋敷があった余丁町に残る、「出世稲荷」である。白梅も咲き、春も目前の風情がいいね。
元々は太田道灌が勧進した社であるが、かの遠山の金さん遠山左衛門尉がこの地に遷座しっと云う。5台将軍綱吉の母である桂昌院が厚く信仰したと云う。町民の娘が将軍の母にまで出世した桂昌院さまと云うことで「出世稲荷」と呼ばれた。
f0233879_09545143.jpg
f0233879_09550291.jpg


(社)日本発明学会。個人・企業の発明を奨励・知的財産を守る活動を行っている社団法人である。発明と云う柔軟な発想が求められるね。このすぐ側には、明治から大正にかけて坪内逍遥が居住した坪内逍遥旧居があった地でもある。
f0233879_09552237.jpg


f0233879_10310359.jpg

抜弁天・厳嶋神社である。源義家が後三年の役のおりこの地から安芸の厳島神社に戦勝祈願をした地であり、後年の江戸期に参道が南北に通り抜けでき、また苦難を切り抜けた由来から「抜弁天」として庶民から信仰されたと云う。
f0233879_09553386.jpg
f0233879_09554372.jpg


さて、いよいよ「大いなる窪地」へ。まずは、蟹川が流れていた窪地へ下りる坂に「久左衛門坂」この地の名主だった久左衛門門が開削したと云う。
f0233879_09560147.jpg

更に、「梯子坂」梯子がないと上れない急坂だったとか。
f0233879_09561505.jpg
f0233879_09561926.jpg


崖の上にある「観音庵」。1800年創建の曹洞宗のお寺さんで、仏山禅苗と云う尼僧が、小指の爪をはいで血筆で大般若経150巻を書き上げたという。その血筆納めている碑である。
f0233879_09563334.jpg



さて、江戸期尾張徳川家の下屋敷だった「戸山公園」である。当時この下屋敷は「戸山荘」と呼ばれていたそうだ。
f0233879_09573581.jpg

で、東京23区で最も高い山(築山ではあるが)で「箱根山」である。標高が44.6mもあるんだよね。山頂から周りの桜が眼下に見れて、桜の季節には多くの花見客で賑わうんだろうな。
f0233879_09580350.jpg
f0233879_09581202.jpg
f0233879_09581937.jpg
後刻、戸山公園サービスセンターを訪れ、園の由緒を聴きながら発行して頂いた「登頂証明書」である。
f0233879_10043282.jpg

また、この地は明治期から陸軍用地ともなり、陸軍戸山学校」が置かれた地でもある。園内の紅梅・白梅が満開であった。
f0233879_09585189.jpg
f0233879_09585885.jpg


ここから、早稲田の路地裏散歩~~~~。
f0233879_09570208.jpg
f0233879_09571233.jpg
この路地の一画の洋菓子屋さんで休憩タイム~~。やわらかチーズ~~が実に美味であった。
f0233879_09595606.jpg


で、忽然と現れたのは、賄い付き下宿「渡辺館」だ。現役で入居者がいると云う。昭和30~40年代には、40~50軒もあったと云うが現在は2~3軒残っているという。
f0233879_10001797.jpg
f0233879_10002849.jpg


こちらは、早稲田大学のスコットホール。大正10年(1921)に完成の煉瓦造りが美しい礼拝堂と結婚式にも使えるイベント・ホールである。
f0233879_09593131.jpg

亮朝院。1647年日揮上人が戸山村に祀ったのが始まりの古刹だ。石造りの金剛力士像が有名で、誰でも触って信仰出来るのが凄い。また、一風変わった狛犬が可愛い。
f0233879_10003991.jpg
f0233879_10004649.jpg


鐘楼には元禄15年製造と云う鐘が残っているのだ。
f0233879_10010690.jpg
f0233879_10005254.jpg

昭和11年(1936)建築の賄い付下宿「日本館」である。戦災も免れ80年近くも現役で下宿屋が続いていると云うのが凄いね。外観が実にモダンな建物である。
f0233879_10014556.jpg

玄国寺である。1601年にこの地に創建された。
f0233879_10020159.jpg
入って右手のこの庫裏は岩倉具視の旧邸が移築されたもので、正面の樹齢500年と云うクロマツが見事だ。また、紅梅・白梅も見事に咲き誇っていたな。

f0233879_10021619.jpg
f0233879_10022812.jpg
諏訪神社、旧松原神社である。810~824年頃松原街道に面していたこの地に創建された神社で、尾張初代藩主義直が長野の諏訪神社を合祀して「諏訪神社」と改名されている。明治期には、時の明治天皇がこの地から射撃演習をご高覧になったと云う聖地でもある。
f0233879_10023870.jpg
f0233879_10030914.jpg

学習院旧正門。明治10年に神田錦町に学習院が建てられた時の鋳鉄製柱門で、重要文化財である。


夫婦木神社。縁結びと子授けに御利益だ多大な実に風情のある神社なのだ。平服での結婚式を奨励している。
f0233879_10032357.jpg

小泉八雲記念庭園。ギリシャのレフカダ島生まれのラフカディオ・ハーンで日本に帰化した小泉八雲がすぐ側の大久保小学校の地で亡くなったのを祈念して造られた記念庭園である。ギリシャ風な白が基調の素敵な庭園である。
f0233879_10040237.jpg
f0233879_10033512.jpg
f0233879_10040898.jpg


新大久保駅周辺の韓流ぽい待ち並を歩いて行くと「皆中稲荷神社」だ。この地にあった幕府の鉄砲組の隊士がお稲荷さんの霊夢により「百発百中」の腕前に上達したのが起源で、「みなあたる」ので皆中(かいちゅう)と謂われる。いいね~~!、百発百中。
f0233879_10042583.jpg
f0233879_11534331.jpg




仕上げは、大久保駅近くの「磯丸水産」で打ち上げ~~~。海老から始まりホタテやら、刺身盛り合わせ and so on ・・兜煮など+飲み放題で久々に少々飲み過ぎだったかも。
f0233879_13004605.jpg
大いなる窪地」と云われる大久保周辺のアップ・ダウンの激しいエリアの散歩、実に楽しかったな。
今回も素晴らしいコースを案内してくれた姉さん、ありがとうございました。

[PR]

by Koppe3T | 2017-02-05 11:52 | ウォーキング・散策 | Comments(6)  

奥深い浦安 漁師町ウォーキング

昨日は浦安が猟師町として栄えていた頃の面影を巡る散歩に参加だ。出発は、東西線浦安駅。
今でこそ現浦安市は、都心にも近く人口も多く大変賑わっているが、明治の中期 当代島・猫実(ねこざね)・堀江村が合併し浦安村(浦が安らかであるよう命名されたと云う)になった頃は、人口6000人ほどだったとのことだ。
f0233879_09130103.jpg

旧江戸川に残る江戸末期から昭和15年まで続いていた「堀江の渡し」(後の「浦安の渡し」)跡である。全長5mほどの伝馬船で対岸まで20~30分かかったと云う。
f0233879_09132282.jpg
この浦安橋が開通し、昭和15年役目を終えた。
f0233879_09251798.jpg


この袂にある船宿である。この船宿に滞在し「樅の木は残った」で有名な山本周五郎が浦安の猟師町を舞台に書き下ろした「青べか物語」が執筆されたと云う。
f0233879_09135163.jpg


旧江戸川から江戸湾へ向かう境川である。この境川を中心に水運が発達していたようだ。
f0233879_09263722.jpg
堤防に描かれた手書きの地図が、何とも風情があったな。
f0233879_09140519.jpg



境川と旧江戸川が交わるポイントに、明治政府に招かれて治水事業に貢献した阿蘭陀のリンド技師の記念碑が残されているのだ。
f0233879_09255699.jpg



しばし、境川沿いを歩くと、川沿いに昭和49年まで浦安村(浦安町)の役場があった跡地が残されている。当時の境川の「べか舟」に賑わいも写真で魅せてくれていた。
f0233879_09261461.jpg
f0233879_09265469.jpg



浦安三社の一つである「清瀧(せいりゅう)神社」である。海上安全・漁業繁栄をもたらす海の神が祭神である。本殿の彫刻が見事だ。
f0233879_09270644.jpg
f0233879_09271509.jpg
f0233879_09552954.jpg

また境内には、阿蘭陀人リンドの設置した「堀江水準標石」が残されていた。今も現役で使用されていると云う。
f0233879_09272118.jpg

明治から昭和にかけてこの地域の中心街だったという「堀江フラワー通り」だ。当時は映画館や演芸場もあったと云う通りだが、いまはひっそりとした住宅街なのだ。小学生による花や魚のペインティングがカラフルで楽しい。
f0233879_09274545.jpg

このフラワー通りの中ほどに残されているのが「旧宇田川家住宅」だ。
f0233879_09281036.jpg
f0233879_09281477.jpg
明治2年の築で、呉服・荒物・米・油を商い昭和50年台まで使われていたと云う。かまちを入ると「これは上物でございます。」的な雰囲気の番頭さんと上客さんの会話が聞こえてきそうなお人形さんがお出迎えだ。
f0233879_09282048.jpg


室内座敷から眺める庭に風情も素晴らしい。この庭の落ち葉掃きこみが一苦労とのことだ(笑)
f0233879_09283801.jpg
f0233879_09282760.jpg

こちらは、江戸末期の建物で、漁農業を営んでいた「旧大塚家住宅」浦安の民家ならではの造りである。ここでも、海苔干しの作業を手伝う女の子とお父さんがお出迎えだ。
f0233879_09290722.jpg
f0233879_09291310.jpg

座敷の角火箸がいいね~~~。熱燗も出来ますがな(笑)。
f0233879_09291828.jpg

昭和4年築で平成8年まで開業していたと云う「旧濱野医院」である。三角屋根が何とも目を引く。
f0233879_09292661.jpg
屋内は、昭和の町医者の雰囲気そのままで、子ともの頃は、風邪をひいた時などこんな雰囲気の医院へ行っていたなぁ。「はい
、口を大きく開けて」
f0233879_09293078.jpg



猫実(ねこざね)の庚申塔である。猿が縁起良いようで、お猿さんが清め水を背中で支えているのも面白い。猫実の由来が、津波で流された後に防潮として松並木を植え、その「根を超さねえ」ようにとの言葉から「根越さねぇ」・・・「ねこさね」・・・「ねこざね」・・・「猫実」とのことだ。


f0233879_09294047.jpg
f0233879_09294781.jpg

f0233879_09295764.jpg

さて、いよいよ浦安猟師町の路地裏へ乱入である。
f0233879_09301017.jpg
路面には、採った貝殻が捨てられた地面が今でもしっかり残っている。これで地面は締まるし人が歩くとジャリジャリ音も出すので、防犯にもいいのだ。
f0233879_09301733.jpg
明治21年創業の老舗煎餅屋さんである「浅田屋煎餅本舗」。無農薬米での煎餅が売りである。
f0233879_09302479.jpg
ここで、熊本から前日帰京の土産に頂いたお土産「陣太鼓」を頂いた。実に美味しい。ご馳走様でした。
f0233879_09302989.jpg


江戸中期に船橋との漁場争いで犠牲となった3人の漁民の冥福を祈り建立された「公訴貝猟願成の塔」がある花蔵院である。妻子をこの花蔵院の和尚に託し、時の老中田沼意次に籠訴し、直訴打ち首となった3人の塔である。
f0233879_10491257.jpg
f0233879_09303758.jpg


豊受神社。浦安三社の一つで1157年創建と云う。
f0233879_09305426.jpg
f0233879_09322882.jpg

樹齢400年と云う六股に分かれた大銀杏が見ものである。元々は境川を流れていた小枝を植えたものとも伝承である。
f0233879_09322264.jpg
境内にある富士塚は登山禁止で登れなかったけど、頂上近くに立つ天狗様が見事だったな。
f0233879_09323388.jpg


左右天命弁財天である。この一画は明治の頃郭があったエリアでもある。大正6年、津波で流されたが、郭の人々が再建したお堂である。


f0233879_09324416.jpg
f0233879_09325944.jpg
こちらは、浦安強度博物館である。浦安の歴史を知るに実に素晴らしい屋外・屋内展示をしてくれている。
f0233879_09330967.jpg
f0233879_09333232.jpg
べか舟~~~~
f0233879_09335088.jpg
f0233879_09335659.jpg


煙草屋さん~~~。朝日とか売っていたな。
f0233879_09340047.jpg
海苔干し台。
f0233879_09341446.jpg





最後に向かったのは、浦安三社の一つである「稲荷神社」。明治8年に三枚洲で生け捕りにした大鯨の鯨塚があるのだ。
f0233879_09342067.jpg

これで、お散歩は終了~~~~。ここから打ち上げ会場までの参加者皆さんの足取りは一気に早足に(笑)。2時間の飲み放題打ち上げ兼忘年会!!。楽しいひと時をありがとうございました。

また、今回も奥が深い旧浦安猟師町の案内、姉さんありがとうございました。



[PR]

by Koppe3T | 2016-12-11 10:43 | ウォーキング・散策 | Comments(6)  

文の京・寺町巡り

霜月最終週末は、文の京・文京区の寺町巡りの散策会に参加だった。先日の積雪があった真冬の11月も去って実に暖かな一日でもあった。
出発は、白山駅~~。
f0233879_08502653.jpg


坂を登り、本郷通り(旧岩槻街道)沿いへ出ると、そこには、「駒込土物店跡(こまごめつちものだなあと)」だ。江戸の初期起源の江戸三大市場(神田・千住・駒込)の一つで、昭和12年まで賑わっていたと云う。
f0233879_08515535.jpg
f0233879_08594689.jpg


こちらは、目赤不動尊のある「南谷寺」。伊賀の国の赤目山で授けられた不動明王像を祀り赤目不動尊と云われていたが、寛永年間時の将軍家光が鷹狩りの途中に立ち寄り、「目赤不動尊」にせよとの命で、江戸五色不動尊(目赤・目黒・目青・目黄・目白)の一つとして信仰を集めた不動尊である。
f0233879_09000252.jpg
f0233879_09010166.jpg
f0233879_09010992.jpg


曹洞宗諏訪山吉祥寺である。長禄2年(1458)太田道灌が江戸築城時、井戸の中から吉祥の金印が発見され江戸城内に吉祥寺として祀ったのが起源と云う。
この山門は享和3年再建のものだ。
f0233879_09013449.jpg
f0233879_09014198.jpg


吉祥寺内には、二宮金次郎で有名な相模の国の農政家「二宮尊徳」の墓碑や、幕末官軍江戸入城にあたり海軍副総裁であり、幕府軍艦を率いて函館五稜郭でも戦った榎本釜次郎こと「榎本武揚」のお墓が残っている。
f0233879_09021784.jpg
f0233879_09023028.jpg
f0233879_09024159.jpg
榎本武揚の墓所には、どこの大学か教授と学生がお墓掃除に来られていて、丁度昼食中をお邪魔してしまった。


境内には、冬桜も開花だったな。
f0233879_09020156.jpg


こちらは、江戸期大阪の「適々斎塾(通称:適塾)」を開き、長州出身で官軍参謀長だった大村益次郎(旧姓名:村田蔵六)や、咸臨丸で米国へ渡った福沢諭吉らを輩出した蘭学者・医学者「緒方洪庵」の墓所がある「高林寺」である。
f0233879_09025294.jpg
f0233879_09030029.jpg



こちらは、樺太・千島探検で有名な「最上徳内」の墓所がある「蓮光寺」である。
f0233879_09032726.jpg
f0233879_09033368.jpg


駒込大観音の名で知られる十一面観音菩薩」が鎮座する光源寺である。観音像は東京大空襲で焼出し1993年に再建されたものである。
f0233879_09034370.jpg
f0233879_09040418.jpg


千駄木通りを東に進むと、森鴎外が「観潮楼」と称して居を構え執筆活動をした跡地に建つ「森鴎外記念館」だ。今や東京湾は高い建物で見えもしないが、当時はこの高台から朝日に輝く江戸の海が遠望できたんだろうな。
f0233879_09045732.jpg
f0233879_09055162.jpg
f0233879_09061428.jpg
f0233879_09060109.jpg


旧観潮楼の脇の小路「藪下通り」を下ると、結構急な坂道が現れる。鴎外がこよなく愛して散歩したと云う藪下道である。両側に藪が鬱蒼としていたらしい。
f0233879_09062582.jpg
f0233879_09083882.jpg


で、こちらが漱石が「吾輩は猫である」を執筆した通称「ねこの家」である。漱石が住む前には鴎外も住んでいた場所でもある。
f0233879_09090154.jpg
f0233879_09091838.jpg


「吾輩は猫である」の中では落雲館として登場する郁文館夢学園の校舎が、漱石宅に隣接しており、小説の中で、漱石と落雲館の生徒とのベースボールのボールが敷地内に飛び込んできては生徒たちへ癇癪を起こす漱石の日常が猫の目を通して書かれているのを思い出し、にんまりであった。
f0233879_09101131.jpg
猫にも登場する郁文館正面玄関へも表敬訪問だ(笑)。
f0233879_10454449.jpg


次は、恋仲になった寺小姓恋しさに放火しお火炙りの刑を受けた「八百屋お七」を供養する為に建立された大円寺の「ほうろく地蔵」である。
f0233879_09110016.jpg
f0233879_09104070.jpg


こちらは、長崎の人で洋式砲術を建議し、天保2年(1841)武州徳丸原(今の板橋区高島平)で洋式砲術演習を行ったことで有名な高島秋帆(たかしましゅうはん)の墓所もある。
f0233879_09111016.jpg
f0233879_09112775.jpg


浄心寺坂である。かなりの勾配があるが、八百屋お七のお墓がある円乗寺もあるので「於七坂」とも呼ばれる。
f0233879_09124770.jpg


於七の墓がある円乗寺である。
f0233879_09133163.jpg
f0233879_09134265.jpg


最後は、文京区シビックセンターだ。ここの25Fからの眺めが素晴らしいのだ。
f0233879_09140777.jpg

真下に見える、水戸家の上屋敷であった小石川後楽園。
f0233879_09150736.jpg


遠く北方には毎度無線運用の時にお世話になる筑波山と新治の山々だ。
f0233879_09152965.jpg

東には634mの東京スカイツリーだ。生憎夕方は雲ってしまい富士山は拝めず!!。
f0233879_09152120.jpg
白山から駒込台地、アップダウンもあり結構足裏に応えた散歩であったが、多くの歴史上の人物の墓所が多いこの地区の案内、ありがとうございました。




[PR]

by Koppe3T | 2016-11-27 10:44 | ウォーキング・散策 | Comments(0)  

紅葉まつり中の成田山公園

今朝は4℃台まで冷え込んだようだ。日中も13℃台とかなり涼しい。

予定のない休日でもあり、紅葉まつり開催中の成田山公園へ散策へ。平日の午前中でもあり、新勝寺への参道も成田山公園内も人影はまばらだ。

さて、こちらは5年前の震災で一部被害が出て補修工事中であった国の重要文化財のひとつでもある「額堂」だ。文久元年(1961)の築である。屋根瓦など綺麗に修復されていたな。
f0233879_14023521.jpg


平和の大塔周辺はまだ紅葉も五割ほどだ。
f0233879_14032232.jpg
f0233879_14031022.jpg


文殊・竜樹・竜智の3池の周辺は、真っ赤な紅葉や黄色の紅葉が池の水の映っていい風情である。
f0233879_14041241.jpg
f0233879_14034749.jpg
f0233879_14033477.jpg


この竜智池に建つ浮御堂では、日曜日には二胡の演奏なども催されるのだが、平日ということで閑散としていたな。
f0233879_14041824.jpg
f0233879_14091865.jpg

午後はこの期間のロングラン・コンテストに参戦し、144MHz帯での家からの無線だ。そして、毎度の如く杏子のお邪魔虫~~~(蛍光灯の上で暖ととる杏子である。
f0233879_14091361.jpg


ちなみに、例年の大塔付近の紅葉はこの程度まで鮮やかになるそうだ。今月末から
来月上旬が見ごろなのだろう。
f0233879_14115533.jpg



[PR]

by Koppe3T | 2016-11-16 14:13 | ウォーキング・散策 | Comments(2)  

大田区湧水散歩~~~

先々週の土曜日は、残暑厳しい日であったけれど、大田区湧水散歩に参加だった。

出発は、多摩川駅。まずは、駅傍の「田園調布せせらぎ公園」だ。大正14年開業の「多摩川園」と云うジェットコースターやメリーゴーランドなどがあった遊園地の跡地でもある。急峻な崖地にあり、湧水や滝が子供たちの憩いの場になっている。子供たちザリガニ釣り興じる姿もあったりだった。
f0233879_15271762.jpg
f0233879_15275605.jpg
このモミジの奥に落ちる一筋の滝がなんともいいな。
f0233879_15264724.jpg
f0233879_15284715.jpg

崖地の下には田圃もあり、時期的に稲穂が垂れ下がっているし、害鳥から稲を守ろうと案山子が可愛い。
f0233879_15273323.jpg



崖を登り中原街道を横切ると多摩川にかかる「丸子橋」だ。この中原街道、良く耳にするのであるが、旧相模国平塚の中原まで通じていたから「中原街道」。今回初めて知りました。
f0233879_15291674.jpg
この丸子は江戸期「丸子の渡し」で有名なところでもあるが、この丸子橋より200mほど下流にあったと云う。
また、初代丸子橋の親柱(昭和9年の銘版も残っている)が残されているのだ。
f0233879_15293386.jpg



丸子橋の袂には「六郷用水」の一部が再現されて残されている。六郷用水は家康の命で慶長2年(1597)より14年をかけて開削された用水路である。
f0233879_15290437.jpg

f0233879_15301007.jpg
用水路の岸には亀さんたちが甲羅干し~~~~。
f0233879_15300439.jpg

文禄3年(1594)創建と云う「真言宗智山派東光院」の実に珍しいステンドグラスは嵌め込まれた清め場である。羽ばたく鳳凰が鮮やかだ。
f0233879_15310508.jpg



鎌倉時代に創建された「蜜蔵院」である。江戸期になって廃れた庚申塔ではるが、寛文元年(1661)と云う江戸初期の庚申塔が残されているのだ。
f0233879_15314492.jpg
f0233879_15315214.jpg


天文4年(1535)創建と伝わる「御嶽神社」である。かの木曽の御嶽山信仰にまつわる神社であり、境内には「霊神の杜」や「杜の霊神水」が残されている。
f0233879_15322259.jpg
f0233879_15325347.jpg
f0233879_15325920.jpg

本殿前に鎮座するのは狛犬ならぬ狛狼と云うのが、いかにも木曽の御嶽山風である。
f0233879_15323166.jpg
この境内では、虻に刺されて腫れてしまった参加者もいて、深山深い森を体感でもあったな。


ここから、東急目蒲線「御岳山駅(おんたけさんえき)」から「洗足池駅」まで、楽しい電車移動だ。
都内に「御嶽山」と名がついた駅が有るというのも初めてで、実に新鮮だったな。
f0233879_15345884.jpg
f0233879_15350339.jpg
地名は千束なのだが、駅名は「洗足」おんは同じでも漢字は違う?。不思議だな~~?と思いきや、しっかり説明があり、平安期は千束の稲が租税から免除されていて千人の僧を招いて供養を行う費用に充てられていたのだが、かの日蓮上人様が身延山から池上氏の館へ向かう途中、この池(洗足池)で足を洗ったと云うことから「洗足池」となったとのことだ。で、千束だったり洗足だったりのようだ。
f0233879_15373097.jpg
f0233879_15370623.jpg
この洗足池は、実に風光明媚な風情であり、江戸期の広重江戸名所百景にもこんな感じで描かれているんだよね。
f0233879_19443195.jpg

この広重の絵の中央に描かれているのが、「袈裟掛けの松」だ。前述の日蓮上人がこの松に袈裟を掛けたと云う由緒ある松である。この松は何代目になるんだろうか?松を守る為に「御松庵」まで建てて守ってきたのが重みがあるね。
f0233879_15364747.jpg

この洗足池周辺には多くの歴史的なものが残っているのも嬉しい。
こちらは、「御松庵妙福寺」である。袈裟掛けの松を守る御松庵と妙福治が併合されたお寺さんである。寺門から続く竹林が風情満点であるのだ。
f0233879_15362451.jpg
f0233879_15363062.jpg

そしてこちらは、晩年勝海舟の別邸であった洗足軒の跡地である。
f0233879_15351005.jpg

また、かの江戸無血開城を果たし歴史に名を遺した勝海舟のお墓も池のほとり近くに建っている。勝は妾多くその子らも育て苦労した民子夫人の遺言に反して孫が勝の隣に改葬されて並んでいるのである。
f0233879_15374565.jpg

こちらは、勝海舟が西南の役に斃れた西郷隆盛の死を悼んで建立した南洲公留魂詞である。
f0233879_15385077.jpg
f0233879_15391856.jpg

池を見下ろす丘に建つ「千束八幡神社」である。貞観2年(860年)のこの地の総鎮守としで宇佐八幡から勧進された神社である。
f0233879_15401126.jpg
f0233879_15402679.jpg
境内には源頼朝が阿波国から鎌倉に向かう時にこの地に宿営したところであり、この傍には名馬池月が現れたと云う池月も鎮座だった。

洗足池にかかる池月橋である。優雅な橋であるな。
f0233879_15404524.jpg
f0233879_15405371.jpg


当日は集合の多摩川駅に着く前からお腹の具合が良くなくて最後まで歩けるか不安最高潮(笑)。集合までに時間があったので、エアコンの効かないせせらぎ公園でお腹を落ち着かせてからの参加と相成った。一時は途中リタイアも脳裏をかすめたけれど最後まで完歩出来て良かったな。

今回も、見どころ満載・興味深々なコースの案内をしてくれた姉さんに感謝である。総勢17名での打ち上げは半端ない盛り上がりで、実に楽しい打ち上げだった。
あの料理数。量であの料金はなかなか有り得ないね。

ご一緒頂いた皆様にもありがとうである。

[PR]

by Koppe3T | 2016-09-20 15:05 | ウォーキング・散策 | Comments(6)