カテゴリ:徒然なること( 49 )

 

空気が違う谷中~~~

この週末は、「谷根千」と云われる谷中・根津・千駄木周辺の歴史散策会へ参加してきた。
予報に反して、青空になったのが嬉しい。

出発は、日暮里駅南口。
f0233879_09020085.jpg


江戸期から紅葉が美しかったと言い伝えられていた「紅葉坂」である。
f0233879_09021145.jpg

紅葉坂の上は、天王寺である。起源は、日蓮上人がこの地の関長輝宅に泊まった折に、日蓮が自分の像を刻んだの長輝が奉安したのが始まりと云う。室町期の応永年間の頃の古刹である。
f0233879_09034951.jpg

境内内の元禄3年の銅造釈迦如来坐像である。日蓮宗から天台宗に改宗する直前の作とのことだ。
f0233879_09050954.jpg

本堂の屋根の流れ具合が、実に優しく流れており天平時代のお堂を思い起させてくれていた。
f0233879_09040134.jpg
谷中霊園の中央園路を進む。桜通りと云われているだけに、春には桜が美しいに違いない。
f0233879_09052005.jpg
天王寺の境内にあった五重塔が幸田露伴の小説「五重塔」で有名になったが、昭和32年の心中事件で焼失とのことだ。今は、礎石だけが残されている。高さ34.18mで谷中のランドマークとして愛されていたとのことだ。
f0233879_09053040.jpg


在りし日の五重塔が掲示されていた。
f0233879_16374955.jpg


谷中霊園に来たら、歴史好きは立ち寄りたい「徳川慶喜公」墓所である。
f0233879_16383391.jpg


上野公園方面へ進むと、いかにも昭和らしいお店屋さんが未だに営業しているんだよな~~~~102.png。違う空気を感じることが出来ちゃうのだ。
f0233879_16475796.jpg
f0233879_16480146.jpg



かの有名な、「カヤバ珈琲」は、入店待ちの行列だし~~~。
f0233879_16481090.jpg

こちらは、明治43年築の旧吉田屋酒店で現在は台東区の下町風俗資料館付設展示場としてここに移設されている。谷中の一角にあった江戸期以来の老舗で、昭和61年まで営業していた建物とのことだ。
f0233879_16482122.jpg
f0233879_16483339.jpg
f0233879_16483908.jpg




明治40年築の日本橋で布問屋であった市田邸。戦後は芸大音校生の下宿にも使われていたとのことだ。歪みが激しいガラス窓の縁側廊下がある日本家屋は、自分が育った家屋も似たような造りだったので、親近感が高い。登録有形文化財である。
f0233879_16515537.jpg
f0233879_16521061.jpg


寛永寺の子院のひとつである護国院である。天海の弟子である生順が開創した寺院である。
f0233879_16521757.jpg
f0233879_16522216.jpg


で、この辺りは江戸期に神田付近の寺院が強制移転させられたエリアなので寺院が多いのだが、お陰で高いビルがないんだよな。お陰で、空も高いし空気も違う。
そんなエリアには、少年時代50円玉を握りしめて走って買い食いしたような風情のお店も営業しており、にんまりしてしまう。
f0233879_16523210.jpg
f0233879_16524848.jpg


右に左に多くの寺院を過ぎて進むと、三浦志摩守の下屋敷があったので「三浦坂」と呼ばれた結構な勾配の坂なのだ。
坂の途中には、猫猫猫・・・・・のお店だ。
f0233879_16530910.jpg
f0233879_16532800.jpg


こちらは藍染川を埋めてできた道路で「へび道」と呼ばれている。確かに道がくねくね~~~~。先が見えないワクワク感も嬉しい。藍染川だったというから、この辺りで藍染が盛んだったのだろうな。
何故かサイクリングで通過してゆくグループが多い道だった。
f0233879_16535642.jpg
f0233879_16544436.jpg


三崎坂(さんさきさか)を上る。この辺りにも寺院や猫関連の店が多いのだ。
f0233879_16554463.jpg
f0233879_16555658.jpg
f0233879_16563199.jpg


坂の途中の寺院で、山岡鉄舟のお墓参りだ。勝海舟と協力し江戸無血開城に尽力したのは有名だ。
f0233879_16561712.jpg


観音寺築地塀である。瓦と粘土を交互に積み重ね築地塀で、築200年以上経つと云う。登録有形文化財である。
f0233879_16573582.jpg
この観音寺は、赤穂浪士とゆかりの寺で、四十七士の近松勘六と奥田貞右衛門はこの寺で修行したいた文良と兄弟だったことから、浪士に多くの便宜をはかったり、寺内で浪士の会合も持たれたとのことだ。
f0233879_16353291.jpg


観音寺から坂を下る。この坂の下は江戸期螢沢よ呼ばれ、蛍の名所だったという。
で、この急な坂は、「蛍坂」である。
f0233879_16574979.jpg


岡倉天心宅跡・日本美術院あとである。岡倉天心と云えば、北茨城の五浦にある太平洋を望む地に建てられた六角堂が有名であるが、ここには、昭和41年に建立の岡倉天心史跡記念六角堂があるのだ。北茨城五浦の五浦の六角堂は、天心が北茨城に惚れ込み創作活動の拠点とした場所であるが、東日本大震災で堂は流されてしまったのが残念である。
f0233879_16592564.jpg
f0233879_16580798.jpg


で、谷中銀座である。ここだけ人混みが半端ない。
f0233879_16593763.jpg


有名な「夕やけだんだん」。当然のように、猫ちゃんが身づくろいだ。
f0233879_17000203.jpg
f0233879_16582564.jpg

途中の休憩タイムに頂いた「おしるこ」。北海道十勝産の小豆を使ったお汁粉で、甘からず薄からず、疲れた身体に活力をくれたな。
f0233879_17005941.jpg


今回は、戦災に遭わなかったので江戸・明治期の面影を多く残している谷根千。都心ではあるけど、高いビルがないので空気が違うエリアの案内、ありがとうございました。











[PR]

by Koppe3T | 2017-11-13 17:00 | 徒然なること | Comments(0)  

「電波の日」である。

今日から水無月6月である。梅雨入りまじかで湿度も高い。


さて、今日6月1日は、「電波の日」である。
昭和25年(1950)6月1日に電波法・放送法が施行された日である。

第一条 この法律は、電波の公平且つ能率的な利用を確保することによって、公共の福祉を増進することを目的とする。
         <以下省略>
f0233879_17041411.jpg

電波に係わる国家資格を受験する時、必ず問われる「電波の定義」や「無線局」の定義から始まるものだ。法律なので読んでいるだけでは、何とも味気ないのであるが、実際にこの法に則り各種申請や運用を行う身としては、バイブルなのだ。
f0233879_17034788.jpg

今日は、「電波の日」と云うことで、電波の日記念局も豊島区から出ていた。
身近な電波利用としては、TV・Radioはもちろんだが、携帯電話しかり、GPSしかり、航空機・船舶・鉄道など多種に使われ、我々の日常生活に寄与してくれている。

有限資源である電波。有効に使わなきゃである。
f0233879_17042100.jpg






[PR]

by Koppe3T | 2017-06-01 17:15 | 徒然なること | Comments(0)  

こりゃ、水難だな

朝から小ぬか雨~~~。春先の貴重な恵みの雨であるな。
f0233879_16001043.jpg
f0233879_15595886.jpg


午後、この火曜日に交換した洗面台の最終仕上げをDIYだ。30数年使い込んだ洗面台を三面鏡タイプのものに交換したのだが、壁を貫通している水及び温水の配管が固定されていなかったのだ021.gif。配管はグラグラして3~5センチも前後に動くし、壁の穴3.5Φの中を2.5Φの水及び温水の管が通るっているのだが、管の周囲に5㎜程の隙間があるので、床下の冷気が室内へ入ってきてしまうのだ。
f0233879_16003313.jpg
f0233879_16001977.jpg


早々に発注先及び工事人に連絡するも、発注先は工事のことは設備会社に任しているので分からないときた。工事人がその日に再訪して説明するに「前から固定はされてなかた。」とか。そんな馬鹿なことはなく、板とテープで固定されていたんだけど、どっちもこっちも対応する気がない。
そんなに気長な方ではない私は、「自分でやるから、もう結構です!!!。013.gif

で、準備したのは、缶タイプのウレタンフォームとシーリング材のシリコンシーラントだ。
f0233879_16003871.jpg
まず、ウレタンフォームで壁と配管の隙間にウレタンを充填し、手前のハーフカップを壁まで密着させて、シーラントで固定だ。約30分で完了だ。ふぅ~~~008.gif
f0233879_16011243.jpg
1時間ほどでウレタンもシーラントも固まり、前後にも動かないし、床下冷気もシャットできた。取り合えず、一件落着だ。


で、トイレに入ると、トイレの奥の方の床が光っている。???何だろうと直視すると、水だ。あちゃ~~~~、何で水が????。探し回ると、先月設置したウォシュレットのタンクの下辺りのプラスチック・ナットから滴だ007.gif
f0233879_16313046.jpg
工事した工務店に電話すると、早々に飛んできて水の滴りを確認だ。どうも、工事時の不具合のようで、来々週に再工事と相成った033.gif

洗面台といい、トイレといい、水回りのトラブル続きだな。困ったもので、今の日本には本物の職人さんが居なくなったのかな~~~?これぞ「水難の相」である。

[PR]

by Koppe3T | 2017-03-02 16:37 | 徒然なること | Comments(2)  

ニッポンのドライバー・マナーはいかほどか?

今朝も氷点下だったけれども、日中は春の日差しが降り注ぎ最高気温14度℃。春本番を感じさせてくれる1日だった。
但し、花粉が飛び始めたのは辛い。今日から鼻炎薬のお世話になてしまった。花粉シーズンの到来であるな。
f0233879_15494830.jpg



さて、信号機のない横断歩道の右手の歩道に横断しようとしている人が居たので、停車した。しかし、歩行者はなかなか渡り始めない。そうこうしているうちに、対向車が来てしまい、横断しようとしている人がいて、対向車の私が停車していたにも関わらず、すのまま通過だった。私がパッシングした意味も理解はされていなかったのだろうな。
このような「思いやりパッシング運動」なるものがあるのだが、全国的に浸透はしていないようでもある。
ポチッっとね。
http://shizuankyou.jp/index.php?id=216


f0233879_15495366.jpg
う~~~ん、こんな場合は、車は止まななきゃだろう!!

午後帰宅時には、前を走っていたワンボックスカーの運転席から火のついたタバコをセンターライン上にぽいっしていった車両も目撃だった。
う~~~ん、80年代頃の日本のドライブ・マナーに比べればかなりマナーは向上してきたなぁと思っていただけに、「日本のドライバー・マナー」もまだまだだなあと感じた日であった。


さあて、明日は春一番かな???


[PR]

by Koppe3T | 2017-02-16 15:58 | 徒然なること | Comments(2)  

ハードディスクには寿命がある

今朝は7℃。そして昼前には19℃と「春本番」な気温だった。
ただし、昼前には14m/sの強風が吹き荒れお空が砂埃で茶色に変色だった。今日もNRT空港ではバニラの旅客機がゴー・アラウンドしていたな。
f0233879_17360110.jpg


さて、先日入手したTV用のハードディスクである。
f0233879_17215079.jpg
地デジ対応のこのTVにして6年経つTOSHIBAのREGZAであるが、昨年の暮れから録画の映像が飛んだり音声が途切れたり、更には電源投入後内臓ハードディスクが認識されないトラブルが頻発していたのだ。
TVはTOSHIBA製であるが、大型量販店へ出向いてみると色々なメーカーのHDDが並んでいるんだよね。で、コスパ的にもリーズナブルなBUFFALOの2.0TBの容量のものに決めてお買い上げ~~~!!
f0233879_17215958.jpg
 今までの内臓HDDが500GBだったので、4倍の容量っで、値段は1/3以下003.gif

USBなので、TVのUSB端子に繋いで、簡単な設定で即使えてしまう。便利な世の中になったものである。
f0233879_17221789.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2017-01-30 17:32 | 徒然なること | Comments(0)  

ジャンボも終焉近しか!

今日は東海上を北上する台風5号の影響で朝から曇り。午前中は霧雨や時には大粒の降雨も。業務も基本的にアウト・ドアである私には、涼しくて大変助かる天候であった。
f0233879_18020053.png


さて、こんなニュースが飛び交っている。
飛行機と言えば「ジャンボ!!!」の時代に居た私には実に淋しいニュースではるが、あのジャンボ・ジェットの生産終了近しのニュースだ。
1970から世界を飛び始めたボーイング747である。
f0233879_18163244.jpg
B747-100、-200、-300 そして外見は同じでもウイング・レットが付いて機内の電子装置は格段にデジタルを取り入れたB747-400(今の政府専用機もこのB747-400である)。更に-400の後継機として開発されたB747-8とシリーズは続いてきたのであるが、今や月産0.5機のペースだと云う。
f0233879_18163405.jpg

今まで、乗客として乗った回数が一番多いのもB747であるし、この機体には多くのことを学ばせて貰ったのであるが、燃費の良くない4発エンジンの旅客機の時代は終わらざるを得ないのであろうな。
詳しくは、こちらをポチッとね。
http://www.aviationwire.jp/archives/95906

[PR]

by Koppe3T | 2016-08-08 18:12 | 徒然なること | Comments(0)  

今日は憲法記念日

外気温も25℃近くまで上昇し、夏近しを感じることが出来た5月3日。そう、「憲法記念日」での国民の祝日なのだ。

現在の憲法を改憲しようとの議論が聞こえ始めて久しい。さてさて、今後の日本にとって改憲がリーズナブルなのか、護憲が正しいのか?。一部の人に任しておかないで、議論しなくちゃであるな。


さて、今日は大脱走!!!
我が家の家猫「杏」がベランダから脱走したとの報だった。脱走を誘発した家人は、仕事の時間とかで、そのまま出社だ(爆)。
数時間後私が帰宅すると、相変わらず2Fべランダ下の屋根で「ニャーニャア」(笑)。どうも、ベランダから下の庭へはジャンプ出来ない猫だったようだ。

今や、2Fのお気に入り爪とぎ段ボールの上でお澄ましだ(笑)。
f0233879_17265388.jpg
f0233879_17272983.jpg
f0233879_17271335.jpg
まっ、どこへも行けない小心猫に違いないな(笑)。

[PR]

by Koppe3T | 2016-05-03 17:30 | 徒然なること | Comments(2)  

名前はまだない。

この4月から漱石の「吾輩ハ猫デアル」が、朝日新聞に連載されている。4月1日が初回であった。


「吾輩は猫である。名前はまだない。・・・・」で始まる有名な漱石の小説である。飼い主のご主人さまが漱石自身なのであるが、拾われた猫の目線で物語は進んでゆくのだ。
f0233879_17122577.jpg

数十年も前に一読して以来なので、実に新鮮に毎日読ませてもらっている。明治期の新しい口語体の言い回しがが随所に出てくるのも楽しいのだ。
f0233879_17122164.jpg
そう言えば、我が家の「杏」もゴルフ場脇の林に捨てられていた子猫であった。我が家に来て10ヶ月、猫目線で私を観察しているに違いない。

[PR]

by Koppe3T | 2016-04-10 17:15 | 徒然なること | Comments(0)  

下町ロケット~~~!

昨夕は、17:45にH2Aロケットが打ち上げられた。
生放送でその雄姿がリフト・アップするシーンを感動しながら見つめさせてもらった。
f0233879_13334798.jpg
f0233879_13340214.jpg

30号機の打ち上げだそうだ。
そして、今回はX線天文衛星を搭載しており、天体が発する電磁波を観測するという。
電磁波:電界と磁界が直交しながらエネルギーが伝搬されてゆくのであるが、それをX線を使って観測するのだそうだ。
先日発表された「重力波」の観測と相まって、更に宇宙の謎が見えてくるに違いない。




[PR]

by Koppe3T | 2016-02-18 13:37 | 徒然なること | Comments(0)  

あなたを忘れない

あれから21年。1.17である。

ポチっとね↓。
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%8c%e3%81%82%e3%81%aa%e3%81%9f%e3%82%92%e6%b1%ba%e3%81%97%e3%81%a6%e5%bf%98%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d-%e9%9c%87%e7%81%bd%ef%bc%92%ef%bc%91%e5%b9%b4%e3%80%81%e7%8a%a0%e7%89%b2%e8%80%85%e3%81%ab%e7%a5%88%e3%82%8a/ar-BBohIkY?ocid=LENDHP


あの高速塘路が横倒しになって、多くのビルが横倒しになったり、街のあちらこちらで火の手が上がっている衝撃の1.17から早いもので21年である。
その後、3.11の東日本大震災も経験している私たちではあるが、都市型災害の被害の激しさを1.17の映像として未だに脳裏に残っているのは私だけだろうか。

今や、見事に復興した神戸ではあるが、あの日を忘れずにこの地震立国に住んでいかねばならないな。


さて、今日は朝からどんより。北風も冷たく寒い一日であった。昨日は快晴で近くの紅梅も下の写真のように青空に映えていたけれど、今夕は関東平野でも雪の予報だ。
どうか、積雪に至りませんように。
f0233879_16305805.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2016-01-17 16:32 | 徒然なること | Comments(0)