<   2010年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

年越し蕎麦

ゆく年くる年。2010年も、あと6時間少々になりました。

今年会えた人、一緒に遊んで戴けた方、この何てこともないブログに足を運んで戴いた方々、一緒に頑張った前の会社の方々、そして家族にこの一年の「ありがとう」を記録しておきたい。
「ありがとうございました。」

来年も、よろしくお願いいたします。



f0233879_17425647.jpg
さて、今年の大晦日の年越し蕎麦は、「そば工房 篠」のを食べたいとのリクエストで、先日予約していた。
午後に受け取りに片道30分走ってきた。
今夜は、私が愛して止まない「篠さん」の蕎麦で年越しだ。
茹で方と水での〆め方を篠さんが細かく伝授してくれたから、美味しく戴けるに違いない。

f0233879_174330100.jpg
帰路、成田空港の滑走路の真下を走行中に、着陸態勢に入った旅客機を視認。車を路肩に止めて撮ったのはアシアナ航空のエアバスだった。しかも、スター・アライアンス特別塗装だったな。
昨日が成田からの出国がピークだったとの報道だが、私はこの数年海外へ出てないなあ。
最近、行きたい国内外が増えちゃって困っているのである(笑)。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-31 17:49 | 日常 | Comments(2)  

今日のタヌキ達

外気温4℃。寒い夕方だったけど、飽きずにタヌキ詣出だ。

昨日は、ご対面出来なかったけど、今夕は居ましたねえ~。 しかも今日は6匹を確認だ。
この池の周りには何匹の狸が生息しているんだろう?

f0233879_1750678.jpg
今日は、夜景モードで撮影したので、やや鮮明だ。 かわいい奴っちゃ。

f0233879_17505835.jpg
しかもこの夕闇迫るなかで、1匹だけが最後までこちらをジッと伺い巣穴に入ろうとしない。
30分も観察していて、こちらの身体が冷えてきたので、手を振ってさよならしてきた(笑)。



この年末に、昨日の午後から左肘に痛みが・・・・・(汗)。
今日になっても腕を上げるとピピッと痛みが走る。この痛みでは、ゴルフ・クラブを振るのもチトしんどいものがある。再来週のラウンドまでに治るかなぁ。
行き付けの整形に行ったんだけど、今日から1/3まで年末年始休診だったしぃ(汗)。
正月明けまで、痛みが治まりますように(祈)。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-30 17:52 | 日常 | Comments(0)  

室内バイク

晴天ではあるが、風が冷たく寒い日中である。

f0233879_1532496.jpg
こんな日には、屋内トレーニングとばかりに、ダンベル・エキスパンダー更に屋内バイクだ。
30分も漕ぐと、うっすらと汗も。


f0233879_1544211.jpg
このコーヒーは、先日喫茶店で飲んだ「ブルマン」より美味しいぞ。


先ほど終了した全日本サッカー選手権天皇杯。清水エスパルスが決勝進出を決めたな。
息子と何回か応援に国立まで行ったチームでもある。
元日の試合が楽しみになったな。ガンバ清水!!。

<17:35追記>
もう一つの準決勝。FC東京と鹿島アントラーズ戦。
延長戦後、ロス・タイム1分と表示されてからの、アントラーズのシュートがネットを揺らした。綺麗なボレー・シュートだった。それにしても、壮絶な試合だったな。
これで、元日は清水エスパレスvs鹿島アントラーズか。
ガンバ清水だな。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-29 15:05 | 日常 | Comments(0)  

「狸さん」激写 & Birthday Card

昨日の夕方、3匹の狸を観測(笑)出来た、散歩コースの池に今夕方も出かけた。

f0233879_18462353.jpg

f0233879_18465985.jpg
待つこと5分。出て来ましたねえ。
今日は、池の右岸で水を飲んで居るのが2匹。左岸の藪に3匹。計5匹も居た。この池と藪は彼らの絶好の棲み家なのに違いない。
家から数百メートルのこの池と林に棲みついた彼らである。これからも、彼らの邪魔にならないように静かに観察してゆきたい。

昨日よりはやや鮮明に撮影できたけど、夕方で暗めなので次回はこの26倍ズームのカメラの使い方も熟知したうえで望みたい。


f0233879_18502831.jpg
更に、帰宅するとポストに「配達日指定」の封書が。
入っていたのは、日頃応援しているtheSoulの4人からのBirthday Cardだった。
ケーキで祝う年ではなくなったけれども、直筆カードを戴くとやはり嬉しいものである。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-28 18:51 | 日常 | Comments(2)  

寒っ!。 狸さん こんにちは。

f0233879_17525623.jpg
日中は、快晴無風だったけど、今朝は冷え込んだようで、早朝ウォーキングのコースにある池も一面に氷が張ってた。


この池は、鯉も鮒も生息していて、よく釣竿片手に出かける池でもある。
今夕の散歩では「狸」さんが3匹水辺に現れてくれた。 しかも3匹だ003.gif
当初は、動かない私に気がつかず約10mに至近まで近寄ってくれたのだか、気がつくと一目散に後づさりだ(汗)。

f0233879_17582433.jpg
決定的チャンスを逃してしまったのである。藪の中からジッとこちらを窺っている狸クンは、こんなボケボケ写真になってしまった。何時の日か、3匹の可愛い姿をカメラに収めたいものである。

この池の周りは、数百メートル四方で針葉樹・広葉樹の林になっているので、狸くん達の絶好の棲み家なんだろうな。

数年前、この林を潰してマンション建築計画が持ち上がったとき、その付近の住民の方々が「池と林を残そう」としてくれたお陰である。
家から数百メートルのところに、こんな自然が残っていることに感謝である。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-27 18:04 | 季節 | Comments(0)  

小江戸川越ウォーク

昨日は、サークル初参加で「小江戸川越」をウォークしてきた。
外気温は低めだったけど、快晴無風。歴史の街・蔵の街を半日かけて堪能出来た一日であった。


f0233879_933427.jpg
中院(天長7年(830年)開基といわれる中院の庭園は、実に良くていれされており、春の桜・秋の紅葉の時期に再度訪れたいと感じた。最後に挨拶した庭師の方の丁寧な再訪のお誘いにも嬉しいものがあったな。


f0233879_9124939.jpg
川越の時の鐘」である。寛永年間に最初に建てられ江戸期の人々に時を知らせていたという。
この鐘楼は、明治の川越大火し消失後の明治27年に再建されたものだという。それにしても、高さ16メートルの木造の塔は、見ていても飽きない。丁度3時になり、「残したい日本の音風景百選」の鐘の音色を聞くことも出来て大満足だ。
この鐘の下で食べた川越名物のひとつ「いも恋」なる薩摩芋を素材にした饅頭は、昔懐かしい味と芋味がベストマッチで、多少疲れた身体に丁度良かったな。


f0233879_9215572.jpg
川越=「蔵の街」と云われる「一番街 蔵通り」だ。重厚な蔵がひしめいていて圧巻である。
その中の、「蔵造り資料館」へも入った。蔵の2階の畳の間に一時お座りして畳に温かさを再認識できたな。
f0233879_9222726.jpg
この蔵の2階の小窓から望む「時の鐘」が、また一段と美しかった。


f0233879_9313281.jpg
その他、明治の初めから菓子を製造していたという「菓子屋横丁」は、昔懐かしい横丁の風情だったし、天正18年(1590年)紀州熊野から分院したという「熊野神社」の「運試し輪投げ」、参加者の何方も入らなかったけど楽しい運だめしだった。
私は、真ん中の「健康運」に3投するも、いずれも入らず(汗)。


約4時間のウォークは、あっと云う間だったけど、歴史を感じさせてくれる素敵な街「川越」である。
桜か紅葉の季節に、再度訪れて歩きたい街のひとつになった。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-26 09:14 | 旅・旨いもん | Comments(0)  

「風に恋して」 村尾 鐵男 著

村尾 鐵男氏の「風に恋して」を読んだ。実に面白い。一気に読んでしまったな。

ストーリー:
横浜に住む未亡人の主人公が、夫の形見の高倍率双眼鏡で日々のバード・ウォッチングの中に、丹沢山塊の風力発電のプロペラが1本なくなっていることを、レンズを通して発見する。
しかも風車の下に瀕死の重傷を負った一人の男が倒れている。
その主人公のおばさんと隣家の報道カメラマンの真相究明が始まるのである。
f0233879_17311350.jpg


流石に技術者である著者だけあって、主人公はおばさんなのであるが、隣家のカメラマンや造船技術者であったカメラマンの父や、元航空会社の技術者などの登場で技術的なところは確実に押さえた内容になっている。
カメラマンの勤め先の写真も載っていて、私も十年ほど前こまめに日参したところでもあるし、プロペラのピッチ角・ヨー・コントロール・フェザリングなどの説明も実に分かり易いのである。

ストーリーは、ミステリーなんだけど、会話の端々に分かり易く風力発電のいろはを紹介しつつ、読者をぐんぐん引っ張りこんでくれる作品であった。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-24 17:33 | 日常 | Comments(0)  

「さよなら アルマ」

f0233879_11252166.jpg

実話をもとにしたドラマ「さよなら アルマ 赤紙をもらった犬」を見た。

軍犬として満州へ送られたアルマとソ連軍の満州侵攻における日本の兵隊さんとの交流の物語である。

満州の露営地で伍長さんが、「こいつが居るお陰で、こんな毎日でも私達は人間で居られる。」と独白してた。人と犬の交流は素晴らしいことである。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-23 11:28 | 映画・読書 | Comments(0)  

冬至と云えば。


一年の内で、夜が最も長くなる日「冬至」である。

「この日に、柚子湯に入り小豆粥や南瓜を食べると、風邪をひかないと言われている。」小さい頃から言い伝えられてきていることである。

f0233879_15353721.jpg

昨日、お隣さんから戴いたのは「柚子」だった。いつも季節ものを届けてくれる。いつも有り難いことです。

と云うことで、今夜は「柚子湯」ですね。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-22 15:36 | 季節 | Comments(0)  

無農薬白菜

今月の初めに訪ねて、さつま芋と里芋を沢山頂いていた同期が活き活きと生産に勤しんでいる菜園までウォーキングだ。

夕方から雨との予報なので太陽が出ている昼前に、僅かだが差し入れを持参した次第である。
彼は、今日も一人でビニール・ハウスの中で、楽しいそうに収穫処理していたな。

先日の芋の礼をを言うと、今度は「白菜持ってけ」と云う。
農作業で、益々健康的な彼を見てるとこちらまでそんな気がして嬉しくなったな。 

f0233879_1542798.jpg
その場で刈り取った白菜は、行きの差し入れの何倍も重い。計ってみたら2.5Kgもあったし。毎度、ありがとね003.gif

今夜は、新鮮無農薬白菜と豚肉バラの「重ね蒸し」でも頂くとにしょう。
[PR]

by Koppe3T | 2010-12-21 15:10 | 日常 | Comments(0)