<   2011年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

「大病人」

f0233879_15495615.jpg
伊丹十三監督の映画「大病人」(1993年)をレンタルしてきた。

進行性癌の主人公 三國連太郎が、いかに死を迎えるかを医師である津川雅彦、妻の宮本信子などなどを交え、コミカルかつ真摯に描かれている。
ターミナル・ケアのあり方なども考えさせてくれたな。「お葬式」などもそうだったが、「死」というものを改めて考えさせてくれた。

エンディングの大オーケストラと僧侶陣との「般若心経」の大コラボも見ものであった。


f0233879_1552302.jpg
更に、毎日寒いこの時期にぴったりのものを見つけた。
生姜茶」である。
これは、温まるのには持って来いだ。「生姜」パワーでこの寒さを乗り切ろう!。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-31 15:54 | 映画・読書 | Comments(0)  

アオサギ

もう狸さん達が居ないのは分かっているけど、その後が心配でついつい「狸森」だった池に足が向いてしまう。

f0233879_17513417.jpg
今夕は、切り倒された杉や楢の木は回収され、ブルが入り大木の根っこも根こそぎ引き上げた状態だった。
池はまだ残っているのだが、低地にあるこの池は埋め立てられるに違いない007.gif

f0233879_1752042.jpg
呆然と眺めていると、一羽の「アオサギ」が飛来だ。

f0233879_17523197.jpg
一羽、水辺に歩き始め水底を覗き込んでいたけど、もうすぐこんなシーンも見れなくなる。
淋しいことである。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-29 17:55 | 日常 | Comments(0)  

雪中花

f0233879_16495465.jpg
午後の散歩で見つけた「水仙」の一群れだ。
毎日寒い日が続いているけど、草花たちは着実に春を感じているんだろうな。
別名、「雪中花」とも云うけど、可憐な花である。

ただ、花言葉は「エゴイズム」ということだ。「自己中」かぁ(汗)。

水仙で有名な土地は沢山あるけど、房総半島では鋸南町水仙ロードだな。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-28 16:52 | 季節 | Comments(0)  

冬の陽だまり

昨夜は雪が舞い、今朝の冷え込みは半端じゃなかったけど、今日の日中は快晴で雲が見当たらない。

f0233879_15131613.jpg
午後の日差しの下で、にゃんこが車のボンネットの上で「日向ぼっこ」だ。

f0233879_1514944.jpg
「暖かそう。気持ち良さそう。仲間に入りたい(笑)。」
とばかりに、近づくとしばしお腹まで見せて「ニャー、ニャー♪」遊びたそうなんだけど、そこは気位の高いお猫様、早々に次の「日向ぼっこ」エリアへ移動だ(笑)。

気持ちのいい時間を邪魔したようで、「ごめん」であった。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-27 15:16 | 日常 | Comments(0)  

今夜は、「雪50%」?

今日は、今受講中の講座の初日スクーリングだった。
今日は、実技はなく終日講義だ。終日講義と云うのも身体ににはきついもんだったな。
講座の趣旨からも、合間にストレッチとかする余裕位はほしいものであるが、今日は無かったな。

f0233879_19464632.jpg
更に、講座を受講してて気が付いたのがこのライセンスもあった方が、活動の場が広がるということだ。
帰路、本屋さんに寄り「問題集」を買い求めてきた。


夕方から、北の空に真っ黒な雨雲が・・・・。
予報を見ると、平野部でも50%の雪の予報である。
どうか、積雪までにはなりませんように。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-26 19:47 | 日常 | Comments(2)  

明日も「晴れ」

日冬至から1ヶ月が過ぎて、夕方の陽の沈みが遅くなったのを感じるようになった。
30分以上は長くなったな。

f0233879_1864994.jpg
今日の夕暮れも雲一つない綺麗な西の空だった。写真は5時過ぎの散歩中の交差点である。
日本海地方や北海道の豪雪のニュースを連日見聞きするが、明日も、関東地方は「晴れ」に違いない。



それにしても、モスクワ「ドモジェドボ空港」の爆弾テロは、悲惨だな。
モスクワと云えば「シェレメチボ」の記憶が大きいのだか、現在は「ドモジェドボ」らしい。
ロビーでの爆発だったと云うから、何方も被災する可能性があった訳である。 

この4月から「鶴丸」が復活するというJALも数年目から、モスクワの寄航空港を「シェレメチボ」から「ドモジェドボ」へ変更していたようだ。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-25 18:08 | 日常 | Comments(0)  

狸の森 「バ○池」無残。

三日ほど地方へ行っていた。

f0233879_11204921.jpg
今朝の散歩で、狸の森だった「バ○池」を通ると、池の周りの大きな木も切り倒され、タヌキ達が潜っていた藪も赤土がむき出しだ007.gif

この小さな池に番いで棲んでいた2羽の鴨もどこかへ行ったらしく見当たらない。

f0233879_1121174.jpg
池の上の森も遠くに疎林を残すばかりだ。当然、この池の周辺で捕食・冬眠していた狸さん達は、もうどこかへ移住してしまったんだろうな007.gif

う~~~ん、朝夕の狸詣出の愉しみが無くなってしまったな。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-24 11:24 | 徒然なること | Comments(0)  

「吉野川 第十堰」

f0233879_20371111.jpg
今日、空港へ戻る途中の「吉野川」に設けられている「第十堰」である。
冬でもあり水量が少ないが、雨季は堰には満々と水が留まり、堰の上も轟々と水が流れている。
ここで、釣りや水遊びをしたものである。


「第十堰」は、吉野川沿いの名西郡石井町と板野郡上板町の間に工事されている固定堰で、最長1250メートルあると云う。江戸時代、「第十村」の農民の手により宝暦年間に、農業用水確保のために造られたという。大変な労力だったろうな。このコンクリート補強は昭和の時代の補強らしい。

この下流に「可動堰」計画が持ち上がったのは30年も前もことだが、地元の住民の環境に対する取り組みで住民投票まで行われたのが十年も前のことだ。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-23 20:39 | 旅・旨いもん | Comments(0)  

噛まれた!!

f0233879_20164574.jpg
過去何十回も帰省の度に会って、親密な関係でじゃれあっていたこのメタボ犬のジャッキー君。

夕べも、風呂前の一時楽しくおしゃべりしながらじゃれあっていたんだけど、突然のございます立腹で手首に噛みついてきた。

しばらく脂汗が出て震えが止まらなかった。その後は、けろっとしてこの様でスヤスヤだ。

人生初のワンコの洗礼を受けたのである。
やはり、ワンちゃんは分からんものである。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-23 11:10 | 旅・旨いもん | Comments(0)  

「直心庵」 蕎麦

f0233879_2018049.jpg
午前中にお坊様に来て頂き、供養読経の後はお墓へ。
遠くに見える山頂には雪もあるので、外の空気は冷たい008.gif

精進揚げに向かったのは、昨年春の週刊文春にも紹介されていた名西郡の吉野川近くにある手打ち蕎麦屋「直心庵(じきしんあん)」だ。
「ホタテとセリのかき揚げせいろ」の大盛りを頂きました。
やはり、美味しい蕎麦は、嬉しい003.gif


それにしても、今日のお坊様は約束の時間から一時間遅れの来訪だった022.gif
地方の時間は、随分とゆったり流れているものである。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-22 14:55 | 旅・旨いもん | Comments(0)