<   2011年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

豪雨と夏祭り

新潟や福島県只見では、豪雨で大変なことになっている。今年は地震、津波、豪雨と次から次と天災が続く。
天候も原発も日本経済も、いつになったら落ち着くんだろうか?

f0233879_1043052.jpg
昨日は、予報に反して午後は青空が覗いた。何日ぶりの青空だろう?しかも夏空らしい入道雲までにょきにょきだ。夏は、夏らしくがいいかな。

昨夜は、前の会社の同期5人で、今年初になる飲み会だった。春の予定だったのだが、大震災もあったし、津波でお父様を亡くした親友もいたので、この時期の開催となった。彼は、まだお父様の葬式も出せずにいて、来月新盆と一緒にお葬式をしするということだ。心からお悔やみを申し上げた次第である。
それにしても、昨夜は美味しい芋焼酎に出会え、しこたま飲んだ気がする(笑)。まっ、気の置けない仲間との酒席というのが深酒の本ではある(笑)。

f0233879_105833.jpg
今日は、家の前が大変賑やかである。町内の氏神様の夏祭りなのである。由緒ある山車が町内を練り歩く。子供達も大勢参加で、我が家のすぐ側が、山車の休憩所に指定されているので、笛と太鼓に合わせての総踊りのあとアイス食べたり思い思いに一時の休憩である。夏休みの楽しい思い出になることであろう。我が家の子供達も小さい頃は半被着て化粧して参加した祭りである。
[PR]

by Koppe3T | 2011-07-31 10:06 | 季節 | Comments(0)  

梅雨の戻り?

f0233879_192395.jpg
今夕の、地元の「防災無線」の受信アンテナとスピーカーである。雨上がりなるも、西の空はドンヨリだ。
梅雨の戻りか?、この数日雨の日が多い。数日前には、ソウルに豪雨があり、車が沢山冠水しているニュースが流れた。この春から何度か「一席」設けている韓国の方がソウル在住なので心配してしまった。
f0233879_1942540.jpg
メールの返信によると、被害は無かったとのことで、まずは一安心である。

その前線が、この週末は日本の越後から関東にかけて下りてくるらしい。


太陽がジリジリ照らないと、今の屋外でのバイトには嬉しいのではあるが、夏の日照時間も地上の食物達には必要なことなので、天候不順への不安も高まることである。


f0233879_1944210.jpg
さて、先週まで朝夕の散歩で番いの鴨たちが挨拶してくれいたのだが、パンくずをダイレクト・キャッチして食べていた相棒の鴨が不在になっている。今夕も残された1羽が「ガァー、ガァー」鳴くばかり。この子は、パン持参でも、一人では素直に寄ってこない。
遠くで、すねたように泳ぐばかりなのである。その顔が、寂しそうである。
[PR]

by Koppe3T | 2011-07-29 19:05 | 季節 | Comments(2)  

「音次郎」in新宿コマ劇場

f0233879_18132173.jpg
先日読んだ山本一力さんの「草笛の音次郎」は、あの氷川きよし君が舞台で演じていたとのことだ。
今日、ビリケン繋がりのお友達から教えて頂いた。

氷川クンが音次郎を演じたのは2003年のことのようだけど、活字からの音次郎のイメージとビリケンと一緒の各種イベントで接した氷川クンのイメージがぴったり合ってしまうから、嬉しくなる。

氷川きよし君が演じる「音二郎」を是非観てみたいものである。
[PR]

by Koppe3T | 2011-07-28 18:17 | 映画・読書 | Comments(2)  

真夏はアーリーバード

f0233879_11441827.jpg
真夏は、アーリー・バードとばかりに、今朝は3時起床で「ザ・インペリアルCC」へ。
今朝はアーリー・バードの組が多く10組以上のプレイヤーがまだ暗いクラブ・ハウスの前に右往左往だ(笑)。

f0233879_114573.jpg
空が白み始めた頃にスタートだ。

このコースでは、いつも80台キープだったのだが、今日は前半1バーディも飛び出し43。まずまずと思いきや、Back9に入りOBやらバンカーx3、3パットx2が出始め、ぼろぼろ(汗)。結局、49で、ミニマム目標の80台は達成できずだった。

一月ぶりのラウンドは、涼しい中でのいつもの楽しい仲間とのラウンドだったし、バーディもあったし、アプローチも課題も見えたので好しとしとこう。
[PR]

by Koppe3T | 2011-07-27 11:51 | ゴルフ | Comments(0)  

アルバイト

今日から、夏のアルバイト開始。

成田空港から海外へご旅行されるお客様のお車を預かり、ご帰国まで保管管理する業務のスタッフである。
先週、会社概要や接客マニュアルの教育は終わっていたので、今日はOJT(On Job Training)の始まり始まり~~である。

今日は、お預かりしたお客様のお車を、一時保管場所までの移動を中心にOJTだ。
まずは、外観チェックをし、傷やデントを記録してから、移動だ。
お客様の大事な車を運転するのは、気ぃ遣います。特に慣れないベンツなどの外車は、怖~~い(笑)。
[PR]

by Koppe3T | 2011-07-26 19:06 | 日常 | Comments(2)  

スノーノイズ

f0233879_1303878.jpg
地デジ化が完了していない私のPCは、こんな画面だ。
マスコミでは、「砂嵐」とか呼んでいるけど、「スノーノイズ」によるアナログTV特有の画面である。
テレビ局の電波が停波し、TVの受信端に何の信号も入って来ていないと云う、無心号状態なのである。

私が、学生の頃アナログTVの勉強を必死にした技術も、もう世の中では使われなくなったと云うことだな。
淋しいことではあるが、アナログ変調方式に比べ使用周波数帯幅が狭く有限資源である電波を有効活用でくるし、一視聴者としては画像も綺麗で双方向コミュニケーションまで出来ちゃうデジタル変調方式の到来におめでとうである。


f0233879_1311194.jpg
こちらは、我が家の「緑のカーテン」である。
先日ゴーヤの収穫もし、美味しく頂いた「ゴーヤ・チャンプル」ではるが、本来の目的である「サン・シェード」の役目もしっかり果たしてくれつつある。
[PR]

by Koppe3T | 2011-07-25 13:05 | 日常 | Comments(0)  

アメンボ

朝夕訪れる散歩道にある、つがいの鴨も棲みついている憩いの池(笑)だ。

f0233879_1820930.jpg
昨日までの北風が止んだ今日、水面に多くのゴミか~(汗)。
近所の子供達が「連合艦隊が攻めてくる~~。」とか喚いて、大喜びだったこの大群。




f0233879_18203818.jpg
アメンボの大群だった。アップで写すと、水の表面張力で浮かんでいるのが良くわかります。
[PR]

by Koppe3T | 2011-07-24 18:22 | 日常 | Comments(0)  

Expedition Day

今日明日は、野山での移動運用で無線を楽しもうと云う「ペディション・ディ」だ。
この日だけは、万障繰り合わせて野山へ出かけて電波を出している。

f0233879_18583457.jpg
今日は、自宅から30分弱の所でのお手軽運用を選択だ。
例年、この時期の日中は暑く、約6m長のアンテナを組上げ、8mほどの高さまで上げて無線機器やリニア・アンプ、アンテナの整合調整をするだけで汗だくなのであるが、今日は先日の台風6号の余波の北風も残っていて、曇り空も相まって涼しい屋外運用だ。

10時から15時まで、のんびり電波の飛びを楽しませてもらった。
アンテナ組み立て中には、同じ公園に来れれていた年配さんにこのアンテナで何処まで届くのかと、電源は何かとかなどなど、無線に興味津々な質問を受け、楽しい会話も良かったな。

f0233879_18585990.jpg
さてさて、今日のペディション・ディは、25局以上と交信して報告すると「記念アワード」が主催者からいただけるのだが、23局止まりだったのが残念。今日は上空の電離層の活動が今一で、俗に云う地表波での電波伝搬のみだったこともあるな。交信できた最長距離は、長野県大町市だった。

いずれにしても、約5時間蝉の大合唱を聞きながら、のんびり交信しのんびりお昼をいただき、心身の洗濯ができたな。
[PR]

by Koppe3T | 2011-07-23 18:59 | 無線・釣り | Comments(2)  

ゴーヤ・チャンプル

ここ数日、涼しいので夜も安眠出来て嬉しい。今日も、この時間帯で25℃で過ごしやすいな。

f0233879_12501020.jpg
昨日、緑のカーテンとして植えていた「ゴーヤ」が食べ頃になったので2本収穫した。
で、ゴーヤの定番、「ゴーヤ・チャンプル」に。

f0233879_1251155.jpg
自前のゴーヤと云うこともあって、美味しく戴けたな。 
[PR]

by Koppe3T | 2011-07-22 12:51 | 季節 | Comments(0)  

「草笛の音次郎」

f0233879_13482945.jpg
山本一力さんの「草笛の音次郎」を、一気に読み終えた。
面白い!!!。

天明八年の江戸は深川の駆け出し渡世人「音二郎」が親分の名代として佐原までの初旅だ。
荷物の管理ひとつから危うい初旅の若者が、船橋、佐倉城下、酒々井村、成田、大栄村と旅を重ねていっぱしの渡世人になってゆき、小野川沿いの佐原では更に大活躍だ。
成田周辺の、成田山参道はもちろん浅間神社、藤倉屋、ひしや、成田ごぼう、印旛沼産鰻、富里村、山深い大栄村などなど馴染みのところが多出で、現在の風景と思い合わせてにんまりだ。

生後1ヶ月で父を亡くし、母の手一つで育てられた音二郎の母への愛や義兄弟への心遣い、父の面影に似た思いを持っている代貸への一途な思い、音次郎へのハラハラ感とスカッとする任侠の世界が寝るのを忘れて読み耽けさせてくれた。


<以下解説より>
三度笠、縞の合羽に柳の葛籠、百両の大金を懐に-----。今戸の貸元、恵比寿の芳三郎の名代として成田、佐原へ旅する音次郎。待ち受ける試練と、器量ある大人たちが、世の中に疎い未熟者を磨き上げる。
仁義もろくにきれなかった若者が、旅を重ねて一人前の男へと成長してゆく姿をさわやかに描いた股旅ものの新境地。

[PR]

by Koppe3T | 2011-07-21 13:48 | 映画・読書 | Comments(4)