<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

多古カン

関東が梅雨入りするのではないかの天気予報の中、13年ぶりに「多古カントリークラブ」で遊んできた。
天候は、曇り。 途中小雨で、3ホールほど傘のお世話になったけど、いいラウンド日和だった。
夕方のニュースによると、「関東も今日梅雨入り」とのことだ。

f0233879_17213112.jpg
<アウト1番>
アウト1番、362ヤード パー4。パー・オン出来なかったけど、何とかボギーにまとめて、まずまずの滑り出しだ。1番ホールでオナーを引いてから5番までオナーを務めさせていただけたのが良かったのか、1~5番までボギー、パー、ボギー、パー、ボギーと実に耐えたラウンドだ。
1パットが5回の13パットと云うのが良かったのかな。

結局、3パー、6ボギーの「42」は、後半に繋がるいい結果ではある。


なれど、後半ドライバーが引っ掛けの連続で、11番 12番ではダブル・ボギーが続いてしまう。

f0233879_17221164.jpg
<イン13番>
このTショットが池超えになる13番 469ヤード パー5 では、このまま崩れないぞとばかりに、気分一新したつもりだったけど、3パットや15番でのOBも出て、結局「49(パット19)」。 結局91か。

結局、前半のスコアーを活かせず、80台は今回も見送りだった。
前回のノース・ショアも同じだったし、後半崩れないラウンドが、大きな課題になってしまったな。


それにしても、今日もご一緒頂いた△△やんの後半の快進撃は素晴らしかったな。
パー、パー、パー、パー・・・バーディ、・・。あと一打で30台。いいものを魅せていただいたな。

f0233879_17224439.jpg
<18番 パー5 クラブ・ハウスよりグリーンを望む>

by Koppe3T | 2013-05-29 17:27 | ゴルフ | Comments(0)  

紫陽花 と 川鵜

日曜日は、町内会の公園大掃除の会に参加だった。

子供達が小さい頃は毎日遊ばせて貰った児童公園ではあるが、今やこの公園を使っているのは団地外の集合住宅のお子様たちである。それでも、町内にある公園であるし年に数回の大掃除なのである。

その公園の紫陽花が開花しているのを発見。やはり、梅雨時なんだな。
f0233879_19404129.jpg


我が家の紫陽花は、まだまだ葉っぱのみで蕾もない。今年も開花しないのかもしれない。
f0233879_1941198.jpg




こちらは、先日鴨池へ散歩に行ったときの写真だけど、日頃見かけない嘴が長く背中が真っ黒な大型鳥が飛来していた。
f0233879_19415786.jpg


しばらく観察していると、羽を大きく広げて威嚇かな?。
f0233879_19422014.jpg


野鳥図鑑で調べたら、「川鵜(カワウ)」だった。カラスよりずっと大形。黒い水鳥で頸と身体が長い。水に潜って餌をとる。このウ類のカワウは防水用の脂を羽に塗りこめないので、彩餌後の翼を広げて乾かさなければならいとのことだ。


さあて、明日はラウンドの日だけど、どうも関東の梅雨入り予報が出ていて、雨模様のようだ。
雨にも風にも負けず、ゴルファーが楽しめるのである(笑)。

by Koppe3T | 2013-05-28 19:44 | 季節 | Comments(2)  

皇居1周ウォーク

昨日は、梅雨入り前のこの時期にと思い立ち、皇居1周約5.5Kmを歩いてきた。

まずは、リニューアルなった東京駅ドームの壮大さに感激。ここ東京駅丸の内南口は、大正10年時の総理大臣 原敬が政友会の施策に不満をもつ青年に刺殺された場所である。
f0233879_9474276.jpg
f0233879_948172.jpg


丸の内の駅前に出ると、東京駅駅舎を撮影する観光客で人だかりだ。
f0233879_9503780.jpg


皇居へ入る前に、気になるポイントを目指してうろうろ。
やっと見つけたのは大手町1-1-1 にある、「将門塚」だ。
f0233879_9523178.jpg

平将門は、平安時代に坂東で反乱を起こした武者であるが、鎮定軍に討ち取られたあと、首級は京都に送られ獄門に架けられたけど、白光を放ち東方へ飛び去り 武蔵国豊島群に落ちたという。土地の村人達が塚を築いて埋葬したのがこの場所と云うことである。


さて、いよいよ皇居へ。まずは大手門から。
f0233879_959233.jpg

f0233879_9595635.jpg
それにしても、このエリアには、実に多くの外国人が観光に訪れていて、日本人より多い感じで、海外に居るみたいだった。

本丸跡の芝生広場から天主台跡を望む。ここ東御苑も日光浴や散策の外国人が多かったな。
f0233879_1043261.jpg


赤穂浪士で有名な浅野内匠頭が吉良上野介に切りつけた「松の廊下」跡や、天守閣が消失した後は天守閣の代用としても使われたと云う「富士見櫓」を見学だ。
f0233879_1010254.jpg
f0233879_1010494.jpg


散策路には、紫陽花も開花しており淡いブルーの花弁が瑞々しかったな。
f0233879_10114962.jpg


天守閣跡である。石垣積が美しい。ここあった天守閣は、家光の時代に5層で完成しのだが、わずか十数年後の明暦の大火(いわゆる「振り袖大火」)で消失し、その後は再建されず明治を迎えたと云う。
f0233879_10135949.jpg
f0233879_10143265.jpg


平川門から皇居外へ出て、目指したのは気象庁内にあると云う「気象博物館」へ。土曜日ということもあって、館内はひっそり。しかも、博物館と云うよりは、展示室?という感覚の館内だ。
f0233879_1019985.jpg


それでも、職員の方が実に懇切丁寧に「雨量計」「風速計」から始まり、「竜巻」の発生メカニズムの実演、地震予知のP波S波、津波のメカニズムなど説明してくれて、最近ドラマ「お天気お姉さん」で気象にも嵌まっている私には実に有意義な内容だった。
f0233879_10224787.jpg
f0233879_1024315.jpg


平川濠と左に見ながら向かったのは、「北の丸公園」だ。ここに足を踏み入れるのは、30数年ぶりだと思うけど、大木も生い茂り小川も流れている森の中という感じだった。武道館では「全国合気道演武大会」が開催されて賑わっていたな。

田安門を出て、千鳥が淵へ。桜の時期には多くの観桜客で賑わう千鳥が淵遊歩道も、この時期は人影もまばらだ。
f0233879_10312924.jpg


実に有名な「千鳥が淵」のボート乗り場からの遠望。都心とは思えない癒しの風景である。
f0233879_10323570.jpg


千鳥が淵公園より、「半蔵門」を望む
f0233879_10335376.jpg


更に、三宅坂を桜田濠沿いに進むと、遠くに警視庁の大きなビルとアンテナ群が見えてくる。
f0233879_10381667.jpg


警視庁は、この方角からの構図が馴染みがあるな。
f0233879_10395985.jpg


桜田門外の変で有名な「桜田門」は、災害復旧工事とかで、通行止めだ。
f0233879_10404478.jpg


皇居外苑の「楠木正成」像前で、皇居1周ウォークは終了だ。
f0233879_10454396.jpg


曇りの天気予報だったけど、カンカン照りではない陽射しもあったし、気温も20℃弱で実に歩きやすい一日だった。なんとか初の皇居1周を歩き通せて満足であった。

by Koppe3T | 2013-05-26 10:51 | ウォーキング・散策 | Comments(2)  

14番目の月

ユーミンの曲に「14番目の月」と云うのがあった。
「つぎの夜から欠ける満月より、14番目の月がいちばん好き~~♪」である。


夕刻空を見上げて、今日は満月と思いきや、月齢を検索したら今夜が14番目の月で、明日が満月らしい007.gif

これは、昨日の月の出の1枚であるが、これは14番目の月ではなく13番目らしい。
f0233879_19322991.jpg



f0233879_19325959.jpg
夕日は「沈まぬ太陽」ぽい感じだったけど、明日はここ数日の暑さから開放されると云って良いほどの曇り空で20℃前後まで気温も下がるとの予報だ。
5月最後の週末、日光を浴びて有意義に過ごしたいものだ。

by Koppe3T | 2013-05-24 19:36 | 季節 | Comments(2)  

お散歩日和~志茂・赤羽

好天に恵まれた昨日は、「お散歩教室」の「志茂~赤羽」に参加だった。

まずは、志茂駅に集合し挨拶の後、スタート。

f0233879_10312124.jpg
志茂銀座・・・???、昔々はここいらの往還で賑わったのであろう道幅の「銀座」ですか~~??的な商店会の一画に祀られている「橋戸の子育て地蔵尊」である。ここで、志茂はその昔岩淵本宿の川下の村で「下村」と呼ばれていたことを知る。

西蓮寺の7体のお地蔵さん。
f0233879_103536.jpg
西蓮寺は弘安年間と云うから鎌倉時代の開創である。境内には、板碑が数多く残されている。
f0233879_1042910.jpg
鎌倉時代から江戸時代初期に盛んに建立されたと云う「板碑」。造立者の願いを刻んだ供養とひとつである塔婆であるが、先年少々学習した時の記録に、この板碑1基を現代のい価値に米の値段や賃金労働から計算すると、1500万円~2000万円だとういう。庶民には建立出来なかった代物である。

f0233879_10451117.jpg
境内は、真言宗のお寺さんということで、弘法大師さまが鎮座である。私も「南無大師遍照金剛」と唱えさせていただいた。

下村の鎮守であったという「熊野神社」。正和元年(1312年)の創建と云うことである。写真は旧本殿である阿夫利神社である。
f0233879_10495331.jpg


本殿前の狛犬。溶岩の上乗った親が溶岩中段にいる子を見つめる図が何とも珍しい。
f0233879_10523483.jpg


f0233879_111212.jpg
本日の目玉、「旧岩淵水門」通称「赤門」である。この地点から下流域の荒川を明治の後期から昭和5年の20年掛けて掘削して造った荒川放水路の隅田川との分岐の水門である。この荒川放水路の完成により隅田川流域の洪水が無くなった航跡は実に大きい。

f0233879_111562.jpg
荒川知水資料館には、当時の掘削の模様や道具類が展示されていて実に面白い。「治水」ではなく「知水」と云う命名が何とも意味深長である。
旧岩淵水門の島から少し下流域の現在の隅田川への水門(通称青門)を望む。
f0233879_11586.jpg


f0233879_11122445.jpg
荒川にかかるボードウォークから過去の水位上昇の記録を見学し「カスリーン台風」時の水位8.6mに一同言葉もない。その昔は「キャサリン台風と云っていたが、カスリーンが正しい発音らしい。私世代にはキャサリンの方が馴染みがいいのであるけど。
このあと、堤防下の河原でバーベキューを楽しんでいる皆さんの脇をお腹グーグー言わせながら「ビール~~!!」とか「出前BBQは何処にセットされてますか~~?」などなど、手前勝手な言葉を吐きながら荒川を後に(笑)。


f0233879_11195016.jpg
須佐之男尊を祀る神社「八雲神社」である。
f0233879_11203095.jpg
「岩淵町町名存続之碑」が残っており、住居表示に関する法律によりからくも「岩淵町」と云う由緒ある地名を残した住民の気概が伝わってきたな。


「赤羽越後屋」。昭和だね~~~。
f0233879_11233454.jpg



更に浄土宗の寺院「正光寺」、真言宗智山派寺院「大満寺」である。
正光寺では、10mの聖観世音菩薩にお参りだ。
f0233879_11315497.jpg



大満寺では、一瞬のうちに「四国霊場八十八箇所の巡礼ができてしまうという「お手かざし処」に参拝である。
f0233879_11321998.jpg
この大満寺の不動尊は成田山新勝寺から勧請したと云うことで、思わず「のまくさんまんだ~~。」の唱和であった。


f0233879_12558100.jpg
突然現れた「赤羽霊園」と云う名のお化け屋敷居酒屋。
呼び込み看板に「天井より生首落下、君は耐えられるか!座敷牢完備・妖怪料理有り!」とあったけど、入ってお酒を飲む気になりますか~~~~?(汗)。


こちらは、赤羽の真言宗寺院前に残されている江戸時代中期(元文5年、1740年)の道標であり、実に貴重なものである。
f0233879_11453376.jpg
「南 江戸道 東 川口善光寺道 日光岩付道」と記されている。交通の要衝だった赤羽なのである。


f0233879_1153582.jpg
最後に訪れたのはかつての岩淵郷の総鎮守である「赤羽八幡神社」である。延暦年間(782~806)の坂上田村麻呂の東征が始まりというから古刹も古刹、大古刹である。

f0233879_11545567.jpg
それが、今や神社の真下をトンネルで東北新幹線、埼京線が貫いているし、更に「関ジャニ∞」のファンが「下元8運お守り」を求めて多数集まると云う。通称「エイト神社」と呼ばれているらしい。
f0233879_11552145.jpg


まだまだ明るいうちにお散歩は終了。打ち上げに残られた15名様で、明るい内から日中の喉の渇きを癒して、楽しい会話に時間の過ぎるのを忘れてたな。
昨夜は何時もの倍近いお代わりをしたせいか、帰路の電車内では少々お疲れモードだったかもである。お酒は控えめにかな(笑)。

今回も、一緒に歩いて頂いた参加者の皆様と主催者に感謝である。

by Koppe3T | 2013-05-19 12:08 | ウォーキング・散策 | Comments(4)  

常陸 秋そば

今日で6連休になってしまったのであるが、今日も初夏の爽やかな陽気。
なれど、予定のない休日というのも面倒なものである。




f0233879_1741412.jpg
今日は、先日買求めていた「常陸秋そば」に挑戦だ。
田舎風太打ち仕立てと、蕎麦の色合いが粗挽き風なのに惹かれてお買い上げ~~だったのである。




f0233879_1743649.jpg
う~~~ん。我ながら美味く茹でれたと思ったんだけどな。
やはり、蕎麦は蕎麦屋で食べるに限りますね。


こちらは月曜日お店蕎麦(久呂麦)した時の「二八蕎麦とそら豆のかき揚」である。麺が実に短く、つるつる~~とすすれないのと蕎麦の風味が感じられず。こちらの蕎麦屋へのリピートはないであろう。あ~、美味い蕎麦が食べたい!!!。
f0233879_175592.jpg

by Koppe3T | 2013-05-16 17:11 | 日常 | Comments(2)  

今年のバス

水温も上昇してきて、バス・フィッシングのシーズン到来である。
先週の土曜日から5連休となってしまった私は、昨日今日と出勤の日より早起きして、行き慣れたフィッシング・ポイント巡りである。

昨日は、利根川沿いの水門がある場所へ。なれど、予報に反して寒い寒い。薄着で出てしまったのでボウズなれど早々に撤収だったな。
f0233879_1737592.jpg


今朝は、近場の野池巡りだ。ここは二つ目の釣りOKな公園の池である。他にも数人のバサーが居て情報交換するも。ここでもノー・ヒット。気温は高めなので、バイトがあってもいい感じなんだけどな~~。
f0233879_1738268.jpg

by Koppe3T | 2013-05-14 17:42 | 日常 | Comments(0)  

♪ ビリケンin おゆみ野

雨模様の今日は、ビリケンが久々に千葉に来ると云うので、おゆみ野までドライブだ。
f0233879_188126.jpg



f0233879_18102377.jpg
さて、2ヶ月ぶりに会うビリケンの二人は、今日も元気一杯!!。新曲の「いちびり数え唄」まで披露してくれた。

セトリは、
1.あるいてゆこう
2.Nagoriyuki
3.チュバチュバサンバ
4.花ことば
5.いちびり数え唄

会場のイオンの館内は、少々気温も高目でライブ中は手拍子や腕を振ったりで大汗かいてしまったな。

f0233879_18105243.jpg
ライブ後には、握手会に参加して、3月以来の再会のご挨拶をさせてもらってきた。

<いちびり数え唄>
ひとつ 人の気ひきたくて
ふたつ ふざけてハイテンション
みっつ みすみすスベっても
よっつ 世の中そんなもの
いつつ いつでも声かけて
むっつ むりくり元気だそう
七転び八起きだけじゃ生ぬるいぜ 百回起きる!



それにしても、今日は外気温20℃程度、雨も大粒な時間帯もあり、今日の「お散歩教室」参加の皆さんも雨の中、お疲れ~~だったかな。

by Koppe3T | 2013-05-11 18:13 | ビリケン | Comments(2)  

快晴微風・ノースショア

ここまで快晴微風でのラウンドは何年ぶりだろう? と思えるほどの実に爽やかないい天気だった。

今日は、1年ぶりに「ノース・ショアCC」でのラウンドだった。

f0233879_1854959.jpg
アウト1番 373ヤード パー4。 セカンドは残り175ヤード。ユーティリティで打ったショットが結果オーライで2オン。難なく(笑)パー ゲットのスタートだ。今日は、幸先が良さそうだ。

その後も、アイアン・ショットがまずまずで結構パー・オンが続くも3パットが2回あり、4パー、4ボギー、1ダブル・ボギーの43は、後半に望みが繋がる、今の私にしては納得だ。

ところが、お昼休みが1時間半。068.gifも頂きながらゆっくり食事するも、まだまだイン・コースに向かうには時間が有りすぎ(汗)。最近にしては、1時間半の休憩は中々経験ないな。待ちが長く、間延びしたな。


f0233879_1861083.jpg
インに入りバンカーに何度か掴まったり、後半か、突然の強風になったりで、結局パーは1つしかゲットできずで、ずるずる。後半の49は残念しごくだったな。

いずれにしても、このコースは距離やアップダウンも実にいい感じだ。リベンジしなくちゃである。

by Koppe3T | 2013-05-08 18:11 | ゴルフ | Comments(0)  

「こどもの日」

今日はこどもの日。
天気も風薫る5月~~~~!!!。

そもそも、この「こどもの日」は女の子の日だったらしいけど、武士が台頭し始めた鎌倉時代ごろから男子のお祭り日になったらしい。

朝の内に、生け垣の刈り込みを終えて、近くの公園で開催されていると云う「みらいまつり」へ。
f0233879_1816318.jpg


鯉のぼりは沢山吊られていたけれど、生憎今日は無風。元気の良い鯉が風にそよぐ絵は眺めることが出来なかった。
f0233879_18173622.jpg

それでも、実に沢山の子供達が元気に祭りに参加していたり、芝生で転がったり・・・。子供が沢山いる風景は元気が貰えたな。

f0233879_18185037.jpg
で、柏餅も食し、今年の「こどもの日」が過ぎていった。

by Koppe3T | 2013-05-05 18:19 | 季節 | Comments(0)