<   2013年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

品川~鈴ヶ森刑場

昨日は、梅雨の中休みの下、旧東海道を歩いてきた。片手には、江戸末期の切絵図持参である。

出発は、JR品川駅高輪口だ。この駅前、今は第一京浜が走り大都会の風景であるが、江戸末期の幕末は、足元まで江戸湾の波がきている「東海道」であったと思うと信じられない。

f0233879_93442100.jpg
その駅前のホテル群の国道沿いにちんまりと残されているのが、「高山神社」。およそ500年前の建立で当時は品川の浜が真下に打ち寄せる風光明媚な場所と記されていた。

f0233879_9173094.jpg
右手に岩崎家の別邸で現在は三菱開東閣がある石垣と鬱蒼とした森を右手に第一京浜を南下。目指すは、「御殿山」だ。文久年間に完成まじかのイギリス公使館を長州の高杉晋作や久坂玄随らが襲撃した、あの御殿山焼き討ち事件の場所である。
今は、ホテルラフォーレ東京や御殿山トラストタワーなどが立ち並んでいるが、それらの庭園が「御殿山庭園」として開放されている。
f0233879_9175632.jpg
さっそく、庭園を散策させてもらう。鬱蒼とした森と池の滝が素晴らしい。ただ、すぐ下を走るJR山手線や東海道線の列車の騒音が実にまじかに聞こえてくるんだよね。


f0233879_93637.jpg
御殿山を下り、JR線路の高架を渡り、京浜急行北品川駅方面へ。駅舎には寄らずに海方向へ進むと、旧東海道に出た。道幅は昔のままだと云う。商店街になっていて、FC東京のフラグが賑やかさを増幅してくれている。

f0233879_9361682.jpg
まずは、ここ旧東海道品川宿で有名な「土蔵相模」跡を見分だ。先ほどの「御殿山襲撃事件」の首謀者である高杉や久坂達がここの旅籠「土蔵相模」に集結して役割分担を決め出撃していったと云う場所である。


f0233879_942947.jpg
旧東海道から外れ、目黒川が江戸湾に流れ込んで砂州になっていた砂州の先端祀られていたと云う弁天様目指して海側へ。早々に現れたのは屋形船や乗合釣り船が沢山係留された水路だ。昔の海の面影がやっと感じられたな。

f0233879_9493327.jpg
水路にかかる橋を渡り南下すると、今は品川区立台場小学校の敷地になっている陸続きの台場跡だ。ここは、安政五年完成の五角形の台場で「御殿山下台場」と呼ばれたものとのことだ。写真の灯台は明治になってからの海上台場をモチーフらしい。下の石垣は当時のものと云うことだ。


f0233879_9561767.jpg
こちらは、昔の目黒川下流の砂州に祀られた弁天様の神社、「利田神社(かがたじんじゃ)」。江戸時代初期の沢庵和尚が弁財天を祀ったのが始まりとのことだ。
f0233879_957113.jpg
神社のすぐ脇は公園になっていて、クジラがオブジェなっている。「鯨塚」である。寛政10年、体長16メートルの鯨が江戸湾に迷い込んだのを漁師達が捕獲、鯨は浜御殿へ運ばれ時の十一代将軍家斉に上覧したと云う。


旧東海道に戻り、の品川宿を南下だ。あちこちに雰囲気のあるお店もあり、歩いていても飽きない。
f0233879_9364195.jpg

f0233879_9365916.jpg
f0233879_9372066.jpg






f0233879_10124219.jpg
f0233879_1013286.jpg
北品川宿と南品川宿の境目あたりにあったのが、「品川宿本陣」。跡地だったことの碑のみだが、明治元年(1868年)明治天皇が京都から東京入りする際に行在所として使われたことから、今は「聖蹟公園」として残されている。



f0233879_11525431.jpg
旧東海道から外れ、第一京浜沿いの「品川神社」へ。ここは、文治3年(1187年)源頼朝が安房の須崎神社を歓請したのが創始という。結構急な高台である。

f0233879_10281088.jpg
登り切った左には「浅間神社」が祀られ、今世界遺産で話題の富士山の富士塚がある。早速、富士講よろしく富士登山だ。見晴らしはいい。下に京浜急行の電車が通過だ。
f0233879_10282412.jpg




f0233879_10385100.jpg
f0233879_10382586.jpg
この品川神社の境内奥に「板垣退助」一族のお墓があるというので訪ねた。自由民権運動で有名な「板垣死すとも 自由は死せず」の碑の傍に夫婦で眠っておられた。

f0233879_10394574.jpg
更に山手通りを内陸へ進み、JR東海道線高架を潜った所にあったのが、明治6年東海寺境内に設立されたという「官営品川硝子製作所」跡である。近代硝子工業発祥の地なのである。

f0233879_10433929.jpg
この硝子製作所跡地の細い道を上ると「東海寺」の墓所が残っている。著名人のお墓も残っているようだが、こちらは江戸初期の禅師沢庵和尚のお墓だ。国指定史跡である。


f0233879_10495698.jpg
右手に目黒川を眺めながら川沿いの道を旧東海道へ。これは目黒川に懸かる「品川橋」だ。この橋が北品川と南品川を分けていたとのことだ。

南品川宿へ入ると、街道沿いには神社仏閣が左右に沢山見て取れる。
f0233879_1059342.jpg
それらの中で目立つのが、この「品川寺(ほんせんじ)」である。品川宿の地名の由来になったという品川寺。
入ってすぐに地蔵菩薩像がある。江戸六地蔵と呼ばれれ座像の一つということだ。
f0233879_10595198.jpg
f0233879_110988.jpg

更に境内には庚申塔なども建ち歴史を感じさせてくれる佇まいである。


f0233879_116068.jpg
品川寺の向いに残っているのが建場茶屋の「釜屋」跡である。慶応3年、新撰組となる土方歳三ら一行が京へ向う時に、この釜屋で食事をしたという。跡地には、新撰組に山形隊旗模様を模した案内版に土方歳三の写真が当時を偲ばせてくれていた。

鮫洲駅手前から旧東海道を外れ山側へ。大井公園内に第15第土佐藩主の「山内容堂」公の墓所があるというので訪ねた。小高い大井公園内の小学校の敷地内にあったこの墓所、墓所までの階段が半分崩れていたり、半端ない荒れ様だった。
f0233879_11454074.jpg

また墓標が埋葬地点からわざとずらして立ててあるところなどが、「酔いどれ公」として有名なエピソードのお殿様だったのかなと推察だ。

f0233879_1182950.jpg
街道に戻り、この南品川宿は昭和の面影を残すお店が散見されたな。こちらの畳屋さん街道に面した仕事場と店前のスーパー・カブ。まるっきり昭和である。
f0233879_1185496.jpg
またこちらの株式会社は、何屋さんかは不明だが、外観がなんとも風情があります。

更に旧東海道を南下し、京急立会川駅近くへ。
f0233879_1115361.jpg
ここには、幕末のころ土佐藩の品川下屋敷があり、当時江戸へ剣術留学中だった坂本龍馬も度々あしを運んだとのことで、駅前の児童公園には「龍馬像」が立っている。この像の辺りが土佐藩品川下屋敷の表門だったと云う。

f0233879_1120932.jpg
立会川を下流に少し歩いた所にあるのが、土佐藩抱屋敷に築かれた浜川砲台の跡地だ。今は案内板と当時使われたという石が数個並べてあるのみだ。
f0233879_11203376.jpg
運河の向こうの倉庫群の外壁に「竜馬」の絵が漫画チックに描かれているのが楽しい。


f0233879_1125479.jpg
さて、これが立会川に架かる「浜川橋」で、江戸時代は「涙橋」と呼ばれ、江戸で死罪ほ沙汰がでた罪人が鈴ヶ森刑場で処刑されるとき、縁者はこの橋の袂で別れを告げたという。


f0233879_11292262.jpg
さて更に歩いて、最後の目的地「鈴ヶ森刑場である。慶安4年に開かれた刑場で、磔台跡や火炙台跡、首洗い井など生々しい。八百屋お七や数々の有名咎人がここで処刑されている。
f0233879_11322225.jpg



結構な距離数だったけど、品川高輪口から鈴ヶ森まで全行程約8キロを歩き通せた。街道沿いには歴史的なポイントも多々あり、旧東海道の雰囲気を十分味わうことができ大・満・足なコースであった。
[PR]

by Koppe3T | 2013-06-30 11:53 | ウォーキング・散策 | Comments(2)  

ラフォーレ&松尾

最高外気温24℃曇りの今日は、地域のゴルフ・コンペで「ラフォーレ&松尾ゴルフ倶楽部」へ。
天気予報では、パラっと小雨も覚悟して出かけたけど、そこは日頃の行い(笑)、曇り微風とこの時期としては絶好のラウンド日和だったかな。

ここは、山武杉で有名なエリアで、コースサイドには、立派な杉が林立のコースなのである。
f0233879_17495997.jpg


さて、今日のコンペは7組26名のまずまずの参加者のコンペで、しかもレディ2名を含む1組目スタート。


先週。100叩きしていたので、今日は力みしないスイングに徹し、朝一323ヤード パー4は、残り110ヤードほどのセカンドが2ピンほどに寄り、難なくパーの発進だ。
続く2番、150ヤード パー3。パー・オンはするものの、3パットのボギー。
3番、4番 ボギーなるも、5、6、7番と3連続パー・・・・。 
結局、前半は6オーバーの「42」。
これなら、目標の80台は何とかなりそう。


f0233879_17501939.jpg
後半、531ヤード パー5。Tショットが今一なるも、残り185ヤードをウッドで1ピンに寄せて、パー。
良かったのはここまで(汗)。続く316ヤード パー4で、3パットのボギーが出てからはズルズルとダボが続き、結局3パット4回もあったりで、パーは2個しか取れず。上がってみれば「50」。007.gif
トータル92か(汗)。どうもこのところ、バック9の締りが無くなってきているな。


それでも、今日はコンペでもあり、10位の飛び賞をしっかりゲットしてのご帰還であった(笑)。
[PR]

by Koppe3T | 2013-06-24 17:54 | ゴルフ | Comments(0)  

「今でしょ!!」

昨日、二十四節季の夏至を迎え、ついに「夏」に入りました。
昨日までの梅雨空も今日は、朝から雨なしそよ風曇りと、絶好の屋外での無線運用日和だ。


上空の電離層が活発になるのはこの時期で、国内はもちろん東南アジアをはじめ豪州、米国とも繋がってしまうスポラディックE層という電離層の発生を期待して、無線機持参で近くの公園へ。このスポラディックE層による電波伝搬を楽しむなら、「今でしょ!」。



6エレメントのアンテナを組み立て、8メートルほどの高さに上げて、西向きビームで電波を出すも応答が今一だ。期待の電離層も今日は活性が低い。
f0233879_19301620.jpg



もしやと思い、アンテナを南(伊豆諸島方向)に向けて、「CQ CQ」。
すると、呼ばれる呼ばれる。通称「スキャッター」と云う電離層の異常反射による電波伝搬である。
アンテナは南向きなのに、北西の新潟県からや真西の香川県の局からのコールに、にんまりであった。
f0233879_19305479.jpg



昼頃には青空も広がり、パラソル広げた今日の緑広がる公園には「ムクドリ」も集団で舞い降りてのどかだったな。
f0233879_19311178.jpg
f0233879_19312453.jpg

呼んで頂いた多くの無線局に感謝である。


夕方帰宅すると、娘が業務を終えて久しぶりの帰宅だった。手には1週間遅れの「父の日プレゼント」が。
今夜は、早々にこの山崎12年のオンザロックを楽しませてもらった。国産では大好きなウイスキーの一つなのである。
f0233879_19343252.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2013-06-22 19:41 | 無線・釣り | Comments(0)  

佐原カントリー

今日は、1年半ぶりに佐原カントリークラブ(旧佐原スプリングス)へ。

f0233879_17183865.jpg
まずは、クラブ・ハウスからの上り9番、18番の名門ホールを眺めてからのスタートだ。
天気は少々蒸し暑いなれど、薄曇り、微風。ラウンドには絶好なコンディションである。



なれど、今日はドライバーとアイアンとパターが、全く噛み合わない。


スタート アウト1番 370ヤードから5オン、2パットのダブル・ボギー発進は痛い。
その後もパー・オンするも3パットだったり、149ヤードのショート・ホールでは痛恨の池ポチャ。やっとパーが来たのは8番ホール。リズムに乗るには遅すぎで、名物ホールの池越え9番では難なく池越えで望みを繋ぐも上がってみれば、ボギー。結局50オーバーの51だ。100切りも危うい状況だ。
f0233879_17181853.jpg



気を入れなおしてのバック9。Tグランドには、何故かこんなモアイ像みたいのがお見送り。
f0233879_1720362.jpg



後半も波に乗れず、ダボからのスタートで、13番165ヤード パー3は3方が池と云う見た目にもプレッシャーのかかるショート・ホール。あと1ヤード飛距離が足らず池ポチャ(汗)。
f0233879_17251527.jpg


結局、後半もパーが来たのはラス前の17番 336ヤード パー4のみ。で、後半52。
う~~~ん、90の切り方忘れてしまった今日のラウンドであった。
来週に向けて、明日は特訓だな。
[PR]

by Koppe3T | 2013-06-18 17:25 | ゴルフ | Comments(0)  

「二重橋前~京橋」

一部では大変天気予報に一喜一憂していた天候も、日差しがあるほどの天候で絶好のお散歩日和となった昨日は、東京駅周辺の「二重橋前~京橋」の散策に参加だった。

同好の参加者とのお誘いが2ヵ月ぶりに実現し、まずは11時過ぎに3人で事前集合し、目指すは「ビフォー・ランチ」。麺類が好きな同好者でもあり、昨日はTOKIA地下1Fにある「つるとんたん」へ。
11時20分頃だったけど、店の前にはすでの10数人が列を作って入店待ち。待つこと20分ほどで着席だった。
f0233879_1362168.jpg
オーダーは、蒸し暑い日でもあったので、冷うどんの「徳島産すだち うどん」だ。1玉、2玉、3玉セレクト自由で値段は同じというのが嬉しい。私は2玉をオーダー。
腰もしっかりしてたし、すだちの香りも美味。歩く前の腹ごしらえとしては、完璧だったな。

f0233879_13101218.jpg
さて全員集合は、行幸通りの地下にある「行幸ギャラリー」前だ。2007年に開通したこの地下道には、皇居や東京駅周辺の美しい写真が展示されていて、見てるだけでも楽しい。

f0233879_13133112.jpg
で地上に出ると、皇居と東京駅中央口の皇室専用出入口を結ぶ「行幸通り」だ。天皇陛下が行幸する時に馬車または専用車両でお通りになられる通りと云うことである。

f0233879_13222286.jpg
反対側を向くと、昨年10月に復原完成となった「東京駅丸の内駅舎」である。大正3年竣工で昭和20年の戦災でドームと屋根が消失し2階建てであったのを、この度原型に戻すと云う大工事にて「復原」したという。復元ではなく復原とい意味合いが素晴らしい。外観もしかり、ドーム内の装飾も実に美しい。
f0233879_13224816.jpg
北口ドームの内装。

f0233879_13265272.jpg
しかも、最先端の「免振設備」も備えているのである。この免振設備が垣間見れる場所では、免振構造を学問され今現役でその業務に携わっている実にフレッシュな会員さんから詳しい構造説明も飛び出し、分かりやすい説明に会員一同大納得だった。

f0233879_13313693.jpg
こちらは、丸の内南口眼前に今年の3月にオープンした「KITTE」である。旧東京中央郵便局局舎の再開発再生商業施設である。中身はまるっきり別物ではあるが、外観は私が初上京した頃の東京中央郵便局の面影を実によく残してくれている。
こちらが内部の巨大な吹き抜け空間だ。
f0233879_1333353.jpg


今回は、2F 3F に設けられた「インターメディアテク」(JPタワー学術文化総合ミュージアム)をも見学だ。
東京大学が明治10年以来に蓄積してきた学術標本などが多岐に亘って展示されている。これが無料で見学できてしまうのが嬉しい。残念ながら「写真撮影はご遠慮ください。」なのである。2~3時居ても飽きない展示数であったな。

f0233879_13444552.jpg
KITTE 4Fに保存されている、旧東京中央郵便局長室より東京駅丸の内駅舎を望む。


6F KITTEガーデンからの丸の内駅舎の眺め。この位置角度からの眺めがベスト・ポイントである。
f0233879_13532322.jpg


f0233879_13495731.jpg
丸の内にある明治27年建築の「三菱一号館」の復元煉瓦造りビルである。内部には歴史資料室もあり無料で見学出来てしまうのが嬉しい。

でこちらは、中庭の佇まいだ。実に美しい。
f0233879_13534675.jpg



f0233879_1405416.jpg
こちらが、昭和9年竣工で今でも明治生命が現役で使っている重要文化財である「明治生命館」である。戦後GHQ(連合国最高司令官総司令部)に接収され昭和31年までアメリカ極東司令部が使用していたのが有名である。土日だけ無料で見学できちゃうのも嬉しいことである。

内部は、重厚な会議室、応接室、食堂などが昭和初期の古典的雰囲気を存分に堪能させてくれる造りになっていたな。
f0233879_1433555.jpg
f0233879_1442724.jpg
f0233879_1445658.jpg

床の大理石には、2億年前といわれるジュラ紀のアンモナイトの化石まで。
f0233879_1472255.jpg



f0233879_14111539.jpg
巨大な内部装飾品を取り払った船の中に迷い込んだような感覚になる平成9年開館の「東京国際フォーラム」の内部である。ここに新宿副都心へ移転する前のの東京都庁だあったんだよな。

有楽町駅近くのJR山手線ガード下を潜って「有楽町で逢いましょう~♪}などとく口ずさみながら「東京交通会館へ。
f0233879_14164173.jpg
ここでは各地方のアンテナ・ショップが入店しており、我々は一目散に「THE・博多」へ。
f0233879_14172428.jpg
目当ては「あまおうソフト」だ。あまおう苺のほのかな甘さとソフトクリームが絶妙なマッチングで、あっという間に完食(笑)。

f0233879_14322711.jpg
高知のアンテナ・ショップには今流行りのゆるキャラでしょうか?「ショウガ君」が。高知県名産のショウガをモチーフしているようで、「しょうがソフト」のキャンペーン中でした。¥300/個なり。「あまおうソフト」を食べたばかりで、2個目は食すことが出来ず、残念。


f0233879_1435518.jpg
こちらは、江戸時代初期に開削された京橋川で、昭和38年までは川であった京橋川に架けられていた「京橋」の欄干親柱。京橋川沿いにはいろいろな河岸が発達していた商人町だったんだよね。

最後に立ち寄ったのは「警察博物館」明治初期の川路警視正による「警視庁」の創設以来の歴史、制服変遷、警察軍楽隊などなどが展示説明されている。警官好きには外せない館である。
私は、1Fに展示されていた警視庁が昭和30年代に使っていたとうヘリコプターに釘付けだ。内部にはエンジン計器や高度計などもそのまま残っていて、垂涎ものだったな。外部には高度、速度を表示する為に航空機には必ずついているピトー・チューブもついていて、嬉しくなってキャプテン・シートにも座らせて頂いた。
f0233879_14382268.jpg
f0233879_14384399.jpg


これで、お散歩は終了。有志で東京駅八重洲口まで戻り、明るい内から打ち上げと称しての飲み会だ。
日中は実に蒸し暑かったし、3時頃から「のど越し1杯!!。」と参加者同士で話題にしていただけあって、ビールでの乾杯が実に喉に嬉しかったな。

f0233879_14454370.jpg
解散後、参加者3人でもう一度「丸の内駅舎」の夜景を見ようと、KITTE 6Fのガーデンへ。夜のそよ風が良い覚ましに心地良かったし、ドームがブルーにライトアップされた駅舎を眺めながら出発・到着する新幹線や山手線の出入りに時間が経つのを忘れるほどであった。
[PR]

by Koppe3T | 2013-06-16 14:49 | ウォーキング・散策 | Comments(8)  

紫陽花、真っ盛り。

いかにも梅雨らしいしとしと雨の気候の今日は、近くの公園へ。
外気温も20℃前後で過ごしやすい。

f0233879_19375073.jpg
しばし散策すると、雨にしっとり濡れた紫陽花が実に鮮やかに咲き誇っていた。
携帯カメラでこの色が出てるので、カメラ持参でなかったのがくやまれた。


周りの紫陽花は満開の時期なのに、我が家の紫陽花は蕾もついてない。葉っぱだけがでっかくなっているばかりだ(汗)。「今年も咲かない我が家の紫陽花」である。
[PR]

by Koppe3T | 2013-06-12 19:38 | 季節 | Comments(2)  

梅雨入り

今日は、暦の上での「梅雨入り」日である。先月の梅雨入り後、梅雨らしい日は数日しかなかったから。やはり暦通りが本物かもである。
朝からどんより梅雨空で、夕方には雨も降り出し実に梅雨らしい。あちこちの紫陽花も実に瑞々しい。


f0233879_210219.jpg
そんな中、今日の勤務は急遽休みになっていたので、目覚め早々に毎度のバス・フィッシングへ。
この時期のバスは活性が高いせいか、キャスティング2投目24センチがヒットだった。
数日前の41センチに比べると引きも今一だったけど、ゲットはゲットである。

更に同じポイントで、似たようなサイズをゲットだ。
2本も上げれば、大納得。早々に竿納であった。


f0233879_20575467.jpg
で、今夕は「父の日」を1週間間違えていたとかで一昨日帰宅した息子持参の「赤霧島」で乾杯だ。
日頃は、パックの「黒霧島」を飲んでいるのであるが、「赤霧島」は流石に焼酎らしい味わいである。

それにしても、台風3号の動きが不気味である。
この週末は月に1度の東京ウォークの日なのである。どうか大雨になりませんように(祈)。
[PR]

by Koppe3T | 2013-06-11 18:21 | 季節 | Comments(4)  

W杯

昨夜のW杯アジア最終予選。興奮したな~~~!。

顔ぶれが世界で大活躍の面々がずらりと揃っていたけど、立ち上がりかなり突っ込まれたけど、その後は優勢にボール・キープして試合を進めるものの、後半フワッとセンタリングしたボールがまさかのゴール・インで先行される。

しかし、神は見放さなかった。いい時間帯にゲットしたPK。汗だくの本田が真ん中に決めてくれた。引き分けを確信したシーンだったな。
昔、息子がサッカー・チームに入って各地に試合に行っていた時、このPKを決めれば「勝ち!!」の1球を決めた時の顔面緊張した息子の顔を思い出していた。

おめでとう!!!、ワールドカップ本選出場!!。
f0233879_819277.jpg



ビック・マウスと云われた本田であるが、決める時には決める。結果がすべてだからね。


余韻をかって、今朝は4時起きしてビック・マウスならぬ、「ラージマウス・バス」フィッシングへ。
さすがにシーズン真っ盛り。ポイントに着いて3投目にガツンときたねぇ~。
久々のビッグな引きとファイトして、ゲットしたのは41センチのでっぷり重いサイズだった。
f0233879_21193842.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2013-06-05 08:24 | 季節 | Comments(2)  

Windows8 来る!!

本日、我が家に「Windows8」搭載の新パソコンがやってきた。

f0233879_203347.jpg
実は、我が家のPCはWindows XP だったのである。スピードは遅いし、時々フリーズしたりだったけど、長らく愛用のPCでありこよなく愛用していたのである。

しかし、Windows XP のサポートも来年3月末で終了と云うことなので、新PCへの更新となった。


今日届いたこのPC。早い!!!早い。ストレス 0で動いてくれるのが、なんとも嬉しい。


ただし、OSがWindows8なのである。
スタート画面やらタイルやら新しい方式も沢山盛り込まれていて、慣れるまでが大変かな。
そんでも、今日インターネットとメール環境までは設定終えたので、後はぼちぼち追加設定していきながら慣れることにしましょう。
早速、新PCからのブログである。
[PR]

by Koppe3T | 2013-06-03 20:06 | 日常 | Comments(4)  

梅雨の晴れ間に

今日から6月。梅雨の月間である。

水曜日に梅雨入りした関東地方ではあるが、梅雨空は翌日まで。
昨日は、からりと晴れて梅雨の晴れ間が気持ちよかった。
f0233879_8195869.jpg


今朝は日の出とともにロッド持参で、今年何回目かのバス:フィッシングへ。
しかし、今朝は外気温14℃。寒めだ。


印旛沼周辺を何度かロケ・チェンジの後、葦の間にキャスティングした1投に来た~~~~!。
サイズは、小振りな25センチだったけど、実に2年ぶりのご対面だったな。
f0233879_81851100.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2013-06-01 08:21 | 季節 | Comments(2)