<   2013年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

お空は「秋空」だね。

暑い暑いと喚いていた今年の猛暑の夏だったけど、今日は朝から涼しい感じ。

日中でも木陰に居れば、そよ風もあり「真夏~~!!」と云う感じではなくて過ごしやすかったな。

f0233879_1716379.jpg
お空を見れば絹雲だし、本格的「秋」はすぐそこに来てるな。
好きな文庫本持参で、「野原で読書」ももうすぐ可能な季節である。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-28 17:17 | 季節 | Comments(0)  

じゃじゃ~ん!!

6月下旬からトライしていた「中型自動車免許」の限定解除。本日、合格!!!!。
f0233879_189150.jpg


今の職場で話題になり、そんなら「限定解除」しちゃおうか!!から始まった幕張運転試験場詣で(笑)。

他の2名は先月までに合格していたのだが、私だけが遅れていた。

44年間無事故無違反の私ではあるが、試験場コースでの試験はそれこそウン十年ぶり。しかも中型車両を運転しての、「方向転換」、「クランク」、「S字」、「隘路」、「道端停車」などの課題をクリアーするには、日頃普通乗用自動車しかもAT車しか運転してない私には難しかったな。車幅や内輪差の慣れ以外のなにものでもないである。


それでも、目標回数+数回で合格出来て、良かった。
これで、明日から職場での業務範囲も広がるし、単価もアップである。

<中型免許>車両総重量 11トン未満、乗車定員29人以下
平成19年の道路交通法改正で新しく追加された中型免許であり、それまで普通免許保持者は「中型車は中型車(8t)に限る」との条件が附けられていたのだが、明日以降は総重量11トン未満、乗車定員29人以下の車両まで運転可ということになる。

で、今夕は明るいうちからビールで乾杯(笑)。
f0233879_1892029.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2013-08-27 18:12 | 徒然なること | Comments(4)  

野毛山~みなとみらい散歩

昨夕は、遠出をして横浜は野毛山~みなとみらいのお散歩に参加だった。
この酷暑の真夏と云うことで、恒例の夕方からの散歩企画なのである。


早めに到着だったので、若かりし頃気負って飲みに来ていた「伊勢佐木町」界隈を散策。イセザキ・モールも健在だ。ビル群は古びていて、かつての賑わいは見れなかったけどね。
f0233879_12372445.jpg

更に日の出町駅の前を東京湾へ流れ込む大岡川だ。
f0233879_1237424.jpg


さて、京急日ノ出町を出発したあとは、「天神山土取場跡」だ。
江戸時代初期の頃、大岡川が江戸湾に流れ込む河口周辺を埋め立てて新田開発した時の土取り場のひとつとのことだ。登りの階段の急さに最初から大汗だった。
f0233879_1330195.jpg


登り切った住宅街の一画にあるのが、「横浜迎賓館」だったと云う「セントジェームス倶楽部」である。今は民営化され結婚式場として運営されているとのことだ。
f0233879_12451885.jpg


坂を登りきると「野毛山公園」だ。横浜市西区の公園である。明治時代は豪商達の別邸が立ち並んでいたとのことだが、今は都市防災の観点から広く市民の憩いの場として公園になったらしい。
f0233879_12515390.jpg

頂上の展望台からの眺望はみなとみらいのランドマーク・タワーや横浜ベイブリッジ、鶴見翼橋、横浜ポート・タワー。山手の「港の見える丘公園」などはじめ、遠く房総半島の山々が遠望できる。
f0233879_12561564.jpg


園内には、野毛山貯水場跡があり、明治時代に遠く相模川からこの地まで上水道を引いた英国人の銅像やその時の建設とトロッコのルートなどが記されていた。このトロッコは、今の相模鉄道の前進なのである。
f0233879_12563272.jpg



さて、今回のメイン・エベントのひとつである「野毛山動物園」だ。
昭和26年開園の横浜市立動物園であるが、なんと入場無料と云うのが素晴らしい。
f0233879_1324227.jpg


園内は結構広く、レッサーパンダ、アムール・トラ、キリン、チンパンジーはじめ爬虫類まで多くの動物が楽しませてくれる。しかも夏週末は「ナイトのげやま」と称して夜もオープンしているのが素晴らしい。
f0233879_1313927.jpg


園内は時間的にも薄暗く、可愛い動物達をカメラに収めるのが難しかったけど、中でもシャイなキリンさん。
f0233879_133849.jpg


青森育ちで、37歳(人間では100歳)という超高齢なラクダの「ツガル」さん。最近は、常この状態で座り込んで半分寝ているとのことだ。
f0233879_1353359.jpg


こちらは爬虫類エリアの「ヨウスコウワニ」だ。
f0233879_1383381.jpg



なかよし広場では、愛らしいモルモットさんにタッチして癒されました。
f0233879_1365635.jpg


ここで突然の夕立ち!!。雨脚も半端なく、約30分たまたま屋根のある休憩エリアで雨が上がるのを待つはめに。
f0233879_13101433.jpg


雨があがったので、一部ルートを変更し、野毛山を下山だ。途中、成田山新勝寺の横浜別院に立ち寄るも、平成27年に向けて本堂建て替え工事中で、本堂エリアは更地だった。完成が楽しみである。
f0233879_1314085.jpg



横浜みなとみらい21地区である。ランドマーク・タワーはじめ帆船練習船「日本丸」、コスモ・ワールドなど、いかにも横浜~~~!!的なエリアである。
f0233879_1317068.jpg
f0233879_13171621.jpg
f0233879_13184692.jpg


最後に桜木町駅に戻り、お散歩終了・解散。
日本初の鉄道「新橋-横浜」が開通した時の「横浜」駅であることは有名であるが、今日見た「桜木町」駅にその面影は微塵も無かったな。
一緒に歩いて頂いた皆様、ありがとうございました。

その後の打ち上げも参加し、楽しかった今日のお散歩話題で盛り上がり、終電1本前で帰路に着いたのであった。それにしても、横浜は電車だと、遠い(笑)イメージが更に高まった感である。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-25 13:30 | ウォーキング・散策 | Comments(2)  

「生麦と言えば」

「生麦」と云えば、誰でも知っているであろう「生麦事件」だ。
昨日は、横浜方面へ向かう予定があったので、京浜急行「生麦駅」下車だ。
f0233879_9581373.jpg


駅を降りて、第一京浜道路方面へ向う、更に東京湾方向へ歩くと、キリンビール横浜工場の正面入り口にぶつかる。この細い道が「旧東海道」である。
f0233879_9583158.jpg
f0233879_9591155.jpg


ここから江戸方面へ300メートルほど歩いた所が、「生麦事件」発生地である。
f0233879_9593647.jpg
今や落ち着いた住宅街であり、このような案内板がなければ通り過ぎてしまうであろう。実際、私はこの場所が見つけられずに、近所のおじさんに尋ねて、やっと辿り着けたのである。
f0233879_100935.jpg


事件現場から横浜方面へ600mほど歩いたところにあるこの碑は、生麦事件で薩摩藩士に切られ横浜方面へ逃れようと馬を走らせた英国商人リチャードソンがこのあたりで落命した場所とのことだ。明治16年建立の碑である。
f0233879_1004328.jpg
f0233879_101697.jpg


<生麦事件>
文久2年(1862年)8月21日、薩摩藩主の父「島津久光」公の行列が生麦村を通行中、横浜から馬に乗って休日の郊外散策を楽しんでいた4人の外国人が、この大名行列に紛れ込んでしまい、下馬しなかったことから、薩摩の警護武士に切られてしまった事件である。幕末の動乱期に発生した外国人殺傷事件であり、賠償問題や鹿児島湾で行われた「薩英戦争」にまで発展した、幕末の国内外の政治外交に多大な影響を与えた事件である。





さて、生麦の歴史探訪はここまでにして、次のメインイベントは「キリン横浜工場」の見学会である。

キリン横浜ビアビレッジは、京急生麦駅から徒歩10分ほどの距離だ。
f0233879_10265173.jpg

まずは、スプリング・バレーと名付けられたガーデン散策。蝉の鳴き声も激しい。
f0233879_10271234.jpg


見学の入り口は、世界のキリンらしく重厚だ。
f0233879_10273875.jpg

今日は「一番搾りフローズン<生>」の見学会なので、普段はこのフローズン生を置いてある居酒屋さんなどでしか飲めない「一番搾りフローズン生」が最後に飲める!!!のが売りなのである。
f0233879_1028619.jpg


まずは、ツアーコンダクターのお姉さまに引率されて、工場内へ。原料の「麦芽」「ホップ」「水」の3要素の原料説明から。厳選させた原料が一番大事らしい。
f0233879_10282171.jpg


続いて発芽・仕込の釜見学。でかい。
f0233879_10302783.jpg


その後約1週間の発酵・1~2か月の貯蔵の後、ビン・缶・樽に詰められ出荷になるとのことだ。
f0233879_1033026.jpg
f0233879_1052010.jpg


最後のキリンビールの歴史コーナーでは、明治3年(1870年)の国産ビール発祥からが紐解かれていた。
目についたのは、先日日米通算4000本安打で、世界の野球熱を熱くしてくれた「イチロー」がキリンCM時の直筆サイン。やはり、格好いいね。
f0233879_10383210.jpg


見学会最後に、お待ちかね~~~(笑)試飲会だ。
f0233879_10481950.jpg

まずは、「一番搾りフローズン生」を頂く。ビールのうま味を逃がさないためのブラス上部の泡がマイナス5℃のフローズン状態であるところがみそとのことだ。しかも、この泡は30分間融けずにいてくれるらしい。

計3杯まで試飲できるので、通称黒ビールと云われる「一番搾りスタウト」と最後に通常の「一番搾り」を頂いて、見学会終了と相成った。ごちそうさまでした。

最後に、キリンビール創業当時を連想させてくれるパブ ブルワリー「スプリングバレー」で昼食。こちらのメニューもビールによく合う美味だったな。
f0233879_10485637.jpg
 
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-25 10:52 | ウォーキング・散策 | Comments(2)  

「処暑」

今日は二十四節気の「処暑(ショショ)」。
暦の上では、暑さが和らぐ頃で、昼間は暑い日なるも朝晩は涼しい風がふき気持ちの良い時期と云われている。

なれど、今年は全く当てはまらないところが辛い。
今日も、最高気温は31℃近くまで上がっていたし、この時間帯でも26℃。まだまだ暑く蒸し暑い。
処暑と云うのは憚れる気候であるな。

さあて、明日は浜の風を浴びて散策の予定である。今日みたいな雷雨に見舞われませんように。



f0233879_21105193.jpg
こちらは、最近更新したパソコン用プリンターである。幅も狭くなっているし、印字用の紙類もまるでレーザー・プリンターの様に内臓出来るので、背中に立てておくこともない。しかも2トレイ持っているので、A4サイズとハガキサイズなど事前にセットしておくことが出来るのが嬉しい。

f0233879_21264791.jpg
しかも、この外観の状態からプリンターへ出力すると、勝手に手前のLCD部分が開き印字済みの紙がトレイに出てくるあたりは、レーザープリンターみたいだ。しかも印字速度も前のインク・ジェット・プリンターより格段に速いのも嬉しい仕様である。

また。スキャナー機能もあるので、いろいろなものもコピー出来ちゃうのもうれしい。インク・ジェット・プリンターも進化しているのを感じた逸品である。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-23 21:13 | 季節 | Comments(0)  

猛暑なれど。

今日も最高気温は33℃。
連日の猛暑なれど、夕方のお空には秋っぽい「絹雲」がたなびく。
f0233879_18232854.jpg


家の周りの栗畑を散策してると、夕方なれども「アブラゼミ」の鳴き声が「夏も終わり~~~、じぇ、じぇ、じぁ~~」と聞こえてた(笑)。
f0233879_18234270.jpg


栗の木の向こうの東の空には月の出だ。
f0233879_1823572.jpg

秋はもうすぐそこだね(←強い願望である)。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-17 18:29 | 季節 | Comments(2)  

避暑へ

先日の40℃に「近い気温ではないものの、今日も朝から晴れて暑い。
朝のうちに雑用を済ませ、向かったのは私の避暑地だ。

ここは、冷暖房完備なので、終日快適に過ごせる(笑)。


今日は、Cafeでホット・コーヒーを頂きながら、一人読書。
今日も、ありがとうございました。
f0233879_19403670.jpg


さあて、旧盆で列島内は民族の大移動並びに海外ツアーなどなど、現実から遠くへ行っていた方々もそろそろBack Homeの時期だ。明日の業務も多忙に違いない。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-14 19:40 | 日常 | Comments(0)  

いや~、惜しい。

暦の上では「立秋」の今日、最高外気温32℃のもと2組でのラウンドは大汗かきつつも、楽しいラウンドだった。
今日のコースは、霞ヶ浦の南の丘陵に広がる「桜ゴルフ倶楽部」だ。
3年ぶりの当コースである。


西コース1番 パー5からのスタートは4オン、 1パットのパー発進だ003.gif
続く2番 140ヤード パー3では、1オンしなかったけっれども、寄せワンでパー。幸先良いスタートである。


落とし穴は、ここ4番 402ヤード パー4。 3オンも出来ず、4オン 2パットのダブル・ボギーは残念007.gif
f0233879_1720118.jpg


こちらは5番 160ヤード パー3。 池越えの打ち下ろしなので、距離感が難しい。
f0233879_17202666.jpg


f0233879_17205232.jpg
<前半の上りホール 525ヤード パー5>結局、前半は5パーをゲットするも、出入りが激しく「42」(パット 14)。
今日こそは久々に80台確保???と期待高まる。


後半の東1番 372ヤード パー4だ。この桜ゴルフ倶楽部は老舗のコースでもあり、各ホールが有名プロ・ゴルファーの設計によるとのことで、東1番は、かの「林 由郎」プロの設計とのことだ。
f0233879_17281690.jpg

名門安孫子CCのキャディから身を起こし、戦後の日本ゴルフ界の重鎮である林プロである。青木プロや飯合プロの師匠でもある。
アプローチの名手であり、ビギナーの頃は良く林プロのレッスン番組を見させてもらったな。

f0233879_1737463.jpg
後半のスタートが、3オン 3パットのダブル・ボギー発進は痛い。
後半、中々パーも来ず、ズルズルと大叩き。結局48(パット 17)。今回も”I 'll be back."の80台は1打及ばず、次回に見送りだ(涙)。

それでも、ドライバーを一つ前の秘蔵品に戻してのラウンドは、手応え大有り。次回こそ"I'll be back."と云わせてもらおう。

そうそう、2組ラウンドであったので、幹事さんがプランしてくれた「新ぺリア・コンペ」では、HDCPを掘り当てて見事に優勝だった(笑)。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-07 17:41 | ゴルフ | Comments(0)  

FDコンテスト

今年も夏のコンテストである、FD(フィールド・ディ)コンテストの日だった。
フィールドから電波伝搬を楽しんでみようコンテストなのである。

早朝には起きれなかったけど、まずまずのタイミングには目覚めて、前から目星をつけていた公園へ。
ここは昨年も来たことはあるけど、綺麗なトイレもあり屋外運用の私は嬉しい環境である。
f0233879_1652274.jpg



アンテナ設営中、顔見知りの無線屋さんも登場。彼もこの場所を今日の移動運用の目的地にしていたらしい。電波の上では何十回もお話ししているし、過去アイ・ボールと称して何度もお会いしている先輩でもある。

彼は、私が使う電波の周波数でないバンドの無線機も持参だったので、そばに車を並べての運用になった。これが同じ周波数の電波だと、すぐ隣での運用だと混信と感度抑圧が激しく、コンテストも参加不可能という事態になるのであるが、今日は上手い具合に棲み分けができて良かったな。

f0233879_1654686.jpg
さてコンテストも楽しく多くの局と交信できて、楽しませてもらった1日になった。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-04 16:07 | 無線・釣り | Comments(0)  

「玉屋~~~!」

8月最初の土曜日の今日は、江戸川河川敷での花火大会に参戦だ。

第29回市川市民納涼花火大会と銘打った大花火大会なのだ。

16時に仲間10人で本八幡駅集合で、ぞろぞろ江戸川河川敷まで散策。途中でビールをはじめつまみを調達しての散策である。

今回は昼から集合してブルー・シートを敷いてベスト・ポジションを確保してくれていた先行組がおり、実にいい場所での観戦と相成った。暑い日中からの場所確保の3名に心から感謝である。
f0233879_23361075.jpg


河川敷到着は、花火大会開始の2時間以上前でもあり、そうそうにビールで乾杯。


辺りも暗くなって対岸を見ると江戸川区の方の堤防はもう人だかり。
f0233879_23362621.jpg



定刻19時15分ちょい過ぎに打ち上げ開始!!。テーマ「百花繚乱!江戸川花火!」からの開始だ。
f0233879_2336401.jpg
f0233879_2337372.jpg


以後、20時半頃までのテーマ「銀河からの贈り物」まで約14000発が打ちあがったとのことである。
「玉屋~~~!」的な爽快な花火が見れて、今年の夏も過ぎ行くのであった。
f0233879_23374083.jpg



十数年ぶりに見た本格的花火大会、楽しい仲間とワイガヤ楽しく観戦できたことに感謝である。
私のカメラでは今夜の感動は伝わりそうもない。本格的映像は、ハンペンさんにお願いしている(笑)。
企画ありがとうございました。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-03 23:41 | ウォーキング・散策 | Comments(8)