<   2014年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

満開!!鴨池堤

今日も最高気温19.5℃。春爛漫な一日だった。

我が家の「菊桃」も開花して彩りが嬉しい。
f0233879_1815619.jpg


こちらは今日の成田空港管制塔通りの桜並木の1枚。
f0233879_1759838.jpg



午後、天気に誘われて毎度の鴨池へ。
池の堤の桜並木も8部咲きというところだろうか。春爛漫である。
f0233879_1759481.jpg
f0233879_180473.jpg
f0233879_1861720.jpg



池の鴨さん。遠くから「グヮ!!、グヮ!!」と大騒ぎだったのは、いつもは居ない小さめの鴨が闖入していて、2羽で威嚇に忙しそうな騒ぎであった。
f0233879_1804057.jpg



さてさて、明日から消費増税!!。それといって買いだめはしてないのではあるが、焼酎数本と整髪料数本(笑)ささやかな抵抗であった(笑)。
年金減額や医療費アップなど直接影響が出るところが痛いな~~~。
[PR]

by Koppe3T | 2014-03-31 18:02 | 季節 | Comments(0)  

花時雨

昨夕からの雨がなかなか止まない。この時間帯でもまだ霧雨っぽい。
f0233879_14243127.jpg


「花時雨」とは、桜が咲く頃、しぐれる様に降る冷たい雨と云う意とのことだ。
実に桜が開花した後の今日のような時雨を云うんだろうな。「花時雨」実に言い得ている言葉であるな。

地元の桜並木が開花し始めていたので、数枚撮影してきた
f0233879_14241349.jpg


今日は肌寒い時雨であるが、明日からは晴れて気温も20℃近くまで上がるとのことだから、この週末から来週にかけての日々が楽しみである。
f0233879_14244132.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2014-03-27 14:25 | 季節 | Comments(0)  

開花目前

今日は昨日より穏やかな春日。この時間帯で15℃。風も3m/sと穏やかだ。
f0233879_13585816.jpg


今朝は、定期検査の「胃カメラ」をごっくん飲んできたので、遅めのブランチだった。

昼頃、春の陽気に誘われて「鴨池」へ。毎度の2羽がお出迎えだ。池の水も温んできた感である。
f0233879_13584610.jpg



池の並木になっているソメイヨシノの蕾が大きく膨らんでいたな。
f0233879_13591611.jpg


あと数日で開花だね。
f0233879_13592899.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2014-03-23 14:01 | 季節 | Comments(2)  

山の上から

北風が強かった昨日から一転、今日は風も弱まり外気温も14℃まで上昇だった。

そんな「春」らしい今日は、6エレメントのアンテナ持参で標高260mほどの山へ。
目指したのは、この山である。頂上の少し剥げたふうに見えるのはパラグライダーの滑走場所になっているところである。
f0233879_1730172.jpg


で、ここからは南西方向に真っ白に雪をかぶった「富士山」が遠望だ。
f0233879_1731661.jpg


風もそよ風なので、このアンテナを組み上げ4メートルほどの高さに上げた頃には、うっすらと汗もかいていた。
f0233879_17323294.jpg


今日は天候に恵まれたので、多くの移動運用局が出ていてバンド内も大変賑やかで、実に多くの無線局から呼んで頂いた。ありがとうございます。

帰路は、下から「筑波山」をしっかり目に収めて帰路に。
f0233879_17355140.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2014-03-22 17:36 | 無線・釣り | Comments(0)  

「春分」

今日は、二十四節気の「春分」。
「春を分ける」とは言い得ている。春の折り返し点である。
ご存じ、昼と夜の長さが同じ日であり、明日からは日一日と昼の時間が長くなるんだよね。

とはいえ、今日は北寄りの風が強く寒さ厳しい春分の日だった。それでも、暑さ寒さも彼岸までと云うので、明日からは日に日に暖かい日が現れてくれることだろう。


で、消費税増税前の駆け込み(笑)で、前々から更新したいと思っていたリビングのシーリング・ライトを「LED」タイプに交換した。電気店で買い求め、先ほど自前工事完了。

流石は、LEDだけあって、暖色・中間色・寒色と切り替えることが出来る。
f0233879_18103389.jpg
  <暖色>


f0233879_18104586.jpg
  <中間色>


f0233879_1810571.jpg
   <寒色>

明るさの調節も自由自在。MAXだと明る過ぎるから、70%程度に設定だ。
そして、今までの蛍光灯20W6本で120Wだったのと比較すると明るさMAXでも約60Wなので、その50%程度で明るさも十分なので、今までと比べて75%の節電にもなっているのが嬉しい。蛍光灯のシーリング・ライトさん、30年の長きに渡りご苦労様でした。
[PR]

by Koppe3T | 2014-03-21 18:17 | 季節 | Comments(0)  

小さい春、目っけ!!

昨日の春一番から一夜明け、外気温は12℃。
今日は南風も強くなく木々の下では北風も防がれて「春」らしい。

近くの公園を散歩していて見つけたのが、この花だ。原っぱに群生していて、実に春らしい。
青紫色の花がなんとも可愛い。
f0233879_17231635.jpg


ネモフィラに似ているのだが、ネモフィラにしては背丈が短いんだな。
[PR]

by Koppe3T | 2014-03-19 17:25 | 季節 | Comments(0)  

春一番!!ラウンド

外気温は18℃台なれど、南西よりの強風13m/sが吹き荒れる「春一番」の今日、キャスコ花葉・本コース(旧 小御門カンツリー)でラウンドしてきた。

ここのメンバーさんである友人からのお誘いに参加したのである。
しかし、今日「春一番」が吹き荒れるとは・・・。

スタートは、INコース。10番392ヤード パー4である。
f0233879_17542535.jpg
ここは、4オン、2パットのダブル・ボギー発進だった。春一番の風は半端ない。

途中、13番 464ヤード パー5ではドライバー、セカンド、サード・ショットとも完璧のパーオンで、パーをゲットしたものの、良かったのはそこまで(笑)。

ここは、17番488ヤード パー5のTグランドからの眺めである。右下の竹藪が強風でなぎ倒されているのが見えるだろうか。この頃からの強風は、スイング出来ない位だったな。
f0233879_1759297.jpg



軽いお昼を摂り、バック9へ。ここ1番496ヤード パー5では、右手のコースが造成中ということもあり、砂つぶてが顔面を襲う。目の中も砂でじゃりじゃり(汗)。
f0233879_1813470.jpg



そして、事件は2番420ヤードのTグランドで発生だった。
ゴルフ場の乗用カートの屋根部分が、強風で吹き飛んだのである。あと2メートルずれていたら、私の身体を直撃のコース、カートの屋根が50メートルほど先の隣のコースへ飛んでいったのである。あ~、誰も怪我無くて良かったな。
f0233879_1841874.jpg


早々にコース管理の方が別のカートを運んできてくれて、車両交換と相成った。
この新カートも、屋根に穴が開いているので、手で触れて確認していると、コース管理者曰く「こちらは、すでに屋根が飛んで修理していますので、むしろ安全です。」であった(汗)。
確かに屋根の下に木材のたるき材が取り付けられていたな。要は、全てのカートがかなり古いということなんだな。
f0233879_188671.jpg


結局、後半はパーは一つもない状態。久々にトータル110(百獣の王とも云う(笑))の「春一番」ラウンドであった。25年以上ぶりの110叩きに、もはや開いた口も塞がらない。
同伴競技頂いた皆様、お疲れ様でした。
[PR]

by Koppe3T | 2014-03-18 18:14 | 季節 | Comments(2)  

春の使者

今日は最高気温13.9℃。風もなくポカポカ陽気で「春~~!!」らしい気候である。

職場の裏山に自生している「ふきのとう」である。
f0233879_14431017.jpg



天然のふきのとうは、春を告げる最初の使者と云われている。
f0233879_14455018.jpg


また、冬眠から目覚めた熊が最初に食べるものが「 天然ふきのとう」であるそうだ。
我々人間も「ふきのとう」食べなきゃである(笑)。
[PR]

by Koppe3T | 2014-03-17 14:45 | 季節 | Comments(2)  

彰義隊の足跡を訪ねて

慶応4年(1868)5月15日の上野の山戦争の足跡を訪ねる歴史散策会に参加した時の記録である。

慶応4年1月の鳥羽伏見戦争に負け、江戸に逃げ帰った最後の将軍徳川慶喜は朝敵となってしまう。
慶喜は上野の寛永寺に謹慎していたが、旧幕臣の中には「朝敵」という冤罪を雪ぐために集まり、慶喜の雪冤と江戸市中取り締まりを目的に結成されたのが「彰義隊」であった。「大義を彰かにする」とうので、「彰義隊」となったという。

散策のスタートは、浅草。まずは、「浅草寺」詣でである。
浅草寺は、推古天皇36年(628)に漁師の兄弟が隅田川で観音像を引き上げたのが縁起と云うから、実に古刹である。浅草観音と云われるのも引き上げたのが「観音像」であったからである。
まずは、雷門。ここはYou達が多く、世界の観光地を体感させてくれていたな。
f0233879_928865.jpg


仲見世通りも、まともに歩けない大混雑。
f0233879_9285294.jpg


本堂に参拝し、五重塔に見惚れて1枚。
f0233879_931993.jpg
f0233879_9294955.jpg


さて、今回の本題「彰義隊」である。彰義隊の面々は、当初「尊王恭順有志会」としていたが浅草のここ東本願寺で組織名を「彰義隊」と命名したという。彰義隊発足の地である。
f0233879_9345146.jpg
頭取に、一橋家家臣 渋沢成一郎、副頭取に幕臣天野八郎だったとのことだ。この渋沢成一郎は、深谷出身の明治の大実業家である渋差沢栄一の従兄である。
この東本願寺は天正19年(1591)神田に創建された古刹であるが、明暦の大火後ここ浅草に移転されている。

彰義隊は、ここ東本願寺を屯所に江戸地中取り締まりに尽力したというが、江戸総攻撃が西郷・勝の会談などを経て中止になり、上野寛永寺に謹慎していた慶喜が水戸へ去る。そこで、慶喜警護の名目もなくなり、武断派の天野らが上野の山に籠るようになる。この頃、渋沢は武断派の天野等とは袂を分けていたということだ。

浅草通りを一路上野へ向かう道すがら立ち寄ったのは、田原町駅近くの「本法寺」である。お寺の塀に多くの落語家の名前が赤字で描かれている。本法寺は、天正19年(1591)江戸城紅葉山に開かれた日蓮宗の寺院であるが、こちらも明暦の大火後、この地に移転されている。
f0233879_9572732.jpg

境内には「はなし塚」があった。日本が太平洋戦争に傾いていくころ、落語が時勢にそぐわないとして自主的に上演を自粛した名作を落語家を慰霊するべく建てられたと云う。
f0233879_9582263.jpg


さらに、こちらは「金龍寺 」。荷田春満(かたのあずままろ)のお墓があるとのことだ。荷田は、元禄期の国学者で、赤穂義士の大石内蔵助らをサポートしたと云う。
f0233879_1025884.jpg


浅草通りを西に進むと、稲荷駅近くの左手に「下谷神社」(したや)が見えてきた。
f0233879_10111417.jpg

天平2年(730)上の忍ケ丘に創建された古社である。寛永4年、寛永寺創建時山下に移転し延宝8年(1680)この地付近に再移転したという。この下谷稲荷神社は、江戸期寄席興行で有名だったという。寄席発祥の碑も建立されていた。
明治の俳諧「正岡子規」の一句も残っていた。「寄席はねて 上野の鐘の夜長哉」
f0233879_10144293.jpg



さて、上野駅を右見て更に京成上野駅も右に見て通り過ぎ、上野公園正面入り口に到着だ。この辺りが彰義隊と新政府軍との間で激戦が行われた「黒門」前跡地である。
f0233879_10233049.jpg
<上野の山黒門跡付近から御徒町方面を望む>

慶喜不在の江戸市中で彰義隊士らの新政府兵士への殺傷事件も発生し、ついに慶応4年5月15日の上野の戦争勃発となったのである。この絵の黒門は戦後荒川区の円通寺へ移転されていて、見ることは出来ないのは残念である。
f0233879_1025239.jpg


この黒門跡後ろの階段を登った辺りが「山王台」である。有名な「西郷隆盛像」がある所である。
彰義隊は、ここに四斤砲を据えて御徒町方面から攻め寄る新政府軍に撃ち下ろしたという。
f0233879_10325440.jpg


西郷隆盛像のすぐ後ろに彰義隊士の墓があった。上野戦争はたったの1日で新政府軍の勝利に終わり、彰義隊士で生き残った者はちりじりに逃げたとことであるが、戦争の3日後遺体は266体もあったという。円通寺の僧と民間人の三河屋らが火葬に処したという。
f0233879_1040559.jpg

墓には、「戦死の墓」と刻まれている。明治14年に山岡鉄舟により刻まれた墓碑である。
f0233879_10424030.jpg



さらに彰義隊の痕跡を探し、上野公園の奥へ。
左手に見えてくるのが「東照宮」である。東照宮の手前には寛永6年の東照宮創建時いち早く寄進されという通称「お化け灯籠」だ。
f0233879_10483570.jpg
織田信長の武将佐久間盛次の四男 佐久間大膳勝之の寄進だ。高さ6.06メートル!!!確かに、お化けである。

上野東照宮山門である。参道に並ぶ灯籠が見事であった。
f0233879_10524370.jpg
f0233879_10531527.jpg


上野東照宮本殿と唐門。日本には一つしかな重文の金箔の唐門である。
f0233879_10553173.jpg


更に上野公園を奥へ。今は公立博物館の手前に噴水広場が広がっているが、この辺りは、上野戦争で焼失する前は、寛永寺の根本中堂があったとの案内掲示があった。
f0233879_10584467.jpg


国立博物館手前を右に進み、輪王寺大師堂には、旧寛永寺の山門が移築され残されていた。
f0233879_1125055.jpg


接近して門を見ると、上野戦争当時の銃弾の跡があちこちに残されていた。
f0233879_1131042.jpg


ここ輪王寺境内は、梅が満開で実にいい香りが漂っていた。青空に映えた満開の白梅が美しかったな。
f0233879_125507.jpg


境内には、なぜか谷中に住んでいたという幸田露伴宅の門が移築されていた。幸田露伴の代表作「五重塔」は、現寛永寺の根本中堂を手掛けた大工が主人公と云う謂れがあるとのことだ。
f0233879_1212863.jpg




彰義隊直接関連はないが、こちらは鳥取藩邸の表門だ。丸の内にあったものであるが、明治後高輪で皇族の表門として使われてのち、昭和29年この地に移築された重文である。
f0233879_1172017.jpg


更に進むと、こりゃ何だ~?
f0233879_1181923.jpg
京成電鉄の地下駅だった「博物館動物園駅」の駅舎であった。昭和8年開業、昭和54年廃駅。平成9年には入り口も閉鎖され現在に至っているとのことである。

上野公園を不忍の池方面へ。不忍の池から弁天堂を望む。
f0233879_11151048.jpg


新政府軍がアームストロング砲と云う当時では破壊力がすざましかった大砲を据えて攻撃したという、旧富山藩邸跡地へ。今は、東大附属病院になっているが、その東大池之端門を入り、坂道の中腹あたりが富山藩邸だったという。目の前には高層マンションが立ち並び、不忍の池はもちろん上野の山も見通せない。この写真の下り坂の向こうの白い高層マンションの方向が上野の山黒門があった方角である。当時は、ここからの新政府軍のアームストロング砲による攻撃が勝敗を一気に決定したという。
f0233879_1121322.jpg


東大池之端門の傍に、「弁慶鏡ケ井戸」があった。ポンプを漕ぐと勢いよく水が出てきた。この井戸は、源義経主従が奥州へ向かう時に、井戸水で喉を潤したとの伝承である。
f0233879_11243385.jpg



ここからは、不忍通り一気に歩き千駄木の団子坂下へ。右に曲がると「三崎坂(さんさきさか)」である。この坂は、上野戦争では長州藩・大村藩兵らの新政府軍は攻め込んだ坂で豪雨のなかの激戦だったという。「三崎(さんさき)」とは、駒込・田畑・谷中の3つの高台があるので三崎と云うとのことだ。
f0233879_11535261.jpg


三崎坂の中腹左手のお寺さんには、勝海舟と協力して「江戸無血開城」に尽力した「山岡鉄舟」のお墓があった。
f0233879_12184053.jpg


上野桜木から現在の寛永寺へ。ここの根本中堂は、本堂が上野戦争で焼失してしまったので、明治9年 川越の喜多院の本堂を移築したというものであった。
f0233879_11543163.jpg
f0233879_1211920.jpg


この根本中堂も境内には、「上野戦争記」碑がひときわ大きく建っていた。碑には彰義隊の結成から上野戦争までの活動が刻まれていた。裏面には最初に檄文を発行し有志を集めた「本田晋」の名前も冗談に刻まれていたな。明治44年建立の碑であった。
f0233879_1213734.jpg


最後に見学できたのが、現寛永寺墓地の一画に残っている重文の「徳川家綱霊廟勅額門」である。
f0233879_1215828.jpg



鶯谷に到着して、今回の「彰義隊の足跡を訪ねる」散策はお開きになった。総歩数23000歩、約15キロの長丁場だった。途中リタイアーせずに歩き通せて良かったな。
f0233879_1222068.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2014-03-16 11:45 | ウォーキング・散策 | Comments(2)  

行雲流水

今日は、「春の嵐」との予報だったけど、確かに夕方からは雨脚、強風とも激しい。
外気温は、日中で15℃。この時間帯でも14℃もあるけど、風雨は強い。南南東の風13m/sもある。


これは、南西から北東への雲行きが流れる様で、午後の3時頃のこの地域のお空である。
f0233879_2017382.jpg



この空を見ていて思ったこと。「行雲流水(こううんりゅうすい)」である。
空ゆく雲や流れる水のように、深く物事に執着しないで自然の成り行きに任せて行動することができたらな~~。
「行雲流水、人生は旅人なり」と云う一句があったな。
[PR]

by Koppe3T | 2014-03-13 20:26 | 徒然なること | Comments(0)