<   2014年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

青空が眩しい!なれど・・・

今日は、実に久々にお空の青空が眩しい日中だった。
f0233879_1702080.jpg



空に浮かぶ雲もぽっかりぽっかり。このアンテナに入感の50MHz帯の電波は朝から九州・沖縄、四国、近畿、北海道と1日中賑やかで嬉しい電波伝搬状況だった。
f0233879_1703131.jpg


しかも、モクモク雲は真夏の積乱雲並だったな。
f0233879_1721167.jpg



それでも夕方になると、西から真っ黒な雨雲がくっきりと迫ってきて雷鳴も轟いてきた。都心では落雷も多々。その雷雲が東に移動してるようだ。桑原、桑原。まるで梅雨末期の感じである。
f0233879_1705021.jpg


明日で6月も終わり。今年ももう半分終わりか(汗)。光陰如箭(こういんやのごとし)である。
[PR]

by Koppe3T | 2014-06-29 17:05 | 季節 | Comments(0)  

I.W. Harper & 「蝉しぐれ」

昨夜は、前の職場の面々との数か月ぶりの「飲み会」。
まだ現役で頑張っているメンバーも私みたいにリタイアーした者、更に今回は当時俗に云う「同じ釜の飯」を喰った新メンバー2名も加わり、総勢10名での飲み会と相成った。

まずは生ビールでの乾杯。知らぬ間にI.W. Harperのロックに変更だった。実は、ウイスキーの中ではこのバーボンが大好きなのである。
f0233879_18185154.jpg



気が付けばお開きに。楽しい時間は過ぎるのが早い。
今朝は、昨夜のI.W. Harperとワイルドターキーの少々残った感じだったな(笑)。
f0233879_18212832.jpg



今日は、昨夜録画していた原作藤沢周平氏の映画「蝉しぐれ」を鑑賞だ。
f0233879_18261732.jpg

主演 市川染五郎 木村佳乃であるが、平成17年の作品であり今田耕司、ふかわりょうなども含め皆さん若い。藤沢文学らしい泣かせてくれる作品に仕上がっていたな。
f0233879_1826336.jpg


このエンディングが素晴らしいのである。
f0233879_18264759.jpg


あらすじ: 江戸時代の東北の海坂藩。下級藩士の牧文四郎(市川染五郎)の父(緒形拳)は、藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられた。以後、文四郎は謀反をおこした父の子として数々の試練にさらされる
[PR]

by Koppe3T | 2014-06-28 18:28 | 旅・旨いもん | Comments(2)  

今日もゲリラ

午前中は涼し目な曇りだったけど、今日も午後のゲリラは激しかったな。土砂降り土砂降り。
f0233879_16413524.jpg



それでも小一時間すると、青空も見えてきて清々しい感じに戻った。
f0233879_16415195.jpg



沖縄では梅雨も明けて、夏本番に突入とのことだ。あと1ヶ月もすると関東も真夏日の日々かいな~~~。
[PR]

by Koppe3T | 2014-06-26 16:41 | 季節 | Comments(0)  

連日の大雨・洪水警報

今日も昼前に「大雨・洪水警報」発令だった。二日続けての大雨洪水警報である。

しかも夕方には再度ゴロゴロ~~!!と雷が鳴り響き、短時間ではあったが夕立に見舞われた。
f0233879_17351416.jpg


この週末に向けてもまだまだ大気が不安定なようだ。「桑原、桑原。」


今朝は、少々早起きしてWカップの日本代表をTV応援。1対1で折り返した後半早々にカウンターをくらい、終わってみればコロンビアに1:4での大敗だ。
がむしゃらに「勝ち点3」を取りにいった結果のカウンターに嵌ったものだろうが、残念!!!!!である。
[PR]

by Koppe3T | 2014-06-25 17:39 | 季節 | Comments(0)  

びしょ濡れゲリラ雷雨

まさかのゲリラ雷雨だった。

昼前、真っ黒い雨雲がきたなと思いきや、一気に大粒の激しい雨に。
f0233879_1515759.jpg



しばらくすると雷鳴も鳴り響き、傘をさしていてもびしょ濡れに。防災情報では「大雨・洪水警報」発令だったものな。
f0233879_15152292.jpg



約1時間半ほどの雷雨だったけど、窪地の道路は排水が間に合わず数10センチの冠水だった。雷雨が上がったあとの従業員駐車場へ向う砂利道は水溜り~~~~。地元気象台のデータによると、17mm/Hourとなっていたから、確かに豪雨だったな。
f0233879_15153926.jpg



業務は昼前に上がり、今日はお気に入りの蕎麦屋さんへ。毎度の倍もり粗挽きとそば粉の野菜天ぷらを注文だ。今日の野菜天は、舞茸、アスパラ、ナス、新玉ねぎ、新じゃがいもだった。いずれも大好きな野菜だし、新じゃがはほこほこ。新玉ねぎは甘いしで、大・満・足。
f0233879_15161137.jpg
f0233879_15162489.jpg


暫くは大気が不安定な日々になりそうである。

で、こちらは我が家のたった1輪の紫陽花。そろそろ見納め~~。
f0233879_15332916.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2014-06-24 15:17 | 季節 | Comments(2)  

涼しい!!!

今日の最高気温は午前10時の23.6℃。その後は下がる一方の外気温だった。この時間帯は20℃以下だ(汗)。涼しくて屋外作業が快適だったけど、この時間帯は寒い感であるな。


これは午前の休憩時の一枚だ。わずかに覗く青空を大韓航空の離陸機が頭上を飛んでいった。
f0233879_19122878.jpg



さあて、この先1週間は梅雨空が続くようだ。

ところで、太陽黒点の活動が寒冷期の様で、地球の電離層が今一活発でない今年である。sunspotと呼ばれる太陽黒点とは、太陽表面を観測した時に黒い点ように見える部分のことで、周りよりよりも弱い光なので黒く見える。この太陽黒点は、約11年ほどの周期でに増減を繰り返している。活動が活発だと電離層も活発になるので電位層のよる電波伝搬が実に楽しいものになるのだが、今年は少々寂しいのである。
f0233879_19333474.gif

[PR]

by Koppe3T | 2014-06-23 19:15 | 季節 | Comments(0)  

初夏のカマキリ君

今日の最高気温は27℃。そんなに暑くもなく屋外作業には問題ない気温だったな。

これは午前の休憩時の夏空広がる西の空だ。青空とぽっかり雲が気持ち良い。
f0233879_18561863.jpg


午後は、家でまったり過ごせたけど、門柱で実に可愛い夏のYouを発見だ。
f0233879_1904560.jpg




なんと、全長2.5センチほどのカマキリ君だ。何かエサを咥えているように見えるけど、サイズ確認に10円玉を近くに置くと植え込みの方へ逃げる感じ。だあど、目線はしっかりこちらを見据えていたな(笑)。しっかり食べて大きくなりますように。
f0233879_1905991.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2014-06-19 19:01 | 季節 | Comments(0)  

ウェーディング~~~~

昨日は早朝からからりと晴れ上がり、絶好のウェーディング陽気。

数年ぶりに物置から取り出していたウェーダー持参で「霞ヶ浦」へ。

数年目まではよく訪れていたこの洲の流れ込みからスタートだ。
f0233879_16554686.jpg



陸っぱりで数投するもノーヒットなので、持参のウェーダー着用だ。
f0233879_16562474.jpg


ウェーダーで水中へ入りと水圧もあるし水温に身体も気持ちよい。
f0233879_1657574.jpg




葦の切れる辺りまで進んでキャスティングするも、ノーヒットなので、場所替えして「和田岬」へ。ここが昔50cm級をゲットしたポイントでもあり期待は高いのだが、どうも最近護岸工事をしたらしく葦原がコンクリートで護岸されてしまい、残念。
f0233879_16581864.jpg


周りのバサーを見ていてもヒットしている感がないので、一気に利根川まで移動だ。ここは先月45センチをゲットしたとの息子からの情報があったのだ。
f0233879_1703537.jpg


とは云え、私にもヒット&ゲットなるというものではないところがバス・フィッシングの面白さなのである。今回、ウェーダー持参で意気込んで臨んだが釣果0(笑)。
また、数年ぶりに持ち出したウェーダー。右膝の下辺りから僅かに水が染み込んでくることを発見!!。パッチあてが必要だな。
[PR]

by Koppe3T | 2014-06-16 17:05 | 無線・釣り | Comments(0)  

上野毛~奥澤城址跡

快晴に恵まれた昨日、上野毛から九品仏までのウォーキングへ参加してきた。

出発は、東急大井町線の上野毛駅。駅を出て早々に関東の富士見100景にも選ばれている「富士見橋」だ。橋下は東急大井町線の電車が走る。西の方向多摩川の向こうには「富士山」が見えるらしい。
f0233879_11274524.jpg


頭上では「ツピー、ツピー」とシジュウカラが求愛鳴きだ。
f0233879_11293125.jpg


まずは、五島美術館・庭園へ。庭園は多摩川が武蔵野台地を浸食して出来た「国分寺崖線」を巧みに利用して形成されてる。東急電鉄会長だった五島慶太翁が収集したという石灯籠・石塔・石仏が随所に配置されていて園内を歩いていても飽きない。
f0233879_1139185.jpg


春山荘門
f0233879_11393573.jpg


大日如来祠
f0233879_11395659.jpg


高さ2.5mはあろう雪見灯籠
f0233879_11422670.jpg


見晴台庭園からの眺め
f0233879_11451529.jpg
f0233879_11452948.jpg


園内にある「稲荷丸古墳」
f0233879_11474611.jpg


国分寺崖線上をたどる「おもいはせの路」を歩く。世田谷の高級住宅が右に左に見える路である。
f0233879_11511584.jpg


次に向かったのは、これまた国分寺崖線の斜面を巧みに利用した「上野毛自然公園」だ。確かに急峻な崖の自然をそのまま残した感の自然公園だ。アップ・ダウンが実に厳しかったな。
f0233879_11561115.jpg
f0233879_120317.jpg


公園のすぐ下には、江戸時代に掘削され下流域では六郷用水にもなる「丸子川」が流れる。
f0233879_1158821.jpg


自然公園隣の稲荷坂。坂の中ほど(西側)に稲荷神社があるのである。かなりの勾配である。
f0233879_1212689.jpg


おもいはせの路に戻り、東へ。住宅街に囲まれた一画に保存されているのが「上野毛稲荷塚古墳」だ。4世紀後半のものとのことだ。長さ20m、高さ3mの前方後円墳である。
f0233879_1244763.jpg


第三京浜を潜って多摩川野毛町公園へ。ここでは快晴の下「野球の試合」に興じているチームが。しばし応援だ。
f0233879_1271783.jpg


公園の一画にあるのが5世紀前半の前方後円墳である「野毛大塚古墳」だ。全長82m、高さ10mもあり、かなりでかい。古墳であり当時の首長の御墓であるのだか、ここは頂上まで登れるようになっているのが何とも申し訳ない感であった。
f0233879_12134939.jpg
f0233879_1214562.jpg
f0233879_12142478.jpg


環八通りをかすめつつ、玉沢橋のほとりから「等々力渓谷」降りると、そこは別世界。渓谷の木漏れ日の中を涼しげな谷沢川の流れだ。ここは2年前「お散歩教室」の皆さんと多摩川方向から登ってきた渓谷であるが、今回は上流から下流へ歩いた。
f0233879_12173922.jpg


等々力渓谷のメイン・スポット「不動滝」だ。
f0233879_1223541.jpg
f0233879_12242669.jpg


等々力不動尊をお参りし、境内のソフトクリームを買い求めて緑の渓谷を愛でながら一休み。「白桃ソフト」が美味だったな。
f0233879_1254233.jpg
f0233879_12534113.jpg


矢川橋で等々力渓谷とさよならして、更に国分寺崖線の斜面の路を進むと「宇佐神社」だ。約900年前、八幡太郎義家の父 源頼義による創建と云う古刹である。
f0233879_1253179.jpg
f0233879_12532055.jpg


宇佐神社の傍から環八通り方面へ登っている坂が「寮の坂」だ。かつて僧侶の学寮が建っていたので「寮の坂」と呼ばれるようになったと云うことだ。
f0233879_1301423.jpg
f0233879_1303452.jpg


環八通りを少し歩くと「「玉川上水場」だ。上部は土で覆われていて近所の子供たちの絶好の遊び場になっている。
f0233879_1331464.jpg
f0233879_1332853.jpg


さて、九品仏駅の踏切を超えるとすぐに「浄真寺」の参道が見えてくる。
f0233879_1351120.jpg


ここ浄真寺は江戸時代の延宝6年(1678)の開山であるが、天正18年の小田原の役までは世田谷城主である吉良氏の家臣大平佐馬氏の居城である「奥沢城」であったところである。江戸期に寺院となったため、土塁がそのまま残っており、古城の雰囲気が感じられるのが嬉しい。
f0233879_13173374.jpg
f0233879_1318152.jpg


仁王門
f0233879_13183068.jpg


浄真寺は九品仏として有名で、上品(じょうぼん)、中品(ちゅうぼん)、下品(げぼん)の3棟の仏堂に3体ずつの阿弥陀像を安置しているので九品仏と云われるとのことだ。
f0233879_13195083.jpg

f0233879_1320745.jpg


奥沢城跡を彷彿させてくれる「土塁」と「石積」。
f0233879_13212076.jpg
f0233879_13213980.jpg


ここ浄真寺で一番気に入ったのは、ここ本堂の北と南の日本庭園である。
こちらは北側の庭園。ベスト・ビューの位置に縁台が置いてあるのが実に嬉しい。
f0233879_13225428.jpg


で、こちらは南側の日本庭園だ。これまた、ベスト・ビューの縁台からの1枚。
f0233879_13244530.jpg


更に濡れ縁に出ての眺めがこれだ!!!。左手の仁王門とその右の鐘楼、更にその奥の奥澤城址土塁上の木々が鬱蒼と広がり、ここが東京23区内ですか??と考え違いしてしまいそうな空間が広がっている。何時間でも座って居たかった時空であった。
f0233879_13275334.jpg



ウオーキング開始前は全行程5.3キロとの案内だったけど、国分寺崖線を何度も上り下りしたりで総歩数は20000歩(約9キロ)は歩いた感じだ。アップダウンの多さに足裏も痛くなったな。
[PR]

by Koppe3T | 2014-06-15 13:34 | ウォーキング・散策 | Comments(0)  

梅雨の晴れ間の快晴

今日は朝から晴れ!!。梅雨入り8日目にして朝から青空だった。
で、晴れると気温も急上昇で最高気温29℃。暑かったな。

午前の休憩時の西の空は、青空~~~~~!!。
f0233879_17145585.jpg



午後は、まったり読書タイムだったけど、北の空にはこんな夏雲が広がって「夏~~~!!」って雰囲気だ。
f0233879_1715143.jpg


それでもニュースによると関東もあちこち雷雨やら雹やら竜巻注意報まで。この先1週間は傘マークの予報は出ていないけど、大気は不安定なので屋外行動には注意が必要なようであある。
[PR]

by Koppe3T | 2014-06-13 17:17 | 季節 | Comments(0)