<   2014年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

ネコジャラシ

御嶽山の噴火は、実に大きな災害になってしまった。被害に合われた方々にお見舞い申し上げます。
やはり、日本は火山国!!!。どこで噴火が発生してもおかしくない地帯の上に生きているのである。

木曽の御嶽山。何度も読んだ島崎藤村の「夜明け前」に描かれている。
「木曽路はすべて山の中である。<中略>一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。」
藤村の父をモデルに描いた江戸末期の宿場町の物語であるが、その主人公が御岳山に山籠もりするシーンを思い出したな。


今日は、最高気温26.5℃。 連日の夏日に汗だくだったな。
午後は、毎度の鴨池へ。秋の野草、道端には「ネコジャラシ(猫じゃらし)」が大きく膨らんでいたな。これで、猫をじゃらすと猫もよく遊んでくれたものである。
f0233879_17155296.jpg

鴨池の鴨達は、今日も元気いっぱい!!。「グェ~、グヮ~~」。相も変わらず2羽で仲良しだ。
f0233879_17160368.jpg

足元には、シオカラトンボ~~~~。明日から10月なんだけど、天気がいいとまだまだトンボの季節のようだ。
f0233879_17161191.jpg
で、こちらは、我が家の「金木犀」。枝が伸びないように、2.5m高あたりでカットしているのであるが、この時期になると、それなりに開花してくれるのだ。
f0233879_17161913.jpg

さあて、明日から10月の始まり始まり~~~~!

[PR]

by Koppe3T | 2014-09-30 17:24 | 日常 | Comments(0)  

アカマンマ

今日の最古気温は、25.0℃  爽やかなれど晴れて少々暑めだったな。
f0233879_17353687.jpg


休憩所の傍には、秋の野草アカマンマだ。イヌタデと云うのが正式名称とのことだが、これが、やはりアカマンマの方が一般的だ。
f0233879_17353313.jpg



午後、先週の長太郎での不甲斐なさを調整に「ゴルフ・レンジ」へ。ウェッジからドライバーまで、250球ほど打ち込んできた。汗だき(笑)。
次回は、今までのサンド・ウェッジとドルフィン・ウェッジの2本体制でラウンドしてみよう。
f0233879_17363184.jpg

そして今夜は、南の空綺麗な三日月!!
f0233879_17593679.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2014-09-29 17:44 | 季節 | Comments(0)  

紅葉始まり~~

今日は、最高気温24。0℃ 秋晴れで気持ち良い1日だった。

午前中は、我が胃の定期検査で胃の中を目視(笑)。で、これは遅い朝食兼昼食。
f0233879_18250222.jpg

午後は、毎度の周辺散歩へ。赤い実の木や少々黄色く色ずいた紅葉だ。
f0233879_18245339.jpg
f0233879_18245598.jpg


いつも散歩する道のカーブに立っていた街路灯が無残にへにゃり(汗)。カーブを曲がりきれずに突っ込んだ感じである。
f0233879_18250676.jpg
空は、真っ青~~~~。気持ちの良い秋の1日だったな。
f0233879_18245959.jpg



[PR]

by Koppe3T | 2014-09-28 18:28 | 季節 | Comments(2)  

久しぶりに「鴨池」へ

今日の最高気温は22.1℃、しかも北寄りの風9m/s。少々涼しげだ。

午後、実に久しぶりに「鴨池」へお散歩。鴨池もススキが開花したり、桜の葉も色づいて秋の風情だ。
f0233879_15193493.jpg
f0233879_15201309.jpg

今日も、2羽の鴨は元気に居ついていたな。食パンを必至に食べたら、毎度のいそいそと尻尾を振ってさよなら~~~
f0233879_15193764.jpg

秋の日差しを浴びて2羽仲良く遊泳後、陸に上がり実繕いに忙しい。
f0233879_15195261.jpg
f0233879_15402889.jpg


[PR]

by Koppe3T | 2014-09-27 15:42 | 日常 | Comments(0)  

「海賊とよばれた男」

今日は最高気温25.2℃。真っ青な青空が広がり気持ちの良い秋の日だった。こんな日のフライトはさぞ快適なんだよな。
f0233879_16215906.jpg
足元には、駐車場エリアの砂利部にカニさんが一人でお散歩だ。車も行きかうエリアなので、裏山に行くのを見守ってあげた。
f0233879_16220217.jpg

さて、先々週から読み始めた百田尚樹氏の「海賊とよばれた男(上)、(下)」を読み終えた。「本屋大賞」を受賞していた本で、前から読みたいと思っていたのであるが、読みやすい文庫本の発行を待っていたのである。
f0233879_16210245.png

小説では国岡商店となっているが、石油元売り大手の出光興産の創業者である出光佐三をモデルにした歴史経済小説なのである。戦後の復興期に日本を復興させようと努力した人たちの生き方が実に素晴らしい。中でも、昭和28年の日章丸事件のくだりは心躍る展開であった。英国とイランが石油コンビナートの帰属に関して抗争中で、英国海軍がペルシャ湾を封鎖しているさ中、日章丸二世を極秘裏に向かわせるのである。そして、ガソリン、軽油約2万2千キロℓを満載し川崎港に帰港するのである。
f0233879_16210673.png
1981年95歳で亡くなるまでの、出光氏の壮大な人生に大感銘であった。

内容(「BOOK」データベースより)

一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。男の名は国岡鐡造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも、店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。






[PR]

by Koppe3T | 2014-09-26 17:00 | 映画・読書 | Comments(2)  

里山プロムナード

今日は、台風崩れの低気圧の影響で朝から小雨が降ったり止んだり。そして、最高気温は夕方の4時で27.1℃。実に蒸し暑い。

帰路、里山プロムナードへ立ち寄り~~~。
f0233879_17011620.jpg

ここは、成田空港へ離発着する飛行機が眺めることが出来るのである。こちらは、最終着陸態勢の大韓航空のボーイング777だ。
f0233879_17012204.jpg

遊歩道の奥には、秋の花「秋桜」も小雨に濡れてしっとりだ。
f0233879_17012597.jpg
小川と遊歩道は、やはり癒されます。
f0233879_17011935.jpg


[PR]

by Koppe3T | 2014-09-25 17:09 | 日常 | Comments(0)  

封印!!!

今夕から台風の影響で雨の予報の今日、「長太郎カントリークラブ」で遊んできた。いや、遊ばれてきた(笑)。

予報に反して、朝の時点ではこんなに影が出来るほどの日差しも。練習グリーンから上がりホールの9番、18番グリーンを望む。
f0233879_17204422.jpg
今日は、レギュラーTグランドからでも428ヤードあるアウトからのスタートだ。ここは、3オン出来ず、4オン1パットのボギー発進。
f0233879_17204948.jpg



で、ここ打ち下ろしの3番141ヤードは、7アイアンで打つも真正面のグリーン手前のバンカーに捕まり、2オン2パットのボギー。
f0233879_17205290.jpg
結局、3番から8番までバーディはおろかパーも取れずに我慢のボギーの連続だ。最終9番471ヤードパー5で3オン2パットの初パーがやっと取れる程度で、46(パット(17)007.gif  後半に期待だ。別人28号になりたい(笑)。


後半のスタート、イン10番である。ここは、3オン出来ずに4オン2パットのボギー。実は、ここからドライバーを封印して比較的調子が良い3ウッド(スプーン)でのTショットで18番までラウンドしてみようと決心だ。
f0233879_17205622.jpg

ここは、右ドッグ・レッグの14番391ヤード パー4。
f0233879_17211700.jpg
更に、ここ15番 180ヤード パー3ではカードが3台も待つほどのスタックだ007.gif ここも、手前のバンカーに捕まり2オン 2パットのボギーだったな。
f0233879_17210403.jpg

スプーンでのTショットは当たりも方向も悪くは無かったのであるが、グリーン周りのアプローチでざっくりがあったりもあり、結局51(パット19)の最近にはないほどの50オーバー007.gif 上がってみれば、97は少々残念至極。スプーンでのTショットは悪くなかったけど、グリーン周りのミスが痛かったな。
今日も、楽しいラウンドをありがとうございました。



[PR]

by Koppe3T | 2014-09-24 17:46 | ゴルフ | Comments(0)  

秋分

今日は、二十四節気の「秋分」。朝の気温は15℃。。昼の最高気温は24.2℃。。その差、9.2℃。寒暖の差が大きいのもこの時期の特徴でもある。

秋分の日は、ご存じ昼と夜の長さがほぼ同じ日。そして、暑さが和らぎ秋が深まる頃。そして、お彼岸の中日だ。


午前中の NRT Towerを望む西の空は、秋の雲が広がり清々しい。
f0233879_13234375.jpg


これは、昨日の離陸機達(バニラ航空とNCA(Nippon Cargo Airwlines))、屋外で活動するには実にいい季節になってきた。
f0233879_13234792.jpg
f0233879_13235021.jpg

ところが、明日の午後あたりから台風の影響で雨の予報が出ているんだよね(汗)。

[PR]

by Koppe3T | 2014-09-23 15:40 | 日常 | Comments(0)  

恐るべし、坂の街「麻布」

先日「麻布~三田~恵比寿」を歩いてきた。初「麻布」であったのであるが、坂が多いのには驚きであった。

出発は、神谷町から~。まずは、飯倉の交差点下1国沿いにある「西久保八幡神社」へお参り。源頼信は1012年頃創建し、大田道灌が江戸築城の時にこの地に移転されたと云う。社殿までの階段が急峻だ。
f0233879_13364440.jpg
f0233879_13371195.jpg

八幡神社の脇道から裏手へ向かうと、「雁木坂」だ。敷石が直角(ハの字状状に)に組まれていたから別名「岩岐坂」とも書くようだ。
f0233879_13372075.jpg


飯倉の交差点を後ろに榎坂を少々登り、ロシア大使館の手前を左に進むとアフガニスタン大使館の近くにあるのが「日本経緯度原点」だ。先の東日本大震災(2011.3.11)に伴う地殻変動で27センチも移動したので原点数値を改定したとのことである。27センチも動いたんだねぇ~
f0233879_13373307.jpg
f0233879_18142265.jpg

昭和5年竣工の旧逓信省郵便局で現麻布郵便局を右手にみて進むと「狸穴坂」が見えてきた。
f0233879_13460203.jpg


この狸穴坂は下らず進み、坂の下に「島崎藤村旧宅」がある「鼬坂(いたち坂)」&「植木坂」へ。植木坂は、この付近に植木屋さんがあったからとのことだ。23区の坂を調査したところ、この鼬坂を下ったところにある島崎藤村旧宅で、あの有名な「夜明け前」が書かれたという。
f0233879_13382537.jpg
f0233879_18184231.jpg
f0233879_18585006.jpg

更に、右手に結構な石垣のある下り坂へ。この坂は、「鼠坂」と呼ばれている。このような細長く狭い坂を江戸の人々は「鼠坂」と呼んだらしい。安政年間の江戸切絵図によれば、右手に見えた10数メートルはあろう石垣の上には松平右近の御屋敷だったようだ。
f0233879_13390063.jpg

で、これは、先ほどの「狸穴坂」を下から見た図である。左に写っている木造家屋は、腰板がその年季を物語っていて楽しい。まだ住んでおられると云うのがまたまた素晴らしい。
f0233879_13402246.jpg

で、こちらは平安時代に一条天皇の命で創建されたと云う「天祖神社」である。本殿したの石垣が見事だったな。
f0233879_13404345.jpg
f0233879_13403915.jpg

こちらは、映画「三丁目の夕日」内でモデルになったという銭湯「小山湯」である。実に懐かしい造りである。
f0233879_13412601.jpg

そして、路地には「ケンケンパッ」で遊んだんであろうの跡が残っている。今でもこの遊びしてるんだね~~~。
f0233879_13413114.jpg

そして、こちらは安政年間に日米修交通称条約のもと、米国公使館が設けられて、公使ハリスが滞在していた「麻布山 善福寺」である。弘法大師が824年に開山したのだが、鎌倉時代にかの親鸞上人が訪れた時の住職が親鸞に傾倒し、「真言宗」から「浄土真宗」改宗したというのが面白い。寺域には、福沢諭吉のお墓もあるんだよね(寺域は撮影禁止のため、写真はありません)。
f0233879_13430697.jpg
f0233879_13491937.jpg

ここ一帯を「麻布」と呼ぶようになったのも、ここ「麻布山」からきているとのことだ。山門前にある、「柳の井戸」。弘法大師の錫杖伝説は全国各地に残っているが、当地も弘法大師の錫杖で湧き出した井戸とのことだ。
写真を間違ってアップしていました(汗)。こちらが、その井戸です。
f0233879_13423717.jpg


麻布山を出たあと、韓国大使館を左に見ながら登った仙台坂。だらだら長い坂で、結構膝と足裏に来てたかな(笑)。
f0233879_13501419.jpg


平安中期、坂東武者平将門の乱の折に源経基(つねもと)が麻布の一本木辺りに歓心したと云う「元麻布氷川神社」だ。バックの頭でっかちマンションが景観を損なってますね。
f0233879_19094264.jpg

一本松坂」。確かに何代目になるのか、樹齢数十年の松が1本あります。平将門との戦のあと、源経基が装束を掛けた松とのことだ。
f0233879_13513577.jpg

大黒坂」、「七面坂」を下ると、そこは麻布十番本通。ここで、一休み~~。十番名物の「月島屋」の今川焼~~~~。甘さ控えめで、美味しかったな。麻布十番は初めての訪問だったけど、いかにもお金持ち~~の街の雰囲気だったな。
f0233879_13514874.jpg
f0233879_13524663.jpg
f0233879_13530870.jpg
f0233879_13531139.jpg

麻布十番稲荷」。竹中稲荷と末広稲荷が戦災で焼失したのちに合併して出来た神社とのことだ。「若返り~~~」、「旅から元気で帰る!!」など、帰る(カエル)に縁起が良いとのことだ。
f0233879_13532207.jpg
f0233879_13533253.jpg

坂下から望む「暗闇坂」。見るからに急である。両側から樹木が鬱蒼と生い茂って昼なお暗い坂道だったという。
f0233879_13534181.jpg
この暗闇坂の中腹から「増上寺隠居屋敷」だったと云う引き戸の門がある路地とは思えない路地を抜けて、狸坂へと下る。この隠居屋敷跡は知る人ぞ知る、超レアなルートであった。で、こんな幅1メートルもない路地も行けちゃうんだよね。
f0233879_19363010.jpg
そこには、遠くに六本木ヒルズを望める谷間の昭和の家並みが残っていました。
f0233879_19392511.jpg

江戸期、麻布にあった備中成羽藩の領主山崎主税助治正の屋敷にあった池に住む大ガマが大火の時、池の水を吹いて消したため「上」の字お守りが普及したとのことだ。
そのガマが住んでいたと云う「ガマ池」がこれだ!!。竹藪で見にくいけど、竹藪の下の池に満々と水を貯えているんだよね。高台にあるのに、どこから水が湧き出てくるのか不思議である。このガマ池は、マンションの敷地内で、この位置からしか望めないのである。埋め立ての計画が持ち上がったことがあったのだが、地域の外国人の反対で埋め立てを中止したと云う。
f0233879_13550835.jpg
江戸期、盛岡南部藩の下屋敷で、明治になり有栖川宮の御用地だったと云う「有栖川記念公園」を足早にチラ見(笑)。この公園の傍には「南部坂」。南部藩邸があったからの呼び名である。
f0233879_13551602.jpg
f0233879_19152834.jpg
ここで、予約時間が目前と云うことで、年長者はタクシー~~~~(笑)。最後の訪問地「エビスビール記念館へ」。後刻徒歩組も全員集合で、エビスビールの歴史を勉強した後、エビスプレミアムと琥珀エビスを試飲だ。やはり、エビスは美味い!!。「麦芽とホップと水以外は一切使っておりません!!。」でした。当時の恵比寿駅の写真が素敵である。また、1987まで使われていたと云うこの仕込み窯の曲線美と銅の輝きは美しかったな。
f0233879_13562898.jpg
f0233879_13555025.jpg
f0233879_13555412.jpg
エビスビール記念館での美味しいエビスビールの後、外へ出ると実に綺麗な夕焼けだ。
f0233879_13565449.jpg


それにしても、麻布と三田の一画は、結構な高低差の坂のなんと多いことか!。「恐るべし、麻布の街!」であった。
楽しいアップダウンと昭和的なレトロが混在するコース、ありがとうございました。
翌日、膝が叫んでいたな(爆)。

最後に、歩いた当たりの安永年間6年(1859年)の江戸切絵図が、これである。直角に曲がる渋谷川-古川が今も同じに残っていますね。
f0233879_13574505.jpg










[PR]

by Koppe3T | 2014-09-22 19:26 | ウォーキング・散策 | Comments(6)  

MRJ、ロールアウト日決定!

今日は最高気温24.5℃。雲は多めながらも爽やか爽やか。
f0233879_18103924.jpg


そして、嬉しいニュースが発表された。
MRJ、10月18日ロールアウト  http://www.aviationwire.jp/archives/45969
f0233879_18164137.jpg
お披露目があっても、それから地上での数多くのシステム・チェックと地上走行試験の後の来年予定の初飛行、更に型式証明取得(2017年上期予定)までには、またまだ時間がかかるんだよね。ロールアウト:エンジン、配線・配管など機体の組み上げが完了し、ハンガー(工場)から屋外に引き出すこと。

これは、昨日の我が家の上空の1枚である。真っ白な機体が飛び去っていった。MRJ、お前も早く飛翔の姿を見せてくれ!である。
f0233879_18104149.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2014-09-19 18:15 | 日常 | Comments(0)