<   2015年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

桜も満開だ。

今日は朝から快晴で、外気温も23℃近くまで上昇だ。一昨日開花し始めたと思ったら、昨日・今日の気温で一気にほほ満開だ。


毎度の鴨池の桜並木もほほ満開。
f0233879_14501762.jpg
f0233879_14502887.jpg
f0233879_14504752.jpg
f0233879_14503681.jpg

鴨達は、相変らずにのんびり~~~な捕食だった。今日は、カワセミ君が、ピ~~~、ピィ鳴きながら、何度も水面にダイブだったけど、彼の動きは早過ぎで撮影は出来ず。
f0233879_14510954.jpg


こちらは、我が家の「菊桃」。こちらもほほ満開だ。


f0233879_14511466.jpg

<おまけ>開港以来実施されていた、成田空港の入場時の検問が昨日の正午をもって廃止された。毎回、ストップしトランク開けて、乗車のお客さんのパスポートなどでの本人確認が不要となった。入場時の渋滞も激減である。
それにしても、昨日のお昼前の時間帯はマスコミ各社のカメラが10数台、このゲートで取材だった。

f0233879_14512271.jpg
詳しくはこちらを、ポチっとどうぞ。http://www.aviationwire.jp/archives/58572


[PR]

by Koppe3T | 2015-03-31 14:58 | 季節 | Comments(0)  

桜、咲く!

今日は南よりの風7m/s以上の風ながら、最高気温20.5℃。暖かい春である。

目黒川や上野公園など、都心では満開の桜ではあるが、この暖かさで私の地域のソメイヨシノも開花だ。見頃は、この週末頃だろうな。
f0233879_17084937.jpg
f0233879_17085159.jpg



昨年読み終えていた、高橋克彦先生の「火怨」が原作である「アテルイ伝」のDVDをレンタルした。
ワクワクしてあっという間に読み終えた「火怨」ではあったが、映像で見るとやはり活字の自分のイメージが大きく、脚本の違和感が大き過ぎて途中で見るのを断念だった。人物設定とかをあそこまで脚色してしまうと原作者に失礼ではないのかな~~~~。
アテルイ役の大沢たかおも、母礼役の北村一輝もイメージ的にはピッタリではあった。
f0233879_17090025.jpg
f0233879_17090309.jpg




[PR]

by Koppe3T | 2015-03-29 17:18 | 季節 | Comments(0)  

電波伝搬も春~~~~~

今日は、薄曇りながら最高気温は19.3℃。 暖かいんだから~~~♪

夕方には、天空に半月だ。電波の方も、今日は沖縄からの声も聞こえてきて、電波伝搬にも春が訪れてきた。太陽黒点の活動も活発だし、今年の電離層への期待も高くなってきた。
f0233879_17581555.jpg
f0233879_17581906.jpg



明日は午後から雨の予報だ。桜開花を促進する雨になるだろう。

[PR]

by Koppe3T | 2015-03-28 17:58 | 季節 | Comments(0)  

里山ビオトープ

今朝は氷点下0.9℃なれど、日中は19.7℃まで上昇。春~~~~~~なんだから~の陽気となった。

少々早上がりだったので、里山プロムナードを散策だ。
f0233879_15191433.jpg


プロムナードの中程にあるビオトープである。ここの水溜りには、実に太い蛙の卵だ。ウシガエル化ガマガエルか???  さて、おたまじゃくしになるのは何時頃かな? 
 
f0233879_15191788.jpg
f0233879_15192569.jpg


空港の近くにある、癒し系のプロムナードである。ここは、ほとんど外国人しか散策してはいないけど、日本の原風景ぽいのが嬉しい。
f0233879_15192803.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2015-03-27 15:20 | 季節 | Comments(0)  

菊桃、開花!!!!(追記あり)

今朝は氷点下0.3℃。冷え込みました。それでも流石に日中は風もなく外気温13度。穏やかな春の1日であった。

我が家の春の使者「菊桃」が開花だ。
f0233879_16161000.jpg


午後は、久々に鴨池へ。毎度の鴨君達と遊んできた。
f0233879_16161982.jpg
f0233879_16162222.jpg


この池の桜並木は、蕾が大きく膨らみ開花寸前だ。
f0233879_16161440.jpg


池の向かいの竹藪からは、「ホ~~~、ケキョ。ケキョ、ケキョ」。まだ美しく鳴ききれないウグイス君の鳴き声だった。


f0233879_16162632.jpg


<追記>
夕方には、西の空から太平洋へ向かう4発エンジンのジェット旅客機が、夕陽を浴びて飛行機雲を残しながら飛び去って行った。ボーイング747かな~~~
f0233879_18125519.jpg


そして、天空には上弦の月だ。予報によると、明日は20℃超えの春爛漫らしい。
f0233879_18130879.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2015-03-26 16:20 | 季節 | Comments(0)  

管制塔撤去

今朝は1℃まで冷え込み、車の屋根やフロント・ガラスは凍結だった。日中の気温も11℃台まで上がるも、北西の風が強く(9m/s)体感的には真冬だったな。NRT第一ターミナルの快晴の青空である。
f0233879_16584114.jpg


こちらは、今朝のNRT管制塔。
奥に見えるのが現在の管制塔で1993年から使われている高さ87mのNRT Towerだ。
手前は旧管制塔で高さ65m。このTowerの内部では、現在ランプ・コントロールとして、航空機の地上滑走に係る誘導が行われている。
    Ship  : Ground Control, JapnAir771 Request Push Back Spot 15
    Controller : JapanAir771 Push Back Runway 32Left.
    Ship : JapnAir771 Push Back Runway 32Left
などの交信をしているところである。
f0233879_16583960.jpg

このたび、この旧管制塔が老朽化による撤去が決まった。撤去され、南側に新たに建造されるとのことだ。
実はこの旧管制塔は開港を4日後に控えた1978年3月26日、空港反対派の襲撃に合い最上部の管制室まで占拠され内部の計器盤などが破壊されたのだ。
で、開港が2ヵ月後の5月20日まで延期されたのである。
当日は日曜日だったと思うけど、TVに流れる過激派占拠の映像が昨日のように読みがってきた。実に衝撃的な事件であった。
           
過激派に占拠された当時の管制塔。屋上に職員が避難しているのが見える。
f0233879_17302157.jpg
この様な事件があったものだから、開港後も成田空港には物々しい検問所が設けられ、自動車・バス・トラックは、身分証明の提示とトランク・積荷の目視チェックなど世界にも珍しい入場検問が37年間行われてきたのである。
この検問もこの3月末日でなくなり、監視カメラの増強や機動隊の警邏のみになると云う。

[PR]

by Koppe3T | 2015-03-24 17:21 | 徒然なること | Comments(0)  

「風の陣」

今日は、18℃まで外気温が上がり、薄曇りながら実に春らしい「暖かいんだから~~~~♪」である。

陽気に誘われ、春のガーデニングをやっつけた。春の花を買い求めてきてちゃちゃっとである(笑)。 今回は春でもあり、これから暫らく楽しめるであろうゼラニウムラナンキュラスを選んでみた。
f0233879_12495285.jpg



高橋克彦先生の壮大な歴史ロマンの一つである「風の陣」を読み終えた。
時代考証的には、阿弖流為(アテルイ)の物語である「火怨」、更には奥羽州藤原家の終焉までを描いた「炎立つ」の前段である奈良時代の天平年間の頃から始まるのだ。①立志編、②大望編、③天命編、④風雲篇、⑤裂心編 の全5巻の超大作だ。
奈良時代の頃、大和朝廷は陸奥(今の宮城・岩手)をどのように見ていたのか!!!教科書の出てくる坂上田村麻呂は朝廷から見た英雄であって、それ以外の何物でもないことなどなど、読み応えのある作品である。
最終編での主人公が、時の陸奥守を討ち終えてつぶやく内容が凄い。「今日から思い悩むことがない。<中略>人とは、次の時代に繋がる橋を渡すために生まれてきたのだ」と独白している。作者の気持ちが伝わってくるな。

f0233879_12495512.jpg


風の陣「立志編」解説より:
八世紀中頃の黄金発見に端を発する奥州動乱と、中央政界の血腥い権力抗争を描く大河ロマン。本篇は全三部構成の第一部であり、奈良朝を震撼させた「橘奈良麻呂の乱」を中心に描く。
蝦夷の若者・丸子嶋足は、黄金を土産に帰京する陸奥守・百済敬福の従者となり、平城京に上る。朝廷の野心から陸奥国を守るための上京であり、敬福の後押しもあって兵衛府に仕えることになった。やがて、八年の歳月が過ぎ、番長に出世していた嶋足のもとに、同じ蝦夷の若者・物部天鈴が現れる。天鈴は嶋足を衛士府の少尉・坂上苅田麻呂(田村麻呂の父)と引き合わせ、苅田麻呂に採り立てられるよう仕向けた。一方、中央政界は、橘諸兄の死後、その子・奈良麻呂と藤原仲麻呂との対立が激化。奈良麻呂派による仲麻呂打倒の策謀が進行する中、嶋足はそれを未然に防ぐべく、渦中に身を投じていくのであった……。
奥州動乱前夜の若き蝦夷たちの躍動と葛藤を、壮大なスケールで描く。


[PR]

by Koppe3T | 2015-03-22 13:15 | 映画・読書 | Comments(0)  

ふぅ~~~

ソメイヨシノの開花の報もちらほら聞こえ始めてきた今週。それは、火曜日の朝の大嘔吐から始まった。熱も急激に上がり、慌てて病院へ。


f0233879_14571890.jpg
結局、ウィルス性の感染症とのことで、薬を処方してもらい4日間ダウンしていた。当然職場へは行けずだし水曜日のラウンドも急遽キャンセルせざるを得なかった。それにしても、今回のウィルスは、薬が効いているのかいなのか疑ってしまうほど長引いてしまった。
明日からは、体力回復に向けて歩くことから始めなきゃであるな。


こちらは、毎度の喫茶店でのオムライス~~~~!!!
f0233879_17240475.jpg
f0233879_17240703.jpg



[PR]

by Koppe3T | 2015-03-20 17:27 | 日常 | Comments(2)  

「461個の”ありがとう”」

今日は曇り空ながら、最高気温は15.8℃まで上昇だった。南寄りの1~2m/sの風で、体感温度も高めだ。
北ウイングからの南の空は、雲の上に太陽の位置がかろうじて分かる程度だったな。
f0233879_15395004.jpg


昨夜のドラマで、「461個の”ありがとう”」と言う実話に基づいたドラマを拝聴した。
弁当にその絆を繋いだ父と子の愛情弁当の物語であった。その父の実家は福島原発から20キロ圏内というのも、私には実に身近なことに感じた。
それにしても、高校の3年間、欠かさず作り通したお弁当!!!!。絆である。
f0233879_15400061.jpg
f0233879_15400243.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2015-03-16 15:51 | Comments(0)  

早春の風情

今朝は氷点下3℃まで冷え込んだけれども、日中は晴れて陽射しもの陽春!!!。暖かな日中で、早朝との温度差は16℃もあったようだ。
f0233879_16525580.jpg



午後、あまりにも好天なので、毎度のゴルフ・レンジへ。南からの4~5m/sのアゲンストの風なれど、日差しがなんとも嬉しい温かさだ。
f0233879_16525855.jpg


3時のコーヒー・ブレイクもワゴン・セールスが巡回してくれるのも嬉しい。機械で落としたコーヒーではなく、しっかりしたドリップしたコーヒーであるのが嬉しい。
f0233879_16530006.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2015-03-13 16:57 | 季節 | Comments(0)