<   2016年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

いよいよ満開シーズンだ <追記あり>

今日の最高気温は18℃。春本番になってきた感である。
この地域の桜はまだ2~3分咲であるが、東京の桜の名所はどこも8分咲となり「満開宣言」のようだ。


さて、今朝の東の空からの朝日は目に飛び込む眩しさだった。
f0233879_17585097.jpg


毎度の定点観測点からのNRTタワー。桜並木はまだまだ蕾が固い。
f0233879_17585317.jpg


我が家の菊桃も6~7分咲~~~!!!、明日には満開だな。
f0233879_17592283.jpg


さあて、石神井川の桜も満開に違いないな。

<追記>
そして、今日届いたワシントンはポトマック河畔の桜だ。100年も前に日本から送られた桜が満開である。
f0233879_19205443.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2016-03-31 17:59 | 日常 | Comments(2)  

雷乃発声

今日は、七十二候の「雷乃発声」(かみなり、すなわちこえをはっす)とのことだ。春の雷は恵みの雨を呼ぶとして喜ばれたろ云う。
農事には確かに雨が大事は認識しているのだが、こにお時期の雷は嬉しいかな~~~?


行きつけのゴルフ・レンジの桜は五分咲かな。
f0233879_18205846.jpg
f0233879_18212637.jpg


今日は、アプローチ練習場を借りてバンカー・ショットとアプローチに勤しませてもらった。
f0233879_18211459.jpg
f0233879_18211135.jpg
アプローチでも、サンドウェッジを開いて構え高く上げて止めるのも有効な攻め方であることを確認だ。
さてさて、次回のラウンドで試してみましょうか。

[PR]

by Koppe3T | 2016-03-30 18:25 | 季節 | Comments(0)  

春の使者「ふきのとう」

最高気温17℃。春の陽気になってきた。
快晴で、雲一つない青空だった。
f0233879_15592572.jpg


山際には、フキノトウだ。群生しているところもあるけど、ここには2輪。揚げたてのフキノトウの天ぷらは旨いんだな。
f0233879_15592847.jpg

菊桃もさらに開花だ。
f0233879_15594717.jpg




[PR]

by Koppe3T | 2016-03-29 16:02 | 季節 | Comments(2)  

菊桃も開花~~~~

朝の冷え込みも無かったけれども、夜明けから小雨~~~。昼まで降ったり止んだりだった。日の出後の東の空である。
f0233879_17451963.jpg



毎度の定点観測地点からのNRTタワーもどんより~~~
f0233879_17451507.jpg

我が家の「菊桃」も3~4輪開花だ。明日からは気温も上がるようで、ソメイヨシノも一気に満開に向かうだろうな。
f0233879_17452533.jpg


[PR]

by Koppe3T | 2016-03-28 17:47 | 日常 | Comments(0)  

印旛沼ウォークで印旛沼を考える

外気温6℃から8℃と真冬並みの天候の中、「印旛沼ウォーク」に参加してきた。
印旛沼周辺をウォークしながら、その歴史と先人達の努力に感謝の催しである。


まずは、旧印旛村の神社「宗像神社」である。寛和元年(985年)の創建と云うから、平安京の時代から印旛沼を見下ろすこの地にあったのだ。
f0233879_09015630.jpg



境内には、早速「印旛沼干拓之碑」が誇らしげに建っている。先人達の印旛沼の氾濫に対する並々ならぬ汗と涙が伝わってくる。
f0233879_09021189.jpg


路傍には、庚申塔があちこちに残されてもいるのだ。
f0233879_09020874.jpg


高台から今の西印旛沼と遠くにユーカリが丘のタワー・マンションを望む。
f0233879_09172869.jpg


高台を下りると、そこには「瀬戸大川岸渡船場跡」の碑だ。干拓前は、ここまで印旛沼の波が来ていた名残である。
f0233879_09022909.jpg


実は、以下の写真の右は現在の印旛沼(北印旛沼と西印旛沼を合わせて11.5平方キロメートル)で、昭和20年頃の印旛沼は左の図の様な左上へ大きな口を開けている蛇のような形(29.0平方キロメートル)だったのだ。その差、17.5平方キロメートルが農地になったということである。
f0233879_09110923.jpg
そもそも、印旛沼が単独の沼になったのは、江戸幕府が江戸を水害から守るべく利根川東遷事業を行ったことによるが、その結果印旛沼周辺は度重なる洪水被害に合うことになったのだ。江戸期、享保・天明・天保の3回に亘り掘割工事が試みられたがいずれも途中で挫折していたのだ。それが完成したのが昭和21年~38年の開発事業によるものとのことだから、地域の何百年に亘る思いの結晶なのである。

瀬戸大川渡船場を後に、西印旛沼を右手に見ながら進むと、こんな表示だ。そう3/27(日)は、佐倉健康マラソン大会の日なのだ。フル・マラソンの20Kmポイントだ。
f0233879_09023629.jpg


で、見えてきたのは現在の北印旛沼と西印旛沼を水路で結んでいる「印旛捷水路」に掛かる双子橋が見えてきた。
f0233879_09024472.jpg



橋の上から北方向を望む「印旛捷水路」である。
f0233879_09030130.jpg


橋を渡るとナウマン像の化石が発見されたことにちなむ「双子公園」だ。
f0233879_09034995.jpg


ここから、西印旛沼を遠望すると、穏やかな湖面が美しい。
f0233879_09032313.jpg
f0233879_09043198.jpg


ここから、県道沿いのサイクリング・ロードを南下。向かいには、またまた巨大な「干拓の碑」だ。いかに多くの労力を投入したかが伺える。
f0233879_09041981.jpg
f0233879_09041280.jpg


暫く沼を周遊するロードを進むと、「金メダルジョギングロード 尚子コース・裕子コース」の案内だ。高橋尚子や有森裕子選手がトレーニングしたことから名づけられており、多くのマラソン選手に愛されているコースとのことだ。
f0233879_09052174.jpg
f0233879_09543975.jpg


沼から離れ、鬱蒼とした坂道を登ると、そこには「佐倉市民の森」だ。入り口には旧増田家住宅が移築されている。明治明治初頭(約130年前)に建築された茅葺屋根の農家住宅で、千葉市から移築されたものだ。

入り口の長屋門は旧印旛村の農家の長屋門で、江戸期安永年間(1772-1781)に建築されたものとのことだ。
f0233879_09061138.jpg
f0233879_09063614.jpg


この辺りは、印旛沼の湖面より数十メートルの高台であり、水田には適さない。畑が延々と続くのだが、一画に佐倉茶発祥の茶畑があった。幕末49名の佐倉藩士が住み込んで茶の栽培を始めたという。明治になって、遠くニューヨークへも輸出されたという。
f0233879_10404316.jpg
f0233879_09071981.jpg


路傍には「雪柳」や猫たちのミーティング(笑)。
f0233879_09070835.jpg
f0233879_09073236.jpg

ここは、西印旛沼を高台から見下ろすことが出来、遠くスカイツリーや富士山も遠望できると云う「印旛沼サンセットヒルズ」である。豪勢なネーミングであるが、多くのデイ・キャンプの方々で賑わっていた。
f0233879_09075091.jpg
f0233879_09082323.jpg
傍らには、森鴎外の漢詩が。
f0233879_09084768.jpg


傍にはそんなに「ワイルドだぜぃ!!」とは感じ得なかったけれど「Wild Bird Forest」と掲示された「野鳥の森」だ。
f0233879_09092231.jpg


サンセットヒルズ(笑)と云うだけあって、こんな急な竹藪の坂を下りて印旛沼へ。
f0233879_09095370.jpg


鹿島川に架かる飯野竜神橋を渡るとオランダ風車で有名な「ふるさと広場」だ。
f0233879_09104469.jpg
f0233879_09110059.jpg
f0233879_09100897.jpg


やっと青空がひらけてきて、風車と青空が美しい。4/2(土)からチューリップフェスタとのことであるが、チューリップの花はまだまだ一部だけだったな。菜の花の方が沢山開花である。
f0233879_09113709.jpg
f0233879_09112381.jpg
f0233879_09110425.jpg

更に京成佐倉まで2.5キロ歩いて解散だ。約15キロのコース、最後は足裏ジンジンではあったが、途中リタイアせず完歩できて良かったな。




[PR]

by Koppe3T | 2016-03-27 10:18 | ウォーキング・散策 | Comments(0)  

桜始開の候である

今朝は、0℃まで冷え込んだ。半端ない寒の戻りである。日中は最高気温10℃ながらも北からの風が冷たい。
毎度の定点観測地点からの1枚。NRTタワーである。ここの桜並木は満開になると見応えがあるのだが、まだ2輪ほどしか開花していない。
f0233879_16010868.jpg



帰路、里山プロムナードへ立ち寄ってみた。まだまだ「春~~~!!」とは言い切れない風情である。
f0233879_16012070.jpg
f0233879_16012565.jpg
f0233879_16013044.jpg



午後、毎度の鴨池へ散歩。毎度の鴨さん、今日は私の姿を見つけて早々に勢いよく寄ってきた。
f0233879_16023840.jpg


早々に食べ終えても、まだ欲しそうに足元で遊泳。「もう無いよ~~~」の声で、そそくさとご帰還だ。
f0233879_16024470.jpg
f0233879_16025383.jpg
f0233879_16030149.jpg


この鴨池の桜並木のソメイヨシノは、5~6輪ほど開花だった。満開には更に1週間はかかるであろう。
f0233879_16031121.jpg
f0233879_16031758.jpg
f0233879_16032318.jpg
そう、今日は二十四節気「春分」の次候で「桜始開」(さくら、はじめてひらく)の候である。来週の火曜日以降は一気に20℃台の春がやってくるとか、来週末は各地で満開のソメイヨシノが観賞できるに違いない。

[PR]

by Koppe3T | 2016-03-25 16:12 | 季節 | Comments(2)  

花冷え~~~~~

今朝は6℃前後だったのであるが、日の出後どんどん気温が下がり昼前には4.7℃まで下がった。霧雨も降り出しびっくりポンな寒さだ。
f0233879_14161154.jpg



そろそろ開花かな?と思っていた「菊桃」も蕾はぷっくり膨らむものの、開花には至らずだ。花寒!!
f0233879_14154674.jpg



杏も、寒さにたそがれ気味だ(笑)。
f0233879_14160141.jpg
この花冷えは、来週半ばまで続くんだど(汗)。


で、こちらは先週の無線屋で開催されていた最新無線機器のデモンストレーションで操作させて頂いた無線機だ。HF帯~50MHz帯まで運用出来る無線機である。
f0233879_14260303.jpg
現在私が使っているのは、30年も昔の無線機をそれは手塩に掛けるように大事に使っている。しかし、こんなふうにスペクトラム・スコープが付いた機器だと、自分が使っている周波数の前後に出ている電波が一目で分かってしまうのだ。しかも、そのポイントを指でタッチするだけで、その周波数へ移れちゃうのだ。
進んでいるな!!!こういうのを触ってしまうと、欲しくなってしまうのがホビーの世界なんだよな(笑)。



[PR]

by Koppe3T | 2016-03-24 14:19 | 季節 | Comments(2)  

開花目前だ。

今日の最高気温は15℃。しかも南よりの風で、春っぽい1日だったな。

ぽっかり雲も春らしい。
f0233879_17252934.jpg


毎度のゴルフ・レンジは、かなり空いていて、2時間打ち放題で汗を流させてもらった。
f0233879_17252137.jpg



庭の「菊桃」の蕾が膨らんできた。明日には開花だな。
f0233879_17252572.jpg
今日の気象予報士曰く、東京のソメイヨシノの開花宣言は出たけれども、この週末から寒の戻りで「花寒」状態が続くんだと。
で、4/2の土曜日辺りまで満開のソメイヨシノを楽しめるだろうとのことだ。


[PR]

by Koppe3T | 2016-03-22 17:31 | 季節 | Comments(2)  

今日の日の出~~~

今朝の5時46分の東の空である。日の出直後の朝焼けが綺麗だ。
f0233879_14504343.jpg

春分の日が過ぎ、これからは日に日に日の出が早くなってくるのが嬉しいな。
それにしても、寒の戻りだろうか、日中10℃程度で北風も冷たく感じる1日であった。
東京では、靖国神社のソメイヨシノの標本木に「開花宣言」が出たとのことだが、、私のエリアはまだまだだ。今週末から来週だろうな~~~~。

[PR]

by Koppe3T | 2016-03-21 14:54 | Comments(0)  

春分~~~~~~

今日は、「春分」。最高気温も15℃まで上がり春らしい1日だった。
ご存じ、昼と夜の時間が同じ長さになる日だ。太陽が、真東から昇り真西に沈む。
そして、春分!! 二十四節気でも春を分ける重要な日でもある。


農作業も本格化する頃で、周りの田圃は「田起こし」の作業の頃だ。
f0233879_17154355.jpg


f0233879_17154653.jpg


次は、田植えに向かって水を入れ「代かき」作業だな。
今日は田圃の畦で多くのモンシロチョウやモンキチョウが飛び回っていた。モンシロチョウを見かけたし、春本番を感じることができた春分の日であったな。
西に陽が沈む。
f0233879_17435292.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2016-03-20 17:19 | 季節 | Comments(0)