人気ブログランキング |

「レインツリーの国」

「阪急電車」以来に、有川 浩さんの作品を読んだ。

f0233879_2091889.jpg
「レインツリーの国」である。

始まりは、主人公の一人である伸(しん:ハンドル・ネーム)が、昔読んだ本の感想の書き込みをネット検索で見つけたことから始まる。
最初は今流行のネットからの交際かと思えど、メール交換が進むうちに、この二人のお互いを思う感情は半端ではなくなる。
胸が痛くなるくらいのハラハラ感と、思い悩んだ末に異性に対して失礼かなとも思えることを云えるこの彼は、心から相手を大切に思う気持ちがあってのことだったのだが。
最後まで諦めない強い心も大事なのであろう。


エンディングは、読んでの御愉しみである。「レインツリーの国」の意味も素晴らしい。



内容(「BOOK」データベースより)
きっかけは「忘れられない本」そこから始まったメールの交換。あなたを想う。心が揺れる。でも、会うことはできません。ごめんなさい。かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった―。青春恋愛小説に、新スタンダード。

by Koppe3T | 2012-02-29 20:14 | 映画・読書・鑑賞 | Comments(2)  

Commented by サン&ロー at 2012-03-01 13:02 x
データーベースの見出しには確かに惹かれますね~
現代的なスタートからの淡い恋の始まり~そして・・・

面白そうですね、覗いてみたくなりました~
Commented by Koppe3T at 2012-03-01 18:56
サン&ローさん>

コメント、ありがとうございます。
誰にでも「忘れられない本」と云うものがあると思うんです。

是非、手にとってみて下さい。

<< 発電機、初運用。 ラフォーレ松尾ゴルフ倶楽部 >>