人気ブログランキング |

国分寺お散歩

昨日は、天平の世へ想いを馳せつつ国分寺周辺のお散歩教室に参加だ。

集合した時には、一瞬傘を差さねばならないほどの雨が降るも、雨も早々に上がりお散歩開始だ。

まずは、国分寺駅からほど近い「殿ケ谷戸庭園(とのがやと庭園)」。
f0233879_11442239.jpg
<園内の大芝生エリア>
明治から昭和にかけての実業家の別邸だったもので、三菱財閥の岩崎彦弥太氏の別邸になったりしたが、今は都立庭園として開放されていると云う。関東ローム層織成す国分寺崖線の南端に立地するため、湧水も豊富で園内を散策していてもなんか優雅な気分にさせてくれた。
f0233879_11463918.jpg
丁度、藤が見頃で、藤棚から流れるように垂れ下がる紫の藤が雨上がりにお似合いだった。

崖線の高低差を見事に利用した造りの「次郎弁天池」を紅葉亭より望む。
f0233879_11491161.jpg


国分寺崖線からの湧水を集めて流れる「野川」に掛けられた「不動橋」沿いの鯉のぼり群。小さく可愛い鯉幟が季節感を盛り上げてくれていた。
f0233879_11514018.jpg


不動橋際の「不動明王」。
f0233879_1153551.jpg


さて、いよいよ「お鷹の道」だ。
f0233879_11545696.jpg

江戸時代、国分寺村は尾張徳川家の鷹狩り場だったことから、「お鷹の道」と呼ばれ遊歩道が整備されている。
この遊歩道に沿って流れる小川の水が実に綺麗なのである。流石に湧水群の宝庫の賜物である。
f0233879_1204312.jpg

蛍の幼虫の餌になると云う淡水に生息する巻貝の「カワニナ」が沢山生息しているのをまじかに観察できちゃうのである。
f0233879_121356.jpg


湧水群に中でも有名な「真姿の池(ますがたのいけ)」である。
f0233879_1254611.jpg

平安時代初期、玉造小町と云う絶世の美女がこの水で身を清めたところ病がたちどころに癒えたとの伝説が残っているとのことだ。、

「お鷹の道湧水園」の長屋門である。
f0233879_12192021.jpg
長く国分寺村の名主であった本多家の建物の一つで、弘化5年の築とのことだから、ペリー来航より昔のことだな。園内には、国分寺の七重塔の1/10スケール再現もでるや武蔵国国分寺跡の出土品などが展示された資料館がある。
f0233879_1220196.jpg


それにしてもこの辺り一帯は、本多家・本多家・本多家~一色であり、実に有力な名主だったであろうことを想定させてくれたな。

さて、いよいよ天平時代へ誘ってくれるであろう「武蔵国分寺跡」だ。
f0233879_12223074.jpg


まだまだ発掘調査が続いているとのことだが、この「金色堂」跡地の礎石が、当時の伽藍の壮大さと、当時の天皇権力の強大さ、使役に刈り出されたであろう庶民の苦労などなど、思い起こしながらの散歩となった。
f0233879_12293825.jpg


こちらは、七重塔の礎石である。古式ゆかしく再建されたら更に天平時代への夢も膨らむのであろう。
f0233879_12453532.jpg


更に、武蔵国分尼寺跡を散策し、鎌倉時代の「伝鎌倉街道」体感である。道幅や周りの林が、いかにも鎌倉武士が騎馬で掛け抜けて行きそうな雰囲気がたまらない。
f0233879_12494829.jpg


最後に、7から8世紀に整備されたと云う「東山道武蔵路跡」のばか幅広い街道を体感だ。
f0233879_12533096.jpg
上野国から武蔵国へ南下する枝道とのことだが、こんなに広い(約12mあるのである)道路が、当時必要だったのか、実に疑問である。

お散歩はこれでおしまいであるが、後半気温も下がり雨も傘無しでは歩けない天気だったけど、初「国分寺」体験は、コース的にも実に興味深いいいコースだったな。

閉会のあとは、有志での打ち上げ!!。冷えた身体には、「お湯割り」!!と、焼酎のお湯割りで始まり、最後は、「鶏のさっぱり鍋」と雑炊まで、あっと云う間の飲み放題会だった。最後の雑炊が何とも美味しかったな。
f0233879_1301699.jpg


今回も、ご一緒に歩いて頂いた参加者の皆様と主催者に謝々である。皆様、風邪引いてませんように。

by Koppe3T | 2013-04-21 13:01 | ウォーキング・散策 | Comments(4)  

Commented by yo~yo at 2013-04-21 17:43 x
昨日は本当に寒かったですね。
晴れ男さんも異常気象にはなかなか・・・
それでも藤の花や緑溢れるコースに癒されましたね。
打ち上げのお鍋の美味しかった事!(笑)
お疲れ様でした~
Commented by Koppe3T at 2013-04-21 18:25
yo~yoさん>

ほんとに昨日は真冬のような中、お疲れ様でした。
そんな中でも、お鷹の道や武蔵国分寺跡など素晴らしいコースに、大・満・足でした。

そうそう、「サッパリ鍋(笑)」は、見た目と段違いに美味しかったです。
また、よろしくお願い致します。
Commented by 風邪のカワセミ at 2013-04-22 07:30 x
土曜日は、直前の不参加すいません。きっとリベンジ参加し、コッペさん達が歩いた道を歩いてみせます。(^_^)/
Commented by Koppe3T at 2013-04-22 09:09
カワセミさん>

風邪はしんどいでしょうね。この週末はこの時期としては48年ぶりの寒波だったとか。お家で養生が大正解だったと思います。
早く全快されて、国分寺道楽しまれてくださいませ。

<< 春爛漫とはいかず バーディは嬉し。 >>