人気ブログランキング |

石神井公園お散歩~~~

昨日の「みどりの日」は、「ここは東京でない!!」(笑)と評判の「石神井公園」のお散歩に参加してきた。「みどりの日」にふさわしい若葉青葉が美しく映える天候にも恵まれ、確かに「ここが東京23区か!!」と思いつつ堪能してきた。

まずは、三宝寺池下流に造られた「石神井池」。連休中と云うこともあり、池には多くのボートが。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_13254919.jpg


更に、園内の木々は若葉が眩しい。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_13263029.jpg


三宝寺池に架かる太鼓橋も優雅である。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_13301547.jpg


三宝寺池沼沢植物群落である。武蔵野3大遊水地の一つであり、東京では珍しい沼沢植物が育成しており、昭和10年に国の天然記念物に指定されていると云う。手前の紫の花は「カキツバタ」である。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_13355975.jpg


中の島際に居たコサギ君。獲物が足元に来るのをジッと我慢の子であった。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_1339463.jpg


「三宝寺池」である。ここが東京ですか~~と云う感の武蔵野のイメージが色濃い。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_13432599.jpg


岸辺では、亀さんも甲羅干しだ。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_1344189.jpg


三宝寺池の水上にある東屋からの眺め。この眺めは贅沢過ぎである。この風景独り占めで文庫本でもあれば、何時間でも居座れそうだ。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_13482412.jpg


平安時代から室町中期までこの地域の豪族であった豊島氏の居城でであった「石神井城」が文明9年(1477)の落城時に城主豊島奏経が愛馬でこの池に沈んだとの伝えと二女の照姫が三宝寺池に身を投げたと云う伝説があり「殿塚」、「姫塚」として弔ってある。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_1412997.jpg
現在でも照姫祭りが開催され、毎年一般から「照姫」の募集があるとのが凄い。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_144377.jpg


三宝寺池の「厳島神社」遠望。水源保護として石神井村の村民の厚い信仰を受けていた神社である。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_147538.jpg


文明9年に落城するまで豊島氏の居城であった「石神井城跡」である。中世のお城の面影を如実に残していて実に興味深い。保護の為、内郭へは入れないが、土塁・空堀がいかにも中世の館であったお城をイマジネーションさせてくれている。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14165638.jpg


一部、当時の石垣も残っているのが嬉しい。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14172053.jpg
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14194664.jpg


ここで、ランチ・タイム~~。ビールが美味しかったな。これは、お隣にシートを敷いて休憩中だった方の連れ猫ちゃん。実に大人しくお利巧さんな猫ちゃんで、しっかり自分のサンシェード内に入って周りにご愛嬌だった。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14235189.jpg


練馬区立ふるさと文化館の展示物から、「昭和の風景」と練馬といえば「練馬大根」の漬物樽。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14264765.jpg

石神井公園お散歩~~~_f0233879_1427249.jpg
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14271464.jpg


ふるさと文化館そばの練馬区指定文化財で、明治20年に建てられたと云う民家である「旧内田家住宅」。平成19年に屋外展示施設としてへ移築されたもの。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14311446.jpg

この旧内田家住宅では、平安時代の衣装体験が催されており、こちらは平安時代の姫に変身の参加者である(お姫さま、お似合いでしたよ~~)。私も小者役で野良着を着させて貰い、衣装体験4名様での記念撮影は大盛り上がりであった。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14342018.jpg
顔が出てしまうので衣装体験した皆様の紹介が出来ないのが残念である。

実は、練馬は「練馬大根」よりも甘藍(キャベツ)が特産品ということを今回知った。練馬区
の畑の4割がキャベツ畑だと云う。この通り住宅地のすぐそばまでキャベツ畑であった。しかも、甘藍(キャベツ)の碑まで建立されているのだから半端ないことである。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14442911.jpg
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14445444.jpg



曹洞宗の寺院である豊島山道場寺。豊島氏の菩提寺で、文中元年(1372)の建立とのことだ。境内は紅葉の木が多く、紅葉の季節に訪れたら「ここは京都ですか?」の風情であった。
境内の紅葉の向こうの三重の塔も優美である。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14535327.jpg
石神井公園お散歩~~~_f0233879_14574748.jpg


真言宗智山派の寺院である「三宝寺」である。豊島氏の菩提を弔うために石神井城落城後に大田道灌によりこの地に移転されたという。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_1514524.jpg
このお寺さんも紅葉が本殿まで迫っていて秋に訪ねたら、また一味違った景観を楽しめそうである。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_152135.jpg


この三宝寺山門は、徳川3代将軍家光が狩猟の際に当寺に立ち寄り休憩したので「御成門」と称され、江戸時代は通常閉じられ庶民の通行は禁じられていたという。その後の2度の大火でも難を免れ当時の古建築を今に伝える山門である。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_1594492.jpg


こちらは、応永年間(1394~1428)に豊島氏が武蔵一の宮より分霊したと云う「氷川神社」で、石神井郷の総鎮守である。古刹である。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_15153031.jpg


最後に再度石神井公園の池を眺めながら帰路へ。水辺には、真っ黒い体の「バン」や」「ゴイサギ」がお見送りだった(笑)。写真はゴイサギである。
石神井公園お散歩~~~_f0233879_15175160.jpg


全行程、約11キロ(15000歩)。ここが東京23区とは思えない地域のワイワイガヤガヤのお散歩は実に楽しかったな。案内頂いたリーダーはじめご一緒いただいた皆様に感謝である。

by Koppe3T | 2014-05-05 15:22 | ウォーキング・散策 | Comments(4)  

Commented by ジョ姉ー at 2014-05-07 17:52 x
先日はお疲れ様でした。
石神井公園は千葉の長閑さとは、又、ひと味違った「ここは東京?」と、問いたくなるような池と緑溢れホッとする素晴らしい公園でしたね?
石神井公園を、愛し熟知したリーダーに案内していただき、お天気にも恵まれ楽しい1日でしたね!?
Commented by Koppe3T at 2014-05-07 19:50
ジョ姉ーさん>

日曜日は、お疲れ様でした。
素敵な水辺の公園のすぐ傍には豪邸が立ち並び、私の地元の長閑な所とは違い、やはり東京は東京であると感じていました。
リーダーには感謝感謝であります。
Commented by 姉さん at 2014-05-07 23:05 x
美しい景色の写真ありがとうございます。
ゴイサギもいたんですね。
確かにすぐ横に豪邸が立ち並ぶところが東京らしいですね。豪邸でなくていいから、石神井公園のそばに住みたくなるほど、ここを愛してしまいました姉さんです。
Commented by Koppe3T at 2014-05-08 16:28
姉さん>

東京23区内とは思えない癒しの空間と時間をありがとうございました。
池袋は近いし、癒しの公園もあるし、商店街も雰囲気あるしと3拍子揃い踏みですものね。是非とも移住をご検討くださいませ(笑)。

<< ほんとに立夏ですか? 夏日なれど。 >>