人気ブログランキング |

桃栗三年 柿八年

今日は最高気温24.5℃。涼しい1日だったな。

今朝は超早番だったのであるが、午後帰宅後はお昼寝~~~(笑)。


さて、昔から「桃栗三年柿八年」と云われるけど、その続きがあるんだよね。
私の故郷では、「梨の馬鹿野郎十八年」と云われていた。梨の農園だったからかな(笑)。
ご存じの通り、芽が出て実がなるまでに、桃と栗は3年柿は8年かかるという意味で、梨は18年もかかるらしい。
まっ、何事も成し遂げるまでにはそれなりの年月がかかると云うたとえでもある。

夕方散歩していて見つけた栗の実である、いがぐりがパックリ開いて「早く収穫して~~!」の図であった。いよいよ収穫の秋~~~である。
f0233879_17171461.jpg


傍らには、樹高1.5mほどの栗の木にも実が実っている。
f0233879_1716399.jpg


幹にプラカードが付いていて、植えた年月と品種が記録されていた。「2012年11(H24年)、大峰」である。2年ほどで、こんなに実を付けるのである 。
f0233879_17165833.jpg
桃栗3年。ふむふむ。「梨の馬鹿野郎18年!!」道理で、梨は接ぎ木をして品種改良を行っていたのは、収穫までに年月がかかり過ぎるということだったのであろうな

by Koppe3T | 2014-08-29 17:20 | 季節 | Comments(2)  

Commented by Viora at 2014-08-29 20:56 x
急に涼しくなったここ一週間くらいに相応しい
秋の風情を感じる言葉ですね?
梨?は大好きですが、梨の馬鹿野郎十八年は、初めて聞きました。
そんな歳月を要しての梨に改めて最敬礼!(笑)
味わっていただきます。
Commented by Koppe3T at 2014-08-30 09:08
Vioraさん>

今年は秋雨前線の南下が早すぎですね。涼しい日々で体調も狂いそうです。

梨以外にも、柚子18年とか年月がかかる果物も言われるようです。

<< スイング・プレーンが大事だな おかだいらゴルフリンクス >>