深大寺散歩

先週の土曜日、新緑が眩しい中、武蔵野の古きよき時代の面影を残す調布周辺を歩いてきた。

出発は、京王線布田駅から。
旧甲州街道を渡ると、「成田山」が迎えてくれた。調布不動尊で親しまれている常性寺である。鎌倉時代の創建で、慶長年間に多摩川沿いから移転したとのことだ。境内には多くの石仏が可愛い。また、300年生きていると云う「ハグ・イチョウ」だ。しっかり、ハグして「気」を貰えたな。

f0233879_15081043.jpg
f0233879_15081427.jpg




こちらは、今の甲州街道沿いにある、「国領神社」である。祀ってあるのは、神産巣日神(かみむすびのかみ)とのことである。境内の藤の大木が有名で、樹齢4500年と云われる「千年乃藤」が見事であった。

f0233879_15082465.jpg
f0233879_15082815.jpg
藤棚を上から眺めると、幹がこんなに盛り上がってから枝が周囲に伸びているんだよね。流石に千年乃藤である。
f0233879_17354737.jpg




「野川桜ライトアップ」で有名な「野川」である。護岸工事されていないこの川は、子供たちの絶好の遊び場になっているようだ。しばしの距離を歩けたのは実に快適だった。

f0233879_15084142.jpg
f0233879_15084596.jpg


鴨さん、驚かせてごめんね~~~。
f0233879_17383145.jpg



野川を離れて、こちらは「虎狛神社」である。崇徳天皇2年(588年)に神事が執り行われたとのことだから、武蔵野の古刹である。映画「千と千尋の神隠し」に出てくる「ニギハヤミコハクヌシ」は、この虎狛神社から想定されたとのことである。

f0233879_15085580.jpg



虎狛山日光院祇園寺である。天平年間(72949)に開山されたと云うから、こちらも古刹である。

境内には、名言「板垣死すとも自由は死せず」で有名な自由民権運動家の板垣退助の手植えと伝わる「自由の松」が残っている。

f0233879_15092187.jpg

f0233879_15090716.jpg


この辺りは、畑も沢山残っており、用水路には綺麗な水が流れている。いかに湧水が多いということだろう。
f0233879_15092460.jpg



中央高速の側にある深大寺自然公園内にある「野草園(やそうえん)」である。湧き水がこんこんと流れる武蔵野風情が目にも優しい。写真の橙色のネットは、蛍の幼虫を野鳥から守る為のネットとのことだ。来月には蛍が観賞できるとのことであるが、詳しくは野草園へ電話くださいとのことであった。

f0233879_15093433.jpg



青渭神社(あおいじんじゃ)である。創建は伝わっていないが、973年の延喜式に武蔵野国八社と記録されているとのことで、これまた古刹である。深大寺村の総鎮守である。

境内の御神木の樹齢700年と云われる大ケヤキは、江戸名所図会にも描かれている名所である。

f0233879_15094341.jpg

f0233879_15095467.jpg
f0233879_15100153.jpg
f0233879_15100907.jpg


「神域にて犬の糞は厳禁です」の掛札が笑える。猫や私のはいいんかい?(笑)

都立水生植物園である。花ショウブや田圃、葦原などがあり、カキツバタが綺麗に咲いていたな。

f0233879_17220508.jpg
カキツバタ
f0233879_15104850.jpg

こちらは、「シラン」。紫の花が可憐である。

f0233879_15104504.jpg



水生植物園の隣の丘が、「深大寺城跡」である。扇谷上杉家の朝定が北条氏の侵攻に備えて再興した城とのことであるが、悔しいかな北条はこの城を無視して川越方面へ侵攻してしまったと云う。空堀や土塁などがしっかり残っており中世城郭を偲ぶことが出来る。

f0233879_15101982.jpg
f0233879_15102292.jpg
f0233879_15102404.jpg



櫓台跡を手前に「この木何の木、気になる木?」を望む。平和な時空が流れていたな。

f0233879_15103620.jpg




深大寺参道に到着だ。ゴールデンウィークと云うこともあり、多くの訪問客で賑わっていたな。

私は、参道で「そばまんじゅう」を買い食いだ(笑)。

f0233879_15105640.jpg
f0233879_15110042.jpg



深大寺は、733年深沙大王(しんじゃだいおう)を祀る寺として開山とのことだ。縁結びの神で有名だ。こちらは、本堂である。

f0233879_15110876.jpg




重要文化財の「釈迦如来像」である。普段は、各地での催しにお出ましのことが多いとのことであるが、今回は拝むことが出来てラッキーであった。

f0233879_15114152.jpg




境内の「なんじゃもんじゃのき」である。白い花が満開で、これまたこの時期ならではの見ものであった。

f0233879_15112688.jpg




元三大師堂。

f0233879_15113790.jpg




深沙大王堂。深沙大王像が祀られている。

f0233879_15122581.jpg




大きな水車を店構えにしているお蕎麦屋さん。

f0233879_15124202.jpg



深大寺水車館である。むかし、ここに直径4mの水車小屋があり、五つの突き臼と一つの挽き臼があり、地元人たちが穀物を突いたり挽いたりしていたと云う。この辺りが、豊富な湧き水があったと云う証でもある。

f0233879_15123538.jpg




で、打ち上げだ。今回は、深大寺と云うことで、「湧水」と云う名のお蕎麦屋さんである。

ビールは最高に喉にしみたけど、湧水そば美味しかったな~~~~。

f0233879_15115157.jpg

f0233879_15114630.jpg



夕闇迫る駅までのほろ酔い散歩が、これまた最高だった。陽は西に沈み、月は東の空に上がり、「行はよいよい、帰りは怖い♪、怖いながらもとおりゃんせ~~♪」の合唱が聞こえてきたのは、空耳か?(笑)。 「月がとっても青いから、遠回りして帰ろう~060.gif」の風情であったな。 

f0233879_15115497.jpg



こちらは、灯が灯った布田神社である。夕闇に風情満点である。

f0233879_15120594.jpg
f0233879_15115876.jpg



調布駅へ続く「天神通り」には、鬼太郎や、塗り壁、ねずみ男らがお出迎え~~~~。

f0233879_15120800.jpg
f0233879_15121244.jpg
f0233879_15121573.jpg

今回は約20000歩(約8Km)のコースだったけど、武蔵野面影残す素晴らしいコースだった。

案内してくださった姉さん、ありがとうございました。一緒に歩いて頂いた皆さま笑の絶えない楽しい散歩をありがとうございました。


[PR]

by Koppe3T | 2015-05-04 17:27 | ウォーキング・散策 | Comments(4)  

Commented by 案内人 at 2015-05-04 18:16 x
ご丁寧なレポートありがとうございます。
天気はいいし、酒はうまいし、コッペさんはやっぱり若い姉ちゃんが好きだし!最高な深大寺散歩でした。
鴨池ほどではないが、都会のオアシスと新緑に乾杯です。
夕闇せまる月見散歩も楽しい時間でしたね。

またワイワイと笑いながら散歩いたしましょう。
Commented by Koppe3T at 2015-05-04 18:51
案内人さま>

いや~~~~、土曜日は新緑の時期でもあり最高のコースでした。酒は旨いし若い子が居る蕎麦屋さんはあるし(笑)、
夕闇迫るコースも素敵でした。

また、よろしくお願いします。
Commented by ms.rokkotsu at 2015-05-05 06:42 x
土曜日はお疲れ様でした。
沢山の写真どれもとても綺麗に撮れていて、
素晴らしいコースを反芻しつつ、再度楽しませていただきました。
深大寺含め神社とお寺それぞれ味わいあり、感心しました。
新緑と可憐な花々と青空にこの季節ならではの風景を堪能出来ました。
ピチピチお嬢さんのお蕎麦屋さんでの打ち上げも最高でしたね(笑)
有難うございました。
Commented by Koppe3T at 2015-05-05 13:00
ms.rokkotsuさん>

土曜日は、お疲れさまでした。

お散歩には最高の候に、武蔵野らしいエリアの散歩は、沢山の英気を養えました。

お蕎麦屋さんでの、しかも屋外で明るい内から皆様との打ち上げも最高の至福のひと時でした。

ありがとうございました。

<< 端午の節句~~~~ スズラン開花~~~ >>