人気ブログランキング |

都電貸切り!!、目白周辺と千住大橋周辺散歩

昨日は、冬晴れの天候に恵まれ最高気温12℃の中、あの都電荒川線全線貸切りをメインに、目白・高田並びに三ノ輪橋・千住大橋周辺の「姉さん散歩」に参加してきた。


出発は目白駅~~~。目白と云えば皇族の方々の学校で有名である「学習院大学」だ。
f0233879_12392000.jpg

校内は凛々しい応援団のきりりとした整列があったり、スポーツや馬事に汗を流す学生を横目に構内に残されている自然林へ。絨毯のように積もった落ち葉を踏んで歩むのが心地よい。
小路を進むと、かの高田馬場の決闘で有名な堀部安兵衛が刀を洗ったと学生の先輩から後輩へ語り継がれたと云われる「血洗いの池」だ。旧目白村の雑木林を彷彿させてくれる林と池である。高田馬場があったのは、神田川の向かいの丘であるからここまで刀の血を洗いには寄らないであろうとのことではあるが、楽しい逸話である。
f0233879_12400408.jpg
f0233879_12395001.jpg


自然林の中は遊歩道が整備されており、乗馬部の馬場もあり、馬場の側には日露戦争の旅順開城時にロシアのステッセル将軍から乃木大将に贈られた馬・壽号の仔が「乃木号」として当時の乃木学習院院長へ贈れらたと云う葦毛の名馬を記念した碑なども建っている。
f0233879_12414788.jpg
f0233879_12413727.jpg


学習院を後に、神田川を渡ると都電荒川線の早稲田へ向かう直角カーブだ。鬼子母神駅方面への勾配がよく分かる眺めである。
f0233879_12443541.jpg


神田川である。大ヒット曲「神田川」の作詞家はこの近くに下宿していたとのことだ。川沿いの民家の塀にはニャンコだ。神田川に似合うね。
f0233879_12443989.jpg
f0233879_12444842.jpg


こちらは、江戸期御三卿の一家であった「清水家」の下屋敷であった所で、美味しい湧き水が茶に適していたとのことで「甘泉公園」呼ばれている。こじんまりとしているが、手入れも行き届き癒される回遊式庭園である。
f0233879_12450179.jpg
f0233879_12452192.jpg

水稲荷神社である。941年に稲荷大神を勧請したのが起源とのことだ。境内内の「髙木神社」も嬉しい(笑)。
f0233879_12454979.jpg
f0233879_12455365.jpg
f0233879_12455858.jpg

江戸の富士塚では最古(1779)と伝わる「高田富士」も境内内に鎮座だ。
f0233879_12463011.jpg


旧高田村の「高田馬場」である。寛永13年(1636)に造られた旗本たちの馬術練習場である。馬場だけに直線部が結構しっかりとってあるのだ。馬術見物客も多く見物客も多く茶屋も多く「茶屋町通り」の名も残っている。安政6年の切絵図にも直線的に長い高田馬場が載っている。傍には現甘泉公園の「清水殿」の敷地も記録されている。
f0233879_12465560.jpg
f0233879_14373215.jpg



さて、都電荒川線の「早稲田駅」に到着だ。ここから貸切り都電」に乗るのだ。行き先は終点の「三ノ輪橋」で、たっぷり1時間も乗れるのだ。
f0233879_12470237.jpg

予約の貸切り電車が入線だ。7000系の車両で昭和52年の導入で長さ12.52m、幅2.203m、高さ3.65m 定員96名と可愛い電車である。黄色と云うのがまたいかにも都電らしい。
f0233879_12471053.jpg
で、定刻に出発進行!!!。出発時、可愛い「チンチン!!」とこのベルが鳴るんだよね。姉さんの手造りポスターも更に可愛い。
f0233879_13053373.jpg
f0233879_13045583.jpg

f0233879_13034216.jpg
f0233879_13041695.jpg
電車が動き出すと、車内は一気にテンション・ハイの参加者メンバーが運転席やら後ろやら座席やら大興奮だ。ポスター掲示で大撮影会も楽しかったな。
どうしても、進行方向は人気が高い(笑)。
f0233879_13043358.jpg


路線図はこの通りであるが、主催者が準備してくれたこの高低差付のこの路線図が実に嬉しい。67パーミル(1km先で67m高低差がある意)と荒川線の最大傾斜の飛鳥山から王子へ下るカーブに近づいてきた。飛鳥山へ登るケーブルカーの傾斜で、その傾斜の凄さがわかるのだ。
f0233879_13060080.jpg
f0233879_13242705.jpg
f0233879_13062374.jpg
f0233879_13073921.jpg



王子駅を出発すると、すぐ左手に飛鳥山で暗渠になっていた音無川が開渠となって流れているのが見えるのだ。
f0233879_13061136.jpg


で、小台駅近く。この辺りが隅田川の渡しがあり、50件の温泉街で賑わっていたとのことで、名残の「熱海」なる割烹が今でも営業しているのが嬉しい。
f0233879_13074787.jpg



興奮のるつぼであった都電貸切りもここ三ノ輪橋で終点だ。車内では、各駅周辺の案内を携帯式アンプで案内してくれたお二人にありがとうである。
f0233879_13313109.jpg


ここ三ノ輪橋は「関東の駅百選」にも認定されているだけあって、実に昭和っぽい風情のある駅なのだ。
f0233879_13315435.jpg
f0233879_13320269.jpg
f0233879_13320743.jpg



更に、こんな路地通れる??を進むと「ジョイフル本三の輪商店街」だ。これまた昭和そのまんまで、嬉しくなってしまうのは私だけだろうか。
f0233879_13321314.jpg
f0233879_13321951.jpg
f0233879_13322711.jpg


商店街の中ほどのある「砂場総本家」である。大阪を起源とする老舗の蕎麦屋である。なんでも大阪城築城の資材置き場が名前の由来と云うから凄いね。建物は、区の指定文化財でもある。
f0233879_13324382.jpg


東京スタジアム跡。現ロッテの大毎オリオンズの球場だったところである。今は、荒川区の総合スポーツセンターになっている。
f0233879_13504731.jpg


さらに、この辺りは水運が使えたことから明治期多くの工場があった。これは、千住製絨所の跡地にのこる煉瓦塀だ。
f0233879_13514217.jpg
f0233879_13330436.jpg

また今はダンボールとと身近な板紙発祥の碑も残されている。流通に段ボールは必須であるからね。
f0233879_13333722.jpg


素戔嗚神社である。6月開催されるお祭りの二天棒神輿が見ものとのことだ。普通の神輿は井桁に4本担ぎ棒があるが、ここのは2本しかなく、これを地面すれすれまで振り回す神輿とのことだ。
f0233879_13340801.jpg

境内内の瑞光石や末を芭蕉の碑が残されている。千住大橋を模した小橋の袂に芭蕉の独り言が掲示されているのが、実に楽しい。さてさて、芭蕉は「矢立の初め」として千住大橋の北詰めから出立したのか南詰めから出立したのか・・・。
f0233879_13342033.jpg
f0233879_13335345.jpg


さて、千住大橋である。初代の橋は家康が江戸入府早々に1594年に架けているが、この鉄製の橋は昭和2年の架橋である。
f0233879_14033524.jpg
f0233879_14082972.jpg

袂には、芭蕉の矢立初めの碑が建っている。さて、芭蕉は、右岸に降り立ったのか、左岸に降り立ったのか??
f0233879_14033854.jpg
f0233879_14035173.jpg
f0233879_14034658.jpg


橋戸稲荷神社である。926年に勧請された古刹である。土蔵の扉に鏝絵で有名な伊豆長八が描いた狐の鏝絵が残されているのだ。鏝でこんな素晴らしいものが描けるのって凄いね。左官の職人技の一つなのだろう。
f0233879_14084686.jpg
f0233879_14204292.jpg

さて、目白周辺と都電貸切りそして三ノ輪~千住の散歩はこれでお終~~~~い。打ち上げは千住大橋駅袂の中華屋さんだ。
本格的中華が出るわ出るは。次から次へとおかみさんが階下の厨房から運んでくるのだが、どれもしっかりした味付けで、飲み放題のビール・焼酎も進むこと進むこと(笑)。

今回も、綿密な調査と「都電貸切り」と云う思いも及ばなかった企画をしてくれた姉さんに感謝である。また、一緒に歩いてくれた皆様にも感謝である。
歩き始め早々、しばし戦線離脱(汗)しお待たせしてしまったことにごめんなさいである。


by Koppe3T | 2016-01-10 14:21 | ウォーキング・散策 | Comments(6)  

Commented by columba at 2016-01-10 17:54 x
昨日は好天の中、文京地区~下町地区への全く違う町のウォーキングもさることながら、都電貸し切りは年を忘れおおはしゃぎしちゃいました。
楽しめましたね?!
沢山の写真良く撮れてますね。
食いしん坊のあたくしは打ち上げ中華に大満足!
お疲れ様でした。
Commented by 姉さん at 2016-01-11 08:30 x
本当に詳細記録、まことにありがとうございます!
都電貸切のインパクトが強すぎて?みなさん都電の写真ばかり載せていたのでコッペさんの記事は嬉しいです。
高木神社はほかでも見かけたことあります。今度調べてみますね。
戦線離脱は乗車前で都電を途中下車することにならず良かったです。(笑)
Commented by デゴイチ at 2016-01-11 08:32 x
初コメントですが、デゴイチでお察しください。
詳細なアップ楽しかったです。高木神社の由来や神様がわかるといいですね。
Commented by Koppe3T at 2016-01-11 15:05
columbaさん>

土曜日は、貸切り都電、楽しかったですね!!!
まるで、小学生の一団のようでした(笑)。
やはり、運転席側では、「鉄橋だ、鉄橋だ、楽し~~いな♪」でした。

中華は、わたくしも大満足でした。
Commented by Koppe3T at 2016-01-11 15:09
姉さん>

山の手から都電で下町へ~~~。楽しさx3の内容でした。
写真がいつもの1.5倍もあり、つい盛りだくさんの長~~い内容になってしまいました(汗)。
「髙木神社」には、つい一人盛り上がっておりました(爆)

楽しいコース、ありがとうございました。
Commented by Koppe3T at 2016-01-11 15:12
デゴイチさん>

初コメ、ありがとうございます。
あのD51さんかな~~? 土曜日は、お疲れ様でした。

「髙木神社」、調査しようと思います。

<< 新春、百叩きの刑であったな New Year QSO パー... >>