人気ブログランキング |

羽田空港JAL整備工場と羽田猟師町~~

土曜日は、羽田空港のJAL整備工場と羽田猟師町の散歩に参加だった。

東京モノレールの新整備場駅を出ると、そこは羽田国際空港のJALメンテナンスセンター1(通称M1ビル)だ。

f0233879_18091402.jpg
f0233879_18090049.jpg

左手はターミナル1からC滑走路へ向かう航空機がタキシングしてゆくのが眺められるのだ。タイミング良くスターフライヤーのエアバスA320C滑走路へ向かってタキシングだ。

f0233879_18093701.jpg


Fで受付を済まし、3Fへ上がると、そこはスカイ・ミュージアムの展示室だ。

懐かしの空の貴婦人と呼ばれたダグラスDC-8やジャンボで親しまれたボーイング747のモデル・プレーンや、スチューワーデス呼ばれた時代からキャピン・アテンダント(CA)と呼称されている現在までのCAさんの制服などが展示されている。

f0233879_18105163.jpg
f0233879_18100569.jpg

30分ほどの航空教室を受講し、べルヌイの定理などでなぜ飛行機は飛べるのかを学んだあとは、展示室でキャプテンやCAさんの制服着用で記念撮影やマーシャリングの模擬体験などが楽しめる。
歴代のCAさんの制服などもお楽しみ~~(笑)の一つだ。私も含め参加の皆さんのほとんどがCAや4本線入りのキャプテンの制服を着て記念撮影だ。皆さん、お似合いでしたね。


さて、いよいよハンガー(格納庫)へ。M1ハンガーにはボーイングB-777がドッグ・インだった。足場がしっかりセットされているので、良くは見えない。これらのステップを使い機体の背中や主翼・尾翼の上まで徹底的に点検・整備されるのだ。このタイミングであは、午後からの勤務の整備士がツール・ボックス・ミーティングであった。

f0233879_18112435.jpg




隣のM2ハンガーへ移動すると、ボーイングB777-300JA736J)がジャッキ・アップされて作業中だった。主翼付近で2か所、お尻近くのテイル部の一か所の3点でジャッキ・アップするのだ。

ジャッキ・アップは、ランディング・ギア(着陸装置)の交換やその後のギアーのアップ/ダウンのオペレイション・チェック(動作試験)には必ず必要な行程なのだ。

f0233879_18120420.jpg

飛行機の高度や機速度のセンサーであるピトー管・飛行機の先端に装備されていり気象レーダー・機内の気圧を一定に保つアウト・フロー・バルブ。今や機内でもWi-Fiが楽しめるようになったWi-Fi用のアンテナ・飛行機が急角度で離陸したり着陸した時に活躍するテール・スキッド、更には交換を終えたばかりのランディング・ギヤ(着陸装置)、主翼の後縁に取り付いていて期待に溜まった静電気を空中に放電する役目のスタティック・ディスチャージャー、ボーイング737の胴体の直系とほほ同じ直径を持つボーイング777のエンジンの大きさ、ハンガーから眺めたA滑走路へ着陸する飛行機のタッチダウン・シーンなどは規定により掲載出来ないのが残念である。

嬉しいことに、ダグラスDC-8 JA8001(富士号)の尾翼が床に出されていた。記念すべき日本のジェット旅客機1号であり、コックピット部も通路の奥に鎮座だった。尾翼とともにリハビリッシュするようだ。航空博物館とかで再会できたら嬉しいことである。

f0233879_18122097.jpg

M2格納庫には通常は新千歳空港が母港である政府専用機が重整備の為にドッグ・インしていた。

この機体は、天皇陛下や首相などVIPが外遊の時などに使用されるので、キャビン内は外務省の専用通信機器や防衛庁の設備が装備されているので、部外秘なのだ。
1Fキャビンには、ファースト・レディのシャワー・ルームがあったり、秘書官の控え室があったり、随行記者団にプレス発表するプレス・ルームがあったりと普通の旅客機とかなり違うんだよね。

格納庫の前縁部からはA滑走路へ着陸する旅客機が遠望出来るのも楽しい。工場見学はあっと云う間に終了で、東京モノレールの新整備場駅へ。この工場見学は六ヶ月前から予約をネットで受け付けるのであるが、オープンと同時に満席になると云う超人気コースなのであるが、それを必死に取ってくれたメンバーに心から感謝である。ありがとうございました。

f0233879_18124562.jpg



そして、今回の第2部!!! 羽田猟師町の散歩だ。ここからは、路地の達人「姐さん(笑)」の案内だ。出発は、穴守稲荷駅だ。狐の「こんちゃん」がお出迎えだ。穴守稲荷駅は若かりし頃散々世話になった駅であるが、数百メートルほど内陸に移転していて、しかも綺麗な駅舎に様変わり~~~。

f0233879_18132782.jpg
f0233879_18134052.jpg

駅近くにある「穴守稲荷」である。この稲荷は江戸期今の羽田空港のエリアにあったのであるが、戦後進駐軍により羽田村に住んでいた住民もろとも強制移転させられたものなのだ。

f0233879_18140406.jpg

奉納された赤い鳥居が無造作に山積になっていたりと、錆びれた風情が悲しい。


f0233879_19201724.jpg
f0233879_18161773.jpg
こんなお宅の玄関前の路地を歩いて行くと、袋小路で何処にも出れない区の児童公園だ。実に面白い。
f0233879_19202782.jpg
f0233879_19203188.jpg


羽田空港と海老取川である。その昔は浅瀬で歩きながらもエビが取れたらしい。川の東は、羽田の沖合展開まで各航空会社の整備の基地でかまぼこ型の格納庫が多数並んでいたのだが、今はさびれているのだ。

f0233879_18163870.jpg

天空橋である。戦前今の羽田空港があるエリアまで京浜急行が大師電気軌道として運行していた頃に使われていた橋であるが、今は人のみが渡れる橋として再建されたと云う。

f0233879_19124877.jpg
f0233879_18165622.jpg

穴守稲荷の大鳥居である。今の羽田空港のターミナルが「ビッグ・バード」と呼ばれるまでは、旧羽田空港ターミナルの駐車場に異様にポツンと残されていた大鳥居である。進駐軍が撤去しようとロープを架けて引き倒そうとしたけれども、死人続室とかで撤去を諦めたとかの都市伝説が残る大鳥居である。平成11に地元住民の移転費用寄付により、この海老取川と多摩川が合流する地に移転されたのだ。この位置に移れて、永住の地を得た大鳥居の誇りに感動である。

f0233879_18173941.jpg
f0233879_18175530.jpg

国際線が成田へ移る前の羽田に国際ターミナルがあった頃は、この海老取川沿いの看板は、空港から眺めると確かに煌びやかだったことを覚えている。この看板収入だけで生活出来たと云うこの看板も今やスポンサーも無く、赤く錆びているのは時代を感じさせてくれたな。

f0233879_18171640.jpg

洪水対策で造られた五十間の護岸である。ここにはよく無縁仏が漂着したので、「五十間鼻無縁仏堂」が祀られている。

f0233879_18182898.jpg

玉川弁財天である。弘法大師が多摩郡に日原で修業した時に湧き出た玉が川を下りこの地に流れ着いたものを祀ったのが始まりと云う。

f0233879_18184178.jpg

多摩川に向かって「くの字」に曲がる路地が沢山あるのが、この旧鎌倉時代の漁師町の特徴になっている。

f0233879_18185665.jpg

そして、これが明治・大正期の鉄筋入りの煉瓦造りの多摩川の堤防の名残なのだ。現在の堤防よりは数十メートル内陸なのである。川岸へ降りる階段も残っていて、いかにもその時代の堤あとを感じさせてくれるのだ。

f0233879_18184960.jpg


このようなな 羽田猟師町の路地を歩くと、井戸と舟形の水槽が残っているのも猟師町ならではである。

f0233879_19174909.jpg
f0233879_18190011.jpg

鴎稲荷である。海上安全・大漁祈願の神であり、当時の漁師町の心のより所だったのだろうな。

ここの参道の鎌倉時代の道の名残で鳥居の先の本殿までの道が「くの字」になっているのが、実に面白いのだ。

f0233879_18193000.jpg
f0233879_18192129.jpg

天空橋を渡り、天空橋駅でプチ散歩は終了だ。
若かりし頃、仕事明けでマージャンに勤しんだり友人の部屋へ転がりこんだ穴守稲荷駅周辺の奥行深い路地散歩、実に楽しかったな。
案内の姉さん(姐さん?(笑)、ありがとうございました。打ち上げでは何杯の酎ハイ飲んだのか?記憶にない(笑)。


by Koppe3T | 2016-03-14 19:37 | ウォーキング・散策 | Comments(6)  

Commented by デゴイチ at 2016-03-14 21:23 x
整備工場では整備士さの皆さんのお仕事の一端が見れて感動いたしました。
わたしもDC8に航空博物館でお会い出来たらうれしいです。
ジャッキアップ写真はコッペさんじゃないとなかなか撮れない構図ですね。
Commented by Koppe3T at 2016-03-15 13:53
デゴイチさん>

土曜日は、お疲れ様でした。
ほんにほんに、日本が飛ばした最初のジェット機ですので、永久保存されることを期待しております。

Commented by Inaka manjyu at 2016-03-15 17:34 x
土曜日はお疲れ様でした。
半年も前に頑張って予約してくれたHさんのおかげで待ちに待ったJAL整備工場見学~
久しぶりに愛しい鶴の飛行機を間近で見上げて感慨ひとしおでした。
制限ある中で写真良く撮れてますね。さすがです。
40年前に毎日見てたターミナル駐車場から今の安住の地に移転した赤い鳥居の姿に安堵し、感動しました。
後半の漁師町「あねさん」(笑)散歩は裏路地をくねくね~と満喫しました。
Commented by Koppe3T at 2016-03-15 19:37
Inaka manjyuさん>

土曜日はお疲れ様でした。
重整備の格納庫内の飛行機は、ステップや各種機材が取り付いているので、スマートさには欠けますが、久々の接近遭遇はテンションのアップでした。

旧ターミナルの駐車場に鎮座していた大鳥居との再会も感慨深いものでした。
Commented by Hanpen at 2016-03-17 18:37 x
先日はお疲れ様でした。
ナイスショットの写真とプロフェッショナルな解説にシビレました〜!^^
JAL整備工場見学は初めてで、価値ある見学だと思いました。
見学後のお散歩も楽しかったですね。
ありがとうございました。
Commented by Koppe3T at 2016-03-18 15:01
Hanpenさん>

土曜日は、お疲れさまでした。
1Fで撮影したものが使えないのは残念でしたね。ハンペンさん撮影のは迫力のある構図が沢山ありましたから。

久々にハンガー(格納庫)の空気を味わうことが出来ました。
羽田猟師町もスリル満点の路地歩き、楽しかったです。

<< やはり、狭いね 超寒っ!なラウンドだったな >>