人気ブログランキング |

リコール修理だ

爽やかに晴れ上がった今日は、最高気温21℃。 初夏の陽気が嬉しい。
毎度の定点観測地点からのNRTタワーである。青空が綺麗だ。
f0233879_14581849.jpg


午後、先日メーカーから連絡がきていたエアバッグのリコール修理へ。米国でも大きな問題となっていたタカタ社製のエアバッグのインフレーターの無償交換である。
f0233879_14584047.jpg
f0233879_14584814.jpg
この件に限らず、最近は物つくりニッポンの底が疑われそうな事故・事件が目白押しであり、技術屋のはしくれとして暗い気持ちになっているのであるが、どうかひとつ祈るばかりである。




さて、先月から読み返していた司馬遼太郎の「」(前)・(後)を読み終えた。’70年代後半に初読みして、今回で4回目の読み返しである。江戸末期から戊申戦争・奥羽戦争までを牧野家越後長岡藩の非門閥家老として時の官軍と戦わざるを得なかった河井継之助の物語である。
f0233879_14584307.jpg
今の幕末や明治期の歴史感はついつい司馬遼太郎の小説に影響を受けてしまっていると云う害があるのは確かではあるが、歴史小説として読むにはやはり司馬遼太郎の作品は実に面白いのである。



by Koppe3T | 2016-05-19 15:18 | 飛行機・鉄道・車 | Comments(0)  

<< 小さな満足 快晴ラウンド~~~~~ >>