人気ブログランキング |

ニッポンのドライバー・マナーはいかほどか?

今朝も氷点下だったけれども、日中は春の日差しが降り注ぎ最高気温14度℃。春本番を感じさせてくれる1日だった。
但し、花粉が飛び始めたのは辛い。今日から鼻炎薬のお世話になてしまった。花粉シーズンの到来であるな。
f0233879_15494830.jpg



さて、信号機のない横断歩道の右手の歩道に横断しようとしている人が居たので、停車した。しかし、歩行者はなかなか渡り始めない。そうこうしているうちに、対向車が来てしまい、横断しようとしている人がいて、対向車の私が停車していたにも関わらず、すのまま通過だった。私がパッシングした意味も理解はされていなかったのだろうな。
このような「思いやりパッシング運動」なるものがあるのだが、全国的に浸透はしていないようでもある。
ポチッっとね。
http://shizuankyou.jp/index.php?id=216


f0233879_15495366.jpg
う~~~ん、こんな場合は、車は止まななきゃだろう!!

午後帰宅時には、前を走っていたワンボックスカーの運転席から火のついたタバコをセンターライン上にぽいっしていった車両も目撃だった。
う~~~ん、80年代頃の日本のドライブ・マナーに比べればかなりマナーは向上してきたなぁと思っていただけに、「日本のドライバー・マナー」もまだまだだなあと感じた日であった。


さあて、明日は春一番かな???


by Koppe3T | 2017-02-16 15:58 | 徒然なること | Comments(2)  

Commented by DEMIO at 2017-02-17 07:48 x
パッシングやハザードでするサインって難しいですよね?「右折して良いよ」とか「ライトの消し忘れ(ハイビームも)」のは知っていましたが「思いやりパッシング運動」は初めて知りました。
コッペさんの優しい行為も浸透して欲しいですね!私も今日から実行してみます。
Commented by Koppe3T at 2017-02-17 17:03
DEMIOさん>
DEMIOさん>

信号機のない横断歩道で歩行者がいるのに止まらない車両が多いのが問題なんですけどね。

パッシングでの合図は難しいものです。特に、対向車が右折しようとしている時にパッシングは、関東では譲って右折し右折どうぞなのに、関西では逆にこっちは通過するから右折するなの意味で使われているそうですから。

<< 雪が溶けて川になって流れてゆき... 「魚上氷」の候である >>