人気ブログランキング |

何でも日和の今日は、「大岩山」へ

爽やかに晴れ上がった「なんでも日和」の今日は、圏央道を西へ。
f0233879_16560007.jpg


向かったのは、足利市。大岩山である。ここ大岩山の見晴らし台(標高300m)からの眺めは、関東平野の平らさを見せつけてくれていたな。手前の町は、足利市である
f0233879_16570166.jpg


早速アンテナを設営だ。少々風が強く、3方向にステーもしっかり張って設営完了だ。
今朝は電離層の活動が活発で、早速国内6エリア(九州)が入感だ。
f0233879_16572104.jpg



CQを出すと、結構呼ばれて、パイルアップだ。昼前から、日差しがきつくなったので、テーブルとパラソルを車の側に移動し日蔭造りだ。
f0233879_16582917.jpg


早めのお昼~~~。
f0233879_16575147.jpg


午後は8エリア(北海道)がオープンし、賑やかだし、後ろ髪惹かれて、中々撤収出来ない。片道160キロ走っただけあり、多くの無線局に呼んで頂いた今日の無線移動運用であった。


下山時、この大岩さんの毘沙門天にお参りだ。真言宗の古刹で、天平17年(745)開基と云う。大和の信貴山、山城の鞍馬山と並ぶ日本三毘沙門のひとつとのことだ。
f0233879_16590261.jpg

山門は、元禄6年(1693)に改築されたとのことだ。
f0233879_16590956.jpg

ここの本堂は宝暦12年(1762)の建造とのことだ。確かに古刹であった。中世
には、足利尊氏はじめ足利一門など多くの有名武将が厚い信仰を寄せた場所とのことだ。
f0233879_16593200.jpg

この林道を登って行くとき、上からマウンテンバイクの自転車が猛スピードで降りてきたんだよな。
f0233879_16560821.jpg
向こうは発見が遅く、私が停まっていたものの、ふら付きながら、「ぶつかる!!!」と叫んだのだが、30センチほどの距離で通過していった。ドアを開けて、大声で怒鳴ってしまった(汗)。桑原桑原である。

by Koppe3T | 2017-06-04 17:19 | 無線・釣り | Comments(2)  

Commented by DEMIO at 2017-06-05 07:22 x
自転車乗りのマナーが悪いのは嫌ですねぇ‼️事故っても自動車が悪者に成る確率が高い。これから自転車も免許制にすべきでは無いかと思います。
ところで、「なんでも日和」って何ですか?コッペ先生教えて☺️
Commented by Koppe3T at 2017-06-05 13:27
DEMIOさん>

あれで接触があれば重大なことになり、当然運転者の責任が問われますよねぇ~(汗)。

はっ!!、「なんでも日和」(笑)。アウトドア好きなので、アウトドアでの遊びウェルカムな日和の意味で使ってみました。別称で「アウトドア日和」でしょうか。

<< かつしか柴又散歩~ 「電波の日」である。 >>