人気ブログランキング |

こじゃれた街の江戸の名残である

先日、多くの大名の屋敷があった信濃町から神宮周辺のウォーキングに参加してきた。
江戸期、現在の信濃町には永井信濃守の屋敷があったとのことで、「信濃町」として町名が残っているのだ。


まずは、「南総里見八犬伝」で有名な滝沢馬琴終焉の地である。この地で八犬伝を書き上げこの地で終焉を迎えたとのことだ。
f0233879_08114049.jpg
南総の富山には、伏姫と八房が籠ったと云う「伏姫籠穴」も残っているし、馬琴の小説がまことしやかに現代に伝えれれているのが楽しい。



さて、ご存じ神宮外苑「聖徳記念絵画館」である。
f0233879_08115633.jpg
明治天皇・皇太后の聖徳を後世に伝える為に造営され、大正15年に竣工した神宮外苑の中心である。


外苑には、珍樹「なんじゃもんじゃの木(和名:ひとつばたご)」や将軍家光が鷹狩の途中休憩していたところ、江戸城から飛び去っていた遊女と云う名の愛鷹が飛んできてこの松に止まったたので将軍も大喜びで「遊女の松」と名付けたとのことだ。
f0233879_08123277.jpg
f0233879_08124245.jpg

で、外苑の西隣には、大型重機が立ち並んで「仮称:新国立競技場」の建設に慌ただしい。
f0233879_08125045.jpg
f0233879_08125534.jpg
内部はまだまだ基礎部分までであるが、平成31年11月までが工事期間と記載されていたな。


こちらは、かの日本海海戦でバルチック艦隊を破った東郷元帥を祀った「東郷神社」である。本殿にはZ旗が掲げられていて、「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」の戦闘態勢が目に浮かぶな。

f0233879_08132141.jpg
f0233879_08132624.jpg

旧海軍と云うことで、「潜水艦勇士に捧ぐの碑」や、「海軍特年兵之碑」が建立されているのであるが、「潜水艦勇士に捧ぐの碑」は9月末まで工事中とのことで、お参り出来ずだ(下のは掲示写真である)。
f0233879_08133240.jpg
特年兵って、14~15才の今の中学生程度で軍艦に乗り込んでいたんだよね。
f0233879_08134025.jpg

東郷神社の側には、竹下通りだ。特年兵の年頃の少女がうんさかだ。ここまで人出が多いと、田舎者は尻込みです(爆)。竹下通りは早々に横切って進む。
f0233879_08165632.jpg


表参道を渡り、渋谷川へ。ここは暗渠になっているけれども、渋谷川に架かる「参道橋」の欄干である。
f0233879_08173471.jpg

キャットストリートと呼ばれている渋谷川の暗渠上を歩く。この辺りは江戸期は穏田村(おんでんむら)で、渋谷川に水車を懸けて精米や製粉が行われていた場所だ。
f0233879_17041127.jpg
f0233879_08181963.jpg

暗渠の渋谷川からこんな路地を通り少し上ると、穏田神社だ。
f0233879_17090609.jpg
今や住所表示も神宮前と変わり穏田の地名は残されていないが(1965消滅)、穏田村の産土神であった「穏田神社」がひっそりと残されているのが嬉しい。
f0233879_08183133.jpg
f0233879_17085230.jpg

最後は、かの明治神宮だ。ここは、江戸初期は肥後 加藤家の下屋敷で、後の彦根 井伊家の下屋敷だったところで、明治になり宮内省管轄となり代々木御苑と呼ばれた所だ。参道は長く左右は鬱蒼たる森だ。代々木の地名にもなった代々樅も多い。
f0233879_08200202.jpg
f0233879_08200824.jpg


参道途中にある「明治神宮御苑」へ。
f0233879_08201852.jpg


隔雲亭とその南に位置する南池である。隔雲亭は、明治天皇が皇后の為に建てたものであるが、戦火で焼失し昭和33年に再建されたものだ。
f0233879_08214518.jpg
f0233879_08202777.jpg
f0233879_08204089.jpg
f0233879_08212959.jpg


明治天皇が全国から収集したという菖蒲が植わっている菖蒲田。
f0233879_08215898.jpg
明治天皇が「うつせみの代々木の里はしづかにて 都のほかのここちこそすれ」と詠まれた杜であるな。

下屋敷を構えた加藤清正が掘ったと伝わる「清正井」である。今も実に綺麗な湧き水がコンコンと湧いているのだ。下流の菖蒲田と南池の水源とのことである。
f0233879_08220453.jpg
f0233879_08221080.jpg


明治神宮本殿へ。但し、銅板屋根葺き替えと社殿郡の修復工事中で本殿側までは立ち入れなかったのだ。
f0233879_08222269.jpg
f0233879_08224604.jpg

北参道も神域らしい風情だ。
f0233879_17323960.jpg
2度目の明治神宮であったが、神宮御苑は初体験。森閑とした風情は、確かに都のほかのここちこそすれであった。



by Koppe3T | 2017-08-21 16:37 | ウォーキング・散策 | Comments(2)  

Commented by 姉さん at 2017-08-24 19:30 x
穏田神社行かれましたか!ブラタモリで渋谷川をやった後にどうしても渋谷川の水源が見たくなって、渋谷駅から渋谷川をたどって新宿御苑の水源まで歩いたことがあります。
穏田神社はその時に参拝しました。暗渠沿いには家の入口はなく後ろ向いていたのが印象的でした。穏田神社も裏側が渋谷川でしたね。
ねえ散歩でもやろうやろうと思いつつ、なかなかやっていなかった場所です。神宮外苑など見所も満載で意外と表参道なんかもおもしろかったりしますね。
Commented by Koppe3T at 2017-08-25 17:54
姉さん>

暗渠の渋谷川と穏田村は現地に立つと、往時を思い起こさせてくれるのが嬉しいですね。

神宮御苑内の南池や清正井は、初見参でしたが趣抜群でした。
表参道は外国人も含め人だかりですが、路地へ入ると昔ながらの風情も残っていて良かったです。

<< 高温注意報なれど、癒し系コース... にゃ~るほど「猫語」 >>