人気ブログランキング |

奥日光・湯元温泉の旅②

湯元温泉の宿で、朝の露天風呂を満喫後は、日本ロマンチック街道と名付けられている、金精峠超えだ。標高1626m地点から湯ノ湖方面が遠く望める。
この辺りの紅葉は、まずまずの見頃だ。
f0233879_09352146.jpg
f0233879_09352696.jpg


さて、金精峠のトンネルを抜けると群馬県で、白樺林の中をうねうね走り丸沼へ。紅葉を撮り来ているカメラマンがチラホラ。丸沼では、トラウト釣りの人々がウェーディンしてるんだよな。水温低くて冷たいだろうな~~~。
f0233879_09354001.jpg
f0233879_09354557.jpg

で、日光白根山に西側斜面に設けられた丸沼高原スキー場のロープウェイで、天空のテラスとやらへ。
ロープウェイの終点は標高2000mもあるとのことで、ここから日光白根山へ登る登山者パーティが何組も登って行っていたな。
f0233879_09355881.jpg
f0233879_09362806.jpg

天空のテラスには足湯が設けられていたけど、寒くて足湯に浸かる気分ではなく、コーヒー・タイムだ。だが、実にぬるいコーヒーで、早々に熱いコーヒーに変えて貰ったんだよな。
f0233879_09360798.jpg
f0233879_09364626.jpg
f0233879_09371014.jpg
このロープウェイは片道約15分も乗るのだけど、眼下には丸沼やスキー場のゲレンデが良く見えるのだ。標高2000mからのスキー滑走は楽しいに違いない。
f0233879_10002763.jpg
f0233879_10003100.jpg

さて、こちらが沼田市利根町にある天然記念物「吹割りの滝」である。紅葉の季節になると、TVニュースに必ず登場する吹き割の滝であるが、パーキングから川岸を歩く遊歩道からの絶壁も壮観だったな。
f0233879_09372143.jpg
f0233879_09380477.jpg
f0233879_09384285.jpg

こちらで見つけた「十割蕎麦」専門店で、昼食~~。う~~~ん、蕎麦が白っぽく、十割らしくなかったけど、美味しく頂きました。
f0233879_09385684.jpg
f0233879_09385966.jpg


で、最後の予定地は、戦国期真田家の居城でもあった「沼田城址」へ。幸村(信繁)の兄である信之が、江戸期の初期松代へ移封されるまで城主だったところである。「天空の城下町」と幟に書いてあるけど、西櫓エリアから眺め下す河岸段丘の落ち込みは天然の要害である。
f0233879_09390500.jpg
f0233879_09392160.jpg
すっかり公園になっており、野球場や庭園になっているのだが、鐘楼や西櫓の石垣などが当時の面影を偲ばせてくれているのだ。
f0233879_09391334.jpg
f0233879_09391728.jpg
1泊2日の、奥日光・湯元温泉の旅~~~おしまい。
そして、私の「秋休み」もお終いだった。

by Koppe3T | 2018-10-19 10:04 | 旅・旨いもん | Comments(0)  

<< 21MHz帯ツェップアンテナ張... 奥日光・湯元温泉の旅① >>