人気ブログランキング |

姉さん歩「品川から三田周辺」

街歩きには絶好の陽気の昨日は、6月以来と久しぶりに「姉さん歩」の会に参加してきた。今回は品川から三田周辺を歩くコースである。

スタートは品川駅だ。
f0233879_14474931.jpg

f0233879_14502819.jpg
現在の国道1号線でその昔の東海道を日本橋方面へ少し歩くと、最初の訪問地は臨済宗別格本山である「東禅寺」である。江戸初期の1610年に創建された古刹である。
また、幕末には英国公使オールコックが駐在し、わが国初の英国公使館として明治6年まで使われた寺院でもある。
f0233879_14481861.jpg
東禅寺は、禅寺らしく落ち着いた雰囲気で三重塔も実に美しいのだ。前回の訪問時は門が開いてなくて境内に入れなかったのだが、今回は入ることが出来て良かったな。
f0233879_14495772.jpg
f0233879_14494392.jpg



東海道沿いに残る「高輪神社」である。室町期の創建である。
f0233879_14504006.jpg
f0233879_14511883.jpg


更に歩くと「高輪大木戸跡」の石垣だ。1710年に江戸府内入り口に設けられた大木戸であるが、江戸期も後半には閉門することもなくなっていた木戸とのことだ。
f0233879_14521404.jpg
f0233879_14521867.jpg


江戸城増築の際、重量物の運搬に活躍した牛達の「牛供養塔」が残る「願正寺」である。このお寺さんの門前は別称「牛町」と呼ばれるほどの牛1000頭も飼っており、牛屋七家による1738年建立の「牛供養塔」が残されているのだ。
f0233879_14522531.jpg
f0233879_14523455.jpg


江戸幕府が1612年キリスト教を禁教としたのち、長崎や京都で多くのキリスト教徒が処刑されているが、ここ江戸でも1623年に家康の小姓やイエズス会神父ら50人がこの地で処刑された。
f0233879_14525033.jpg
三田ツインビルの西側はかなりな急斜面なのだ。
f0233879_14525533.jpg

三田ツインビルの山側エレベーターで丘の上へ。旧東海道沿いに残る「済海寺」である。安政5年、最初のフランス公使館」として16年使われたのだ。
f0233879_14530003.jpg
f0233879_14530443.jpg


聖坂である。海沿いの東海道が整備されるまでこの坂がある通りが往古の交通路だったのだが、高野聖の宿場があったので「聖坂」と呼ばれているのだ。
f0233879_14563280.jpg

聖坂の中ほどにある「三田のガウディ」。1級建築士の岡氏が着工し13年経過しているが未だに建築途上。全てを自作するという点が羨ましいね。
f0233879_14550961.jpg

さて、現在の慶応大学三田キャンパスの西に位置する「綱坂」である。文久3年(1863)に撮影されたこの1枚の写真で有名なのだ。
f0233879_15374046.jpg
羅生門の鬼退治や酒呑童子退治で有名な平安時代の武将「渡辺綱(953~1025)がこの近くで生まれたとの説があり、かつては三田綱町という町名も残っていたんだよね。


文久3年の写真と同じ構図で一枚。島原藩邸であった黒塀が続いていた場所は、今は慶応大になっている。
f0233879_15273581.jpg
f0233879_15280581.jpg
今回はこの「綱坂」を歩いて登ることが出来て、長年の夢が叶ったのが実に嬉しい坂の感じは、文久3年の頃もまんまだよね。
f0233879_16100847.jpg


綱坂を登ると、左手には「綱町三井倶楽部」である。大正2年英国人建築家コンドル氏の設計だ。ネオバロック風が見事であるが、入館は出来ないのだ。
f0233879_15285134.jpg

で、綱坂を登った右手には旧伊予松山藩の中屋敷であった場所で、現在はイタリア大使館になっている。1703年の赤穂浪士の内10名が当時の伊予松山藩に預けられて切腹した場所でもある。
f0233879_15292132.jpg

東京タワーも美しかったな。
f0233879_15295125.jpg


増上寺の別院である「妙定院」である。宝暦3年(1763)開基で、三つ葉葵の紋所の使用も許されている将軍家大奥との繋がりが深い寺院なのだ。
f0233879_15302260.jpg

こちらの登録有形文化財である「熊野堂」と「上土蔵」を見学だ。熊野堂は寛政8年、浄土蔵は文化8年の棟札のものなのだ。
f0233879_15310114.jpg
f0233879_15313156.jpg

薩摩藩上屋敷跡を歩いて、「薩摩藩七曲り」とよばれていた、薩摩藩邸の外郭が体感できるクランクが未だに残されているエリアである。
f0233879_15320801.jpg


で、こちらは安政6年(1859)からオランダ公使館として使われた「西應寺」である。鎌倉時代最後の執権北条高塒の娘が一族の菩提を弔うために開山したという古刹でもある。
f0233879_15324039.jpg

さて、薩摩藩蔵屋敷に残る薩摩西郷隆盛と江戸幕府勝海舟の「江戸無血開城」の会談が行われたと伝わる「薩摩藩蔵屋敷」である。
f0233879_15341075.jpg

高輪周辺と云うことで、アップダウンあるかも?と思いつつ参加したのであるが、今回は最後まで完歩できて良かったな。コース的にもエレベータを使ったり足裏に優しいコース作りをしてくださった姉さんに感謝である。
参加の皆様、お疲れ様でした。
打ち上げでは4杯飲んだように記憶しているのであるが、皆さんと別れて電車に乗った途端に「目の前真っ暗!!」になり、3駅目で一旦下車しお手洗いへ走る羽目に(汗)。アルコールも弱くなった自分に愕然とした晩でもあったな105.png145.png105.png106.png106.png








by Koppe3T | 2018-11-04 16:59 | ウォーキング・散策 | Comments(4)  

Commented by ねえさん at 2018-11-04 19:35 x
コッペさん帰りは辛い思いをされていたのですね。なんとかお家にはたどり着けたようですが大変でしたね。
私も飲み放題だとついつい飲み過ぎてしまうので辛い思いを重ねております。もっと大人のたしなみを覚えないといけないと思いつつ・・・です。

品川から三田で前回ご案内できなかった場所に絞って回りました。
下から上るのは大丈夫かな?と心配した綱坂であんなに喜んでいただけて、案内人冥利に尽きます。
確かに佐土原藩屋敷跡とか言ってもいったいどこのことかわからないですね。
調子に乗ってまたまた色々お連れしたくなっている次第です。
Commented by Koppe3T at 2018-11-05 15:22
ねえさん>

土曜日は高輪周辺の案内、ありがとうございました。
綱坂に対面出来た時は、嬉しさが先行して気がふれそうでした(笑)。
長年気になっていた一枚の幕末の写真の現場に踏み込めて、テンションが上がりすぎたのでしょうか?、飲み過ぎた自分に反省しきりです。まあ、頭の中で地球がグルグル回っても、何とか帰り着くことは出来るものなのですねぇ(爆)。
Commented by リタおばさん at 2018-11-06 12:04 x
私も久し振りのねぇ散歩でした。
オプションからあまりの好天気でテンション上がり楽しくて笑い過ぎもあり膝が痛くなり又もやリタイア~😥💦
コッペさんの写真で立ち寄れなかった所が見れました。有難うございました。
帰りは大変だったようでお疲れ様でした。
Commented by Koppe3T at 2018-11-06 14:35
リタおばさん>

土曜日はお疲れ様でした。
実に良いお天気の姉さん歩でしたね。

Upしてない見どころも沢山あったのですが、薄暗くなりボケボケ写真だったもので、省略してます。
実は、最後まで歩けたことも私には嬉しいことでもありました。

<< セントラルゴルフクラブ麻生コー... 霞南ゴルフ倶楽部は難コースかいな? >>