人気ブログランキング |

天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない

川端の宿・湯ヶ島温泉 湯本館で野趣満点の露天風呂を堪能した翌日は、夜半の雨も上がり、絶好の行楽日和だ。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17532531.jpg
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17532077.jpg

宿のご主人と女将さんに車が見えなくなるまでお見送りされて、向かうはロープウェイで登って富士山と駿河の海を眺めようと中伊豆パノラマパークだ。
ところが、折からの強風でロープウェイが運航中止~~105.png105.png106.png
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17095596.jpg


ロープウェイは早々に諦めて、韮山反射炉へ。世界遺産にも登録されている、江戸期に建設さてた「韮山反射炉」である。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17184362.jpg
幕末の物語にはよく登場する江戸幕府の代官でもある江川太郎左衛門英龍が製造に着手したものであり、一度は訪れたいと思っていた場所である。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17210500.jpg
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17185268.jpg
江戸末期から明治にかけての産業革命の一翼を担う偉大な資産の一つだろう。

また、あの江戸湾のお台場も江川太郎左衛門が指揮して築かれたんだよな。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17191410.jpg


偉大な韮山反射炉見学後は、幕府の直轄地であったこの地域の代官でもあった江川太郎左衛門の邸宅へ。この江川邸は、重要文化財なのだが主屋が552平方メートルもあり、実に大きい。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17230249.jpg
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17232059.jpg
屋内には多くの当時の古文書や秀吉の小田原攻めに同行した千利休がこの地の韮山竹にて製作した花差しなども展示だ。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17263233.jpg


また土間が邸宅の1/4ほども占めており、竃や天保13年に日本初のパンを焼いたという石窯も残されている。日本パン発祥の地でもあるのだ。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17233177.jpg
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17253141.jpg

敷地内には、米蔵や武器庫も当時のまま残されているのだ。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17234965.jpg
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17234359.jpg
また韮崎に来たなら訪れなきゃならないであろう「蛭ヶ小島」だ。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17214263.jpg
平治の乱後、源頼朝が配流となった先が「蛭ヶ小島」だったことは良く知られている。頼朝が34才で決起するまでの20年間過ごした場所だ。
この20年間に山越えをして熱海の伊豆山神社で政子と逢瀬の時を持っていたんだろうな。

今は、蛭が公園として残されているが、近所の人の犬のお散歩エリアになっているようだ。当日もリードなして白いワンちゃんが駆けまわっていた。。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17220142.jpg
園内には、蛭ヶ島の夫婦として頼朝と政子の象が建っている。二人が見ている方向は霊峰富士山の方向なのだが、生憎富士山は雲の中だったな。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17224101.jpg
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17223739.jpg
さて、伊豆と云えば蕎麦と桜海老だろうと、お昼は「桜海老のかき揚げとざるそば」にしてみた。蕎麦のボリュームもかき揚げも美味しく頂けました。
天城の旅 ②中伊豆なら韮山は外せない_f0233879_17253918.jpg
これにて、伊豆・天城の旅はお終い。帰路は、沼津インターから新東名高速を御殿場まで初走行してみた。快適な高速道路だったな。
往復480キロの走行、お疲れ様でした、自分(笑)。


by Koppe3T | 2019-11-16 17:54 | 旅・旨いもん | Comments(0)  

<< 癒し系そのⅡのはずだった、おか... 天城の旅① 湯ヶ島温泉・川端の宿 >>