人気ブログランキング |

2013年 08月 07日 ( 1 )

 

いや~、惜しい。

暦の上では「立秋」の今日、最高外気温32℃のもと2組でのラウンドは大汗かきつつも、楽しいラウンドだった。
今日のコースは、霞ヶ浦の南の丘陵に広がる「桜ゴルフ倶楽部」だ。
3年ぶりの当コースである。


西コース1番 パー5からのスタートは4オン、 1パットのパー発進だ003.gif
続く2番 140ヤード パー3では、1オンしなかったけっれども、寄せワンでパー。幸先良いスタートである。


落とし穴は、ここ4番 402ヤード パー4。 3オンも出来ず、4オン 2パットのダブル・ボギーは残念007.gif
f0233879_1720118.jpg


こちらは5番 160ヤード パー3。 池越えの打ち下ろしなので、距離感が難しい。
f0233879_17202666.jpg


f0233879_17205232.jpg
<前半の上りホール 525ヤード パー5>結局、前半は5パーをゲットするも、出入りが激しく「42」(パット 14)。
今日こそは久々に80台確保???と期待高まる。


後半の東1番 372ヤード パー4だ。この桜ゴルフ倶楽部は老舗のコースでもあり、各ホールが有名プロ・ゴルファーの設計によるとのことで、東1番は、かの「林 由郎」プロの設計とのことだ。
f0233879_17281690.jpg

名門安孫子CCのキャディから身を起こし、戦後の日本ゴルフ界の重鎮である林プロである。青木プロや飯合プロの師匠でもある。
アプローチの名手であり、ビギナーの頃は良く林プロのレッスン番組を見させてもらったな。

f0233879_1737463.jpg
後半のスタートが、3オン 3パットのダブル・ボギー発進は痛い。
後半、中々パーも来ず、ズルズルと大叩き。結局48(パット 17)。今回も”I 'll be back."の80台は1打及ばず、次回に見送りだ(涙)。

それでも、ドライバーを一つ前の秘蔵品に戻してのラウンドは、手応え大有り。次回こそ"I'll be back."と云わせてもらおう。

そうそう、2組ラウンドであったので、幹事さんがプランしてくれた「新ぺリア・コンペ」では、HDCPを掘り当てて見事に優勝だった(笑)。

by Koppe3T | 2013-08-07 17:41 | ゴルフ | Comments(0)