人気ブログランキング |

2016年 09月 04日 ( 1 )

 

素晴らしい眺望の太東崎だったな

9月最初の日曜日。予定のない休日と相成って、急遽出掛けたのは「いすみ市」の太東崎灯台跡だ。
ここは、10数年前にも無線機持参で出掛けた場所でもあるが、当時は夷隅郡岬町であった。
先日無線交信中に「いすみ市」の電波が聞こえてこないんだよね。」のインフォがあったのだ。電波伝搬的には西方向に房総丘陵があり、電波の飛びはあまり期待出来ないのだが、行ってみた。
f0233879_16540090.jpg


灯台は標高68mの所にあり、目の前は大海原の太平洋、北は九十九里浜、南は大原海岸と房総半島丘陵が眺望できる。実に素晴らしロケーションなのだ。
f0233879_16303314.jpg
f0233879_16302333.jpg
f0233879_16302854.jpg


駐車場脇の休憩所にはIDを胸に付けた管理人さんがおり、無線で駐車場の端っこを使わせてもらう許可を取ってからのアンテナ設営だ。
f0233879_16292087.jpg


今日の50MHz帯のバンド内は実に静かで、交信している局も居ない。声を掛ける局も聞こえないので期待低めなるもCQを出し始めて数分、「1st いすみ市です。」のインフォの連続で、パイル・アップになってしまったのは驚きだ。
f0233879_16301811.jpg


この時期は電離層の活性が低いので、電離層反射による電波伝搬は期待できず、もっぱら地表に沿って伝搬してゆく地表波の伸びがどれくらいかなのである。今日はこの地表が結構伸びてくれて、西は神戸市(約500キロ)北は山形県(約350キロ)更に日本アルプスの向こうの富山県と数百キロも飛んでくれたのは嬉しい悲鳴であったな。

途中、太平洋から湧き上がってきた雨雲で小雨がきて、10分ほど雨対策で中断したものの、昼過ぎまで呼ばれっぱなしだったのも驚きである。


実は、この太東崎には先の大戦中、海軍の電波探知設備が設置されていて、米軍機の電波探知をしたいた場所だったと云う。電波に縁のある場所だったようだ。
f0233879_16301031.jpg

今日も多くの無線局呼んで頂き、実に楽しい休日を過ごさせてもらったな。交信して頂いた皆様、ありがとうございました。

by Koppe3T | 2016-09-04 16:52 | 無線・釣り | Comments(0)