人気ブログランキング |

2018年 10月 18日 ( 1 )

 

奥日光・湯元温泉の旅①

今週は、繁忙期も終わり、「秋休み~」を取らせてもらっていた。
で、紅葉と云えば「日光」でしょうとばかりに、日光へ。日光と云っても東照宮周辺は素通りで、いろは坂を登り、一路中禅寺湖畔へ。
いろは坂周辺の紅葉は時期が早過ぎのようで、全く色づいてなかったな。

中禅寺湖畔でも、紅葉は始まったばかりだ。
f0233879_15421493.jpg
f0233879_15471343.jpg

歌ケ浜駐車場から約1キロほど湖畔沿いの遊歩道を歩くと、「英国大使館別荘記念公園」に到着だ。
f0233879_15425624.jpg
f0233879_15430782.jpg
f0233879_16020435.jpg

かのアーネスト・サトウが明治29年に建てた山荘で、平成20年まで、英国大使館別荘として使われてきたものを復元したのだ。
f0233879_15454602.jpg

目前に中禅寺湖、正面に日光白根山を望む「絵に描いたような眺め」が素晴らしい場所であった。
f0233879_15445095.jpg

建物内は有料で見学出来るので、館内からも中禅寺湖の眺めを堪能だ。
f0233879_16350287.jpg
f0233879_15435304.jpg

お隣には「イタリア大使館別荘だった所も公園として公開されているのだが、生憎「外壁の補修工事中」で、足場が組まれて外は良く見えなかったのが残念。
f0233879_15463889.jpg
f0233879_15464368.jpg
f0233879_16354556.jpg
各国大使が毎週のようにヨットレースを楽しんだと云われる桟橋から男体山を望む。
f0233879_15461434.jpg


さて、中前地湖畔から標高1500mの半月山へドライブだ。途中の展望エリアから中禅寺湖と男体山を望む。
f0233879_15465608.jpg

半月山は、無線家がよく日光市移動で電波を出すことが多いポイントなのだが、流石に1500mからの眺望は素晴らしいし、電波は良く飛ぶに違いない。無線機持参ではなかったので、交信はなしだ。
標高もあり、ダウンジャケットを着ていても寒さが身にしみたのだが、ピクニック・エリアではレジャー・シートを広げて弁当を楽しんでいる皆さんもいたんだよな。
f0233879_16113970.jpg
f0233879_15480487.jpg

さて、こちらは「戦場ケ原」の木道からの眺めである。やはり、紅葉には10日ほど早い感じだが、その雄大さは素晴らしい。
f0233879_16120849.jpg
f0233879_16133340.jpg
f0233879_16124319.jpg

木道の傍には、湯ノ湖から流れ出した川が流れており、その水の綺麗さは言葉にならない。
f0233879_16130409.jpg
f0233879_16122497.jpg


で、湯ノ湖から流れ出した水が雄大な落差で落ち込んでいる「湯滝」である。水量も多く、豪快な滝に見惚れたな。
f0233879_16184119.jpg
f0233879_16185734.jpg
f0233879_16252118.jpg

さて、こちらが今日のお宿がある奥日光にある「湯ノ湖」である。深山の中の神秘的な湖である。ここらでも、紅葉は始まったばかり~~~。
f0233879_16202841.jpg
f0233879_16200952.jpg

1日目は、この湖畔の宿だ。小学校の修学旅行をご一緒になり、ロビーは賑やかだったな。白濁の奥日光湯元温泉に何回も浸かり、温泉三昧の夜であった。
<2日目へ続く>







by Koppe3T | 2018-10-18 16:40 | 旅・旨いもん | Comments(0)