人気ブログランキング |

2019年 03月 01日 ( 1 )

 

ハム・ノイズのトラブルシューティング完了だ。

先月の関東UHFコンテストの時、交信相手から「ハムノイズが乗ってます。」のリポートで、使用を中断していた1200MHz帯の無線機IC-1201である106.png
f0233879_14552877.jpg

あの日は、原因としてはパワーサプライが一番臭いので、別のパワーサプライに交換して送信してみるも、同じ状況だったんだよな。


ハムノイズは、電源周波数である50Hzの整数倍の波長の音が、何らかの理由で変調回路や電波に誘導され発生するもので、無線機の電源ラインを同軸ケーブルから離すとか誘導が起きないように遮蔽するとかが一番効果があるのであるが、トライするもNo Helpだった。

で、マイクへの誘導を疑い、純正のマイクHM-12を交換すべくあちらこちら探したのであるが、すでのHM12は製造中止品であり、HM-36なる型番のものが後継機として使えるとのことだ。
早速、アマゾンで探して発注だった。ところが、この品は中国製で中国から発送されるとのことで、到着まで2週間も待たされてしまった。
現物は、HM12とほとんど同じ形状であるが、実に軽くSW類のON/OFFが実に陳腐で悲しい動き。それでも、早速交換して運用してみた。奥がHM-36で手前が純正品のHM-12である。
f0233879_14553121.jpg


もう一台の無線機で、ハムノイズの出方を確認すると、陳腐なHM-36ではハムノイズが出ないことを確認できた。送受信も問題ないし、マイクからの音声も問題なし
101.png
f0233879_14553496.jpg

ふぅ~~!。これで、次回からIC-1201にてコンテストも通常の交信も楽しめるな。中国製マイク¥1679也~~~~109.png



by Koppe3T | 2019-03-01 15:05 | 無線・釣り | Comments(0)