<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

今夜は、「雪50%」?

今日は、今受講中の講座の初日スクーリングだった。
今日は、実技はなく終日講義だ。終日講義と云うのも身体ににはきついもんだったな。
講座の趣旨からも、合間にストレッチとかする余裕位はほしいものであるが、今日は無かったな。

f0233879_19464632.jpg
更に、講座を受講してて気が付いたのがこのライセンスもあった方が、活動の場が広がるということだ。
帰路、本屋さんに寄り「問題集」を買い求めてきた。


夕方から、北の空に真っ黒な雨雲が・・・・。
予報を見ると、平野部でも50%の雪の予報である。
どうか、積雪までにはなりませんように。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-26 19:47 | 日常 | Comments(2)  

狸の森 「バ○池」無残。

三日ほど地方へ行っていた。

f0233879_11204921.jpg
今朝の散歩で、狸の森だった「バ○池」を通ると、池の周りの大きな木も切り倒され、タヌキ達が潜っていた藪も赤土がむき出しだ007.gif

この小さな池に番いで棲んでいた2羽の鴨もどこかへ行ったらしく見当たらない。

f0233879_1121174.jpg
池の上の森も遠くに疎林を残すばかりだ。当然、この池の周辺で捕食・冬眠していた狸さん達は、もうどこかへ移住してしまったんだろうな007.gif

う~~~ん、朝夕の狸詣出の愉しみが無くなってしまったな。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-24 11:24 | 徒然なること | Comments(0)  

「吉野川 第十堰」

f0233879_20371111.jpg
今日、空港へ戻る途中の「吉野川」に設けられている「第十堰」である。
冬でもあり水量が少ないが、雨季は堰には満々と水が留まり、堰の上も轟々と水が流れている。
ここで、釣りや水遊びをしたものである。


「第十堰」は、吉野川沿いの名西郡石井町と板野郡上板町の間に工事されている固定堰で、最長1250メートルあると云う。江戸時代、「第十村」の農民の手により宝暦年間に、農業用水確保のために造られたという。大変な労力だったろうな。このコンクリート補強は昭和の時代の補強らしい。

この下流に「可動堰」計画が持ち上がったのは30年も前もことだが、地元の住民の環境に対する取り組みで住民投票まで行われたのが十年も前のことだ。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-23 20:39 | 旅・旨いもん | Comments(0)  

噛まれた!!

f0233879_20164574.jpg
過去何十回も帰省の度に会って、親密な関係でじゃれあっていたこのメタボ犬のジャッキー君。

夕べも、風呂前の一時楽しくおしゃべりしながらじゃれあっていたんだけど、突然のございます立腹で手首に噛みついてきた。

しばらく脂汗が出て震えが止まらなかった。その後は、けろっとしてこの様でスヤスヤだ。

人生初のワンコの洗礼を受けたのである。
やはり、ワンちゃんは分からんものである。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-23 11:10 | 旅・旨いもん | Comments(0)  

「直心庵」 蕎麦

f0233879_2018049.jpg
午前中にお坊様に来て頂き、供養読経の後はお墓へ。
遠くに見える山頂には雪もあるので、外の空気は冷たい008.gif

精進揚げに向かったのは、昨年春の週刊文春にも紹介されていた名西郡の吉野川近くにある手打ち蕎麦屋「直心庵(じきしんあん)」だ。
「ホタテとセリのかき揚げせいろ」の大盛りを頂きました。
やはり、美味しい蕎麦は、嬉しい003.gif


それにしても、今日のお坊様は約束の時間から一時間遅れの来訪だった022.gif
地方の時間は、随分とゆったり流れているものである。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-22 14:55 | 旅・旨いもん | Comments(0)  

狸林が、大変なことに。

f0233879_1642594.jpg
昨年末から毎夕方の散歩で愛嬌のある姿を見せてくれていた近くの池とそれに続く森に、数日前から重機が入っていた008.gif

f0233879_16435899.jpg
今日の段階で太い木々は軒並み切り倒されて、こんなになってしまった007.gif

地主である企業が整地して「倉庫」を建てるとは聞かされていたけど、近くの森が消えてゆくのは淋しいものがある。

今年に入り、池のタヌキに会えたのは1回だけだけど、寒さのせいで「冬眠」かな?と思っていた。
池の背後の森がこんなになってしまうと、あのタヌキ一家は他へ引越ししないといけないかもである。
少なくとも池が残れば、カモやカワセミも含めタヌキさん一家も何とか居残ってくれるかもしれない。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-19 16:48 | 徒然なること | Comments(0)  

初積雪

f0233879_19402280.jpg
昨日の朝は、天気予報外の降雪があり、あっと云う間に約3cmほどの積雪だった008.gif

2時間ほどで青空も見えてきてお日様も出てくれたので、「ドカ雪」にはならず今日の段階では、日陰に残っているばかりなので、ホッとした次第である。

雪が残っているせいで、今日も寒い感じの日中だったな。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-17 20:08 | 季節 | Comments(0)  

東京「坂巡り」ウォーキング

昨日は、参加教室イベントの「赤坂・六本木坂道散歩」に参加した。

江戸時代、大名や幕府直参の広大な屋敷が多かった「赤坂」周辺の坂道と赤坂サカス周辺を散策だ。
Akasaka Sakasを後ろから読むと、「Saka Saka Saka (坂 坂 坂)」になるというのが楽しい。

コースは、有名な一ツ木通りから赤坂不動尊、豊川稲荷東京分院、赤坂御用地、薬研坂、三分坂、雷電為右衛門の墓、勝海舟邸跡、本氷川坂、赤坂氷川神社、檜坂、檜町公園、ミッドタウン、国立新美術館、出雲大社東京分詞~六本木交差点のコースだった。

古い歴史が沢山残っていてかつ最新の施設がぎっしり詰まったエリアの急坂の上り下りと、ここが東京のど真ん中か?と疑うような静かさを残した氷川神社周辺に散策の楽しさを再発見出来た一日だったな。


f0233879_948062.jpg
これは、薬研坂:中央が窪み薬種を砕く薬研に似ているからからだそうだ。


f0233879_952218.jpg
三分坂報土寺練塀:結構な急勾配で、その昔車の後押し料金に3分(銀の10分の3)の料金が必要だった為とか。瓦を積み重ねた練塀が美しい。


f0233879_9551145.jpg
勝海舟邸跡:幕府の海軍操練所創設者でもあり、有名過ぎる「坂本龍馬」が開国論者である勝を切りに訪れた場所でもある。碑だけで邸宅地はバーになっているところが時代を感じさせてくれたな。


f0233879_9581729.jpg
坂氷川神社:8代将軍吉宗の命で、この地に遷されたというが、当時の社殿は重みを感じさせてくれた。また、この都心のど真ん中にこんな静かで、パワーを感じさせてくれる場所が残っていることに感激だった。


f0233879_1034875.jpg
檜坂:毛利家長州藩の屋敷そばで屋敷内多くの檜があったことから「檜坂」と呼ばれたと云う。
旧屋敷は、今「檜町公園」になっていて、国際色豊かに子供達の外国語が飛び交っていたのが印象的だった。


f0233879_10261365.jpg
檜町公園の池:数年前ニュースになった騒ぎがあった公園の池がこれだ!!。この池には入りたくなりますな(笑)。


f0233879_10103268.jpg
出雲大社東京分祀:縁結びの神様で有名な「出雲大社」であるが、都心の分祀は、鉄筋コンクリートの社になっている。すぐ後ろに「六本木ヒルズ」が迫っているのが大東京を思わせてくれたな。


寒の入り中で、曇り空の下の半日ウォークだったけど、適度なアップダウンもあり都心の歴史とミッドタウンの有名施設も見学できて、充実した一日であった。
企画主査とご一緒してくれた参加者に感謝である。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-16 10:16 | ウォーキング・散策 | Comments(0)  

「寒桜」と「ゴルフ場 こぼればなし」

今朝の7時の我が家の寒暖計は、「0」℃。今は寒の内とは云え、ホントに寒い。
この時間帯は、風も無く日差しもあって、陽だまりは暖かいけど003.gif

f0233879_12344264.jpg
そんな中見かけたのが、「寒桜」である。バックの青空が眩しい。
来週の大寒を迎えて、早く立春の声を聞きたいものだ。



f0233879_12364971.jpg
一昨日から読んでいたのは、國島吾郎氏の「ゴルフ場 こぼればなし」だ。2003年に刊行された月刊ゴルフマネジメントに連載されていたエッセイ集であり、ゴルファーを取り巻く悲喜こもごもを、全国のゴルフ場支配人の目から捉えた内容でほほえましくも 頷けるタッチで書かれている。

「一期一会」、「弁当持参ラウンド」などなど楽しい話題が多かったな。
また、随所にそのゴルフ場の名物メンバーさんの話などもあり、現在メンバーにもならずあちこちのコースを楽しんでいる私としては、メンバーになり行き着けコースをもつのも、これからのラウンド維持にもいいものかも知れないと感じさせてくれた一冊であった。




[PR]

by Koppe3T | 2011-01-14 13:57 | 季節 | Comments(0)  

ビリケン・ミニライブ in 東京ドーム

f0233879_182712.jpg
ビリケンが東京ドームでミニ・ライブを敢行するということで、水道橋まで行ってきた。

東京ドームは、何年ぶりだろうか(汗)。

f0233879_1823716.jpg
10時半頃到着したのだけど、入り口からすごい人で、びっくり。「ふるさと祭り東京」ということで、各県の祭りや故郷の味が体感できるのだから、人出も多いわけだ。通路も朝夕のラッシュ・アワー並みだったな。

まずは、ビリケンのステージを確認後、各県のブースをチェックだ。
その後は、うずまきソーセージ&サッポロ生ビール、たこ焼きスープの「明石焼き」、宮崎の「肉巻きおにぎり」、「ホルモンやきそば&牛サイコロ・ステーキ」などで、各地の自慢味を堪能させてもらった。
車でないと、ビールが飲めて嬉しい(笑)。

f0233879_18333.jpg
さて、ビリケンのライブは、予定時間通りの13:20から。ファミリーの皆さんと最前列で聴かせてもらった。
私にとって、今年初のビリーもケンも元気一杯に4曲を披露してくれたな。
1.Nagoriyuki
2.いちご白書をもう一度
3.かあさんの背中
4.あるいてゆこう
握手会では、元気な二人に新年の挨拶をさせてもらった。


実は、この「ふるさと祭り」は、新聞にも記事が出ていて、「全国ご当地どんぶり選手権」が行われていた。
この記事の前回大賞受賞である富山県の「白エビかき揚丼」が、今日の目的の二つ目だったのである。
ドーム入場早々に、列をチェックしたのだか、「ここが最後尾」の看板で「待ち時間2時間」とのことで、あえ無く断念だった(涙)。食べたかったなぁ「白エビかき揚丼」。
[PR]

by Koppe3T | 2011-01-13 18:07 | ビリケン | Comments(2)