人気ブログランキング |

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

筑波山よりQRV

建国記念日の今日は、UHF帯でのコンテストの日だ。
今年は、茨城県の筑波山へ。 昨年、5月に徒歩で山頂へ登った標高約800mの関東平野に聳えるお山へ、車で行ける場所で出来るだけ標高の高い場所を探してウロウロ。

f0233879_17564074.jpg
今日のコンテストは、09:00~15:00の時間ではあったのだが、到着が少々遅れたためベスト・ポイントは先客に押さえれていたため、更にQRVが遅れた感じである。筑波山の雄岳、雌岳がこんな近くに見える場所からQRVと相成った。

PS: QRVとは、電波法の無線局運用規則に規定されている業務用語であるQ符号の一つで、「電波を送信する用意ができました」の意。
f0233879_17574145.jpg
それでも、電波を出し始めると、標高が高いので実に多くの無線局が呼んでくれて、一時は喉がかれたかもである。中には、「13年ぶりの交信、ありがとう~~!!」など、旧交を温める交信もあって嬉しいコンテストを楽しめた。
沢山のコールに感謝である。

f0233879_17554582.jpg
少々北よりの風があったけど、お昼には、昨年入手したアウト・ドア用バーナーを使ってお湯を沸かし、熱い日本茶で暖もとれた。やはり、寒い日には「ホット」が一番である。

f0233879_17592178.jpg
帰路、トイレに寄った「朝日峠展望公園」では、北からの風も防風林で防いでくれていて南からの陽射しが暖かく、且つ「関東平野大パノラマ」が遠望できた。遠くにスカイツリーや新宿副都心のビル群が見えたのは驚きだったな。

さあ、3連休も終わった。明日からの業務に向け心機一転でる。

by Koppe3T | 2013-02-11 18:05 | 無線・釣り | Comments(0)  

池袋~目白散歩

晴天に恵まれ、昨日は「池袋~目白」のお散歩教室へ参加だった。
集合時は北風が強く物陰に隠れて風をよけ暖と取っていてけど、歩き出すと風も感じないくらいに収まる、絶好のお散歩日和だった。晴れ男晴れ女の参加者に感謝である。

f0233879_10193876.jpg
まずは、池袋西口駅前のキャラクター「えんちゃん」にご挨拶。この梟のえんちゃんは、池袋の近くの「ふくろ森」に住んでいるらしい。

f0233879_10271826.jpg
池袋西口公園を見学して、「池袋」と云う地名もとちなったと云われる水源であった丸池(池袋)があった「史跡公園へ。
f0233879_10274831.jpg
それにしても、豊島区には、駅前やありとあらゆる場所にこのような梟、みみずくのオブジェが鎮座している。主催者曰く「全部で何体の梟が居たか当てたら、1年間の参加費無料です。」とのことだったけど、言い当てるのはまず無理なほど多数だったな。

f0233879_10304226.jpg
f0233879_10311232.jpg
次は、豊島区立郷土資料館へ。池袋ヤミ市や長崎アトリエ村、雑司が谷鬼子母神などがジオラマも含めて展示されている。

f0233879_103610100.jpg
この当たりから、池袋駅前から数100メートルなのに、一気に住宅街になるのであるが、そんな住宅街に学校法人「自由学園明日館(みょうにちかん)」がある。今は本校は東久留米市に移転してるとのことだが、国の重要文化財指定を受けたこの大正10年から昭和2年の校舎は、今でも一般公開されて「動態保存」されているとのことだ。


f0233879_10414555.jpg
JR山の手線のガード下をくぐり、街道沿いにあった池袋なのに「新宿椿庵」のたい焼きが一行の足をストップ。
私も「薄焼きたい焼き」を買い食いだ。餡子は甘さ控えめでまずまずのお味だった。厚焼きを買われた方は、餡がはみ出ていて食べにくそうだったな。


f0233879_10445879.jpg
南池袋の中野ビルの「布袋尊」。お顔がほがらかで、お腹もでっぷり(笑)。大正6年の作とのことだが、空襲で破損、修復された歴史を持っているとのことだ。

f0233879_10503315.jpg
次は、小学校の敷地内と云うことで、土日しか見学出来ない「豊島ふくろう・みみずく資料館」へ。
館内は世界各地からコレクションしたと云う梟が紹介されている。ふくろうとみみずくの違いや、豊島区の地図が梟が羽ばたいているように見えること、鬼子母神の@「すすき梟」のみやげ物が江戸時代の安藤広重の絵に残っていることなどなど、館長の笑いありのご説明が楽しい。


f0233879_10554381.jpg
f0233879_10561858.jpg
弘仁元年(810年)開創と伝わる日蓮宗である威光山の威光稲荷や法明寺境内を散策。境内の日向ぼっこする猫達に癒されたな。
f0233879_1057722.jpg






f0233879_1151234.jpg
さて、いよいよ「雑司が谷鬼子母神」へ。鬼は、正式には角の無「鬼」を使うとのこた。それは、この鬼子母神の母としての鬼からお釈迦さまに帰依したといわれる所以によるらしい。
そんなわけで、「安産・子育ての神」として崇拝されている。
f0233879_1155819.jpg
堂宇は、天正6年と云うから「安土桃山時代」に建てられたとのことだ。この堂宇の英語版説明を読むと「Kishimojinn-do」と印字されていた。一般的に「きしぼじん」と発音することが多いが、ネットで調べてみたところ「きしじん」が正しいとのことだ。ひとつ勉強したな。
f0233879_1163739.jpg
境内には、創業1781年の上川口屋が今でも営業していた。1781年だから江戸中期の天明元年だ。すごい歴史である。



f0233879_11142723.jpg
雑司が谷から高田へ向かう坂道だ。左が昔からある「日無坂」、右が「富士見坂」であるが、結構な急坂であり、夕日が傾くまで眺めていたいスポットであった。

f0233879_1118131.jpg
こちらは、旧高田村の鎮守「高田氷川神社」だ。境内内は、撮影禁止で撮影出来なかったけど、お参り前の手洗いが、よく公園にあるプッシュ式で、数秒後に自動停止する水道だったのが、面白いというか、笑っちゃうというか・・・・。

f0233879_11224754.jpg
f0233879_11233535.jpg
さらに、宿坂袂の「真言宗金乗院」。天正年間に観音堂が建てられたのが始まりとのことだ江戸守護五色不動のひとつ「目白不動尊」を祀っている。

最後に立ち寄ったのは「切手の博物館」。35万種の切手、15000枚の封筒が展示されているとのことだ。
3階の展示では、時代ごとのポスト・カードがジャンル別に展示されていて、中には無線電信電話の始まりからアマチュア無線のQSLカード(交信証)や、ITU(交際電気通信連合)、最近の衛星通信、携帯電話までが多種なポスト・カードで紹介してあり、20分ほどの時間では観きれなかったのが残念だった。

昨日は、土曜日と云うことで、目白駅で一旦お開きの後、「懇親会」へ。
初参加の方や久しぶりにご一緒になった常連の方々と、お散歩話題や今日の楽しかったことなどなどに話題に花が咲き、あっと云う間の2時間。

今日も、見所満載のコースをプランしてくれた主催者及びご一緒に歩いて下さった参加者に感謝である。

by Koppe3T | 2013-02-10 11:37 | ウォーキング・散策 | Comments(4)  

せつぶんえ

天候にも恵まれ、今日は2年ぶりに「成田山節分会」へ。

日曜日ということもあり、駅から成田山へ向かう参道も正月3が日並みの混雑だ。
そして本堂前も1時間少し前に到着なれど超満員だ。
f0233879_15412632.jpg


待つこと1時間半。「震災に且つ。福は内。」の豆まきが始まった。把瑠都や白鵬は、一段高い所から蒔くのでよく目立っていた。
f0233879_1542928.jpg


新勝寺の節分会では、「鬼は外。」は言わない慣習だが、今年は被災地の早期復興への祈りを込め、「震災に勝つ!」の発声が加わっていた。

今年は、「八重の桜」に出演の綾瀬はるかさん、西島秀俊さん、長谷川博己さん、小泉孝太郎さん、剛力彩芽さんが来られて、笑顔を振り撒いてくれていたな。
f0233879_1542439.jpg
f0233879_15431435.jpg

西島秀俊さんは、凛々しかったし、剛力彩芽さんは実に可愛いかったな。残念ながら、彩芽さんの写真はピンボケだったのが残念。

それにしても、豆まき開始までの間、群集の中で身動きも出来ず、じっ~っと待つのは、腰に良くなかったかもである。

by Koppe3T | 2013-02-03 15:48 | 季節 | Comments(0)