<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

野毛山~みなとみらい散歩

昨夕は、遠出をして横浜は野毛山~みなとみらいのお散歩に参加だった。
この酷暑の真夏と云うことで、恒例の夕方からの散歩企画なのである。


早めに到着だったので、若かりし頃気負って飲みに来ていた「伊勢佐木町」界隈を散策。イセザキ・モールも健在だ。ビル群は古びていて、かつての賑わいは見れなかったけどね。
f0233879_12372445.jpg

更に日の出町駅の前を東京湾へ流れ込む大岡川だ。
f0233879_1237424.jpg


さて、京急日ノ出町を出発したあとは、「天神山土取場跡」だ。
江戸時代初期の頃、大岡川が江戸湾に流れ込む河口周辺を埋め立てて新田開発した時の土取り場のひとつとのことだ。登りの階段の急さに最初から大汗だった。
f0233879_1330195.jpg


登り切った住宅街の一画にあるのが、「横浜迎賓館」だったと云う「セントジェームス倶楽部」である。今は民営化され結婚式場として運営されているとのことだ。
f0233879_12451885.jpg


坂を登りきると「野毛山公園」だ。横浜市西区の公園である。明治時代は豪商達の別邸が立ち並んでいたとのことだが、今は都市防災の観点から広く市民の憩いの場として公園になったらしい。
f0233879_12515390.jpg

頂上の展望台からの眺望はみなとみらいのランドマーク・タワーや横浜ベイブリッジ、鶴見翼橋、横浜ポート・タワー。山手の「港の見える丘公園」などはじめ、遠く房総半島の山々が遠望できる。
f0233879_12561564.jpg


園内には、野毛山貯水場跡があり、明治時代に遠く相模川からこの地まで上水道を引いた英国人の銅像やその時の建設とトロッコのルートなどが記されていた。このトロッコは、今の相模鉄道の前進なのである。
f0233879_12563272.jpg



さて、今回のメイン・エベントのひとつである「野毛山動物園」だ。
昭和26年開園の横浜市立動物園であるが、なんと入場無料と云うのが素晴らしい。
f0233879_1324227.jpg


園内は結構広く、レッサーパンダ、アムール・トラ、キリン、チンパンジーはじめ爬虫類まで多くの動物が楽しませてくれる。しかも夏週末は「ナイトのげやま」と称して夜もオープンしているのが素晴らしい。
f0233879_1313927.jpg


園内は時間的にも薄暗く、可愛い動物達をカメラに収めるのが難しかったけど、中でもシャイなキリンさん。
f0233879_133849.jpg


青森育ちで、37歳(人間では100歳)という超高齢なラクダの「ツガル」さん。最近は、常この状態で座り込んで半分寝ているとのことだ。
f0233879_1353359.jpg


こちらは爬虫類エリアの「ヨウスコウワニ」だ。
f0233879_1383381.jpg



なかよし広場では、愛らしいモルモットさんにタッチして癒されました。
f0233879_1365635.jpg


ここで突然の夕立ち!!。雨脚も半端なく、約30分たまたま屋根のある休憩エリアで雨が上がるのを待つはめに。
f0233879_13101433.jpg


雨があがったので、一部ルートを変更し、野毛山を下山だ。途中、成田山新勝寺の横浜別院に立ち寄るも、平成27年に向けて本堂建て替え工事中で、本堂エリアは更地だった。完成が楽しみである。
f0233879_1314085.jpg



横浜みなとみらい21地区である。ランドマーク・タワーはじめ帆船練習船「日本丸」、コスモ・ワールドなど、いかにも横浜~~~!!的なエリアである。
f0233879_1317068.jpg
f0233879_13171621.jpg
f0233879_13184692.jpg


最後に桜木町駅に戻り、お散歩終了・解散。
日本初の鉄道「新橋-横浜」が開通した時の「横浜」駅であることは有名であるが、今日見た「桜木町」駅にその面影は微塵も無かったな。
一緒に歩いて頂いた皆様、ありがとうございました。

その後の打ち上げも参加し、楽しかった今日のお散歩話題で盛り上がり、終電1本前で帰路に着いたのであった。それにしても、横浜は電車だと、遠い(笑)イメージが更に高まった感である。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-25 13:30 | ウォーキング・散策 | Comments(2)  

いや~、惜しい。

暦の上では「立秋」の今日、最高外気温32℃のもと2組でのラウンドは大汗かきつつも、楽しいラウンドだった。
今日のコースは、霞ヶ浦の南の丘陵に広がる「桜ゴルフ倶楽部」だ。
3年ぶりの当コースである。


西コース1番 パー5からのスタートは4オン、 1パットのパー発進だ003.gif
続く2番 140ヤード パー3では、1オンしなかったけっれども、寄せワンでパー。幸先良いスタートである。


落とし穴は、ここ4番 402ヤード パー4。 3オンも出来ず、4オン 2パットのダブル・ボギーは残念007.gif
f0233879_1720118.jpg


こちらは5番 160ヤード パー3。 池越えの打ち下ろしなので、距離感が難しい。
f0233879_17202666.jpg


f0233879_17205232.jpg
<前半の上りホール 525ヤード パー5>結局、前半は5パーをゲットするも、出入りが激しく「42」(パット 14)。
今日こそは久々に80台確保???と期待高まる。


後半の東1番 372ヤード パー4だ。この桜ゴルフ倶楽部は老舗のコースでもあり、各ホールが有名プロ・ゴルファーの設計によるとのことで、東1番は、かの「林 由郎」プロの設計とのことだ。
f0233879_17281690.jpg

名門安孫子CCのキャディから身を起こし、戦後の日本ゴルフ界の重鎮である林プロである。青木プロや飯合プロの師匠でもある。
アプローチの名手であり、ビギナーの頃は良く林プロのレッスン番組を見させてもらったな。

f0233879_1737463.jpg
後半のスタートが、3オン 3パットのダブル・ボギー発進は痛い。
後半、中々パーも来ず、ズルズルと大叩き。結局48(パット 17)。今回も”I 'll be back."の80台は1打及ばず、次回に見送りだ(涙)。

それでも、ドライバーを一つ前の秘蔵品に戻してのラウンドは、手応え大有り。次回こそ"I'll be back."と云わせてもらおう。

そうそう、2組ラウンドであったので、幹事さんがプランしてくれた「新ぺリア・コンペ」では、HDCPを掘り当てて見事に優勝だった(笑)。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-07 17:41 | ゴルフ | Comments(0)  

FDコンテスト

今年も夏のコンテストである、FD(フィールド・ディ)コンテストの日だった。
フィールドから電波伝搬を楽しんでみようコンテストなのである。

早朝には起きれなかったけど、まずまずのタイミングには目覚めて、前から目星をつけていた公園へ。
ここは昨年も来たことはあるけど、綺麗なトイレもあり屋外運用の私は嬉しい環境である。
f0233879_1652274.jpg



アンテナ設営中、顔見知りの無線屋さんも登場。彼もこの場所を今日の移動運用の目的地にしていたらしい。電波の上では何十回もお話ししているし、過去アイ・ボールと称して何度もお会いしている先輩でもある。

彼は、私が使う電波の周波数でないバンドの無線機も持参だったので、そばに車を並べての運用になった。これが同じ周波数の電波だと、すぐ隣での運用だと混信と感度抑圧が激しく、コンテストも参加不可能という事態になるのであるが、今日は上手い具合に棲み分けができて良かったな。

f0233879_1654686.jpg
さてコンテストも楽しく多くの局と交信できて、楽しませてもらった1日になった。
[PR]

by Koppe3T | 2013-08-04 16:07 | 無線・釣り | Comments(0)