<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

袋田の滝

随分前に職場での旅行で、大子町の袋田の滝へ旅行した先輩が、「袋叩きの滝」(笑)と云って笑を取っていた袋田の滝へ行ってきた。

先の台風で水没した車が廃車になり、新しい車が届いたので「紅葉見に行こう!!」と息子に誘われての久々のロング・ドライブだった。とはいえ、今日は運転手ではないので、後部座席で楽ちん楽ちん(笑)。

まずは、大洗の「めんたいこパーク」で、一休み。屋上のこの赤いモスラ調の物体が可愛い(笑)。店内では、試食の明太子や明太子寿司が試食できちゃんだよね。おまけに自販機の飲物までフリーなのには驚き!!。
f0233879_19492468.jpg



お昼は、那珂湊漁港の寿司屋さんへ。ネタが新鮮でまいう~~。写真は、店長お勧めマグロの三種盛りだ。普段マグロは敬遠の私にも美味だったな。
f0233879_19502086.jpg



で、目的の「袋田の滝」へ、ドライブ a Go Go~~。車窓からの眺めも秋本番だ。
f0233879_19571766.jpg

大子町の山々は見事な紅葉でお出迎え~~~
f0233879_19532711.jpg

f0233879_19534360.jpg


目的の滝の迫力は、これだ!!
f0233879_19542438.jpg

f0233879_19551876.jpg


更に44mエレベータで上った展望台からは、紅葉も絡めて3段の滝が美しい。
f0233879_1956328.jpg


更に川辺の近くからの見上げる滝も素晴らしい。
f0233879_20235863.jpg


今回世話になった「赤のアテンザ」である。
f0233879_19583994.jpg


帰路は、半分以上後部座席で寝てたけど、新しい車でのドライブありがとうね~~。
[PR]

by Koppe3T | 2013-11-20 20:01 | 季節 | Comments(2)  

あの山へ。

関東も平野部への紅葉が見れるようになってきたので、今日はあの山「筑波山」へ。直線距離で約50キロの関東の山である。
f0233879_17292153.jpg



今回は登山はしないので、目指すは筑波山の中腹「つつじヶ丘」だ。
ところが、観光シーズンらしく、つつじヶ丘の駐車場に入場するのに数百メートル前から渋滞(汗)。渋滞中に降りてきたロープウェイと紅葉を絡めて1枚。
f0233879_17331682.jpg

筑波スカイラインの道端の紅葉は、こんな程度だ。日光や箱根の紅葉のイメージからは淡い感じの染まり具合である。
f0233879_17354712.jpg


今回は、数十年ぶりのロープウェイを使って女体山駅へ。
f0233879_17364650.jpg


ロープウェイの途中から眺めれた紅葉である。
f0233879_17373355.jpg


山頂駅から女体山へ。山頂の岩場は、多くのハイカーでごった返していて、先へ向かうのも大変。
f0233879_17381558.jpg


やっと岩場の先っぽへ。流石に見晴らしは良い。
f0233879_17385145.jpg


女体山から男体山を望む。
f0233879_17433569.jpg


女体山から男体山へ向かう途中にある、「ガマ石」である。
f0233879_17425075.jpg

ガマの油売りの口上で有名になった筑波山のガマの油で大儲けしたと云う永井兵助がこの石の傍でガマの油の口上を考え出したと云う。小石を投げて乗れば商売が大繁盛とのことだが、私は惜しくも乗らず(笑)。

片道2時間弱のドライブ。ドライブのお供は、今井美樹のユーミンのカバー・アルバム「Dialogue」。
f0233879_17471338.jpg

それにしても、今日は最高気温19℃。風も南からの穏やかな風で実に穏やかな1日であったな。
[PR]

by Koppe3T | 2013-11-17 17:50 | 季節 | Comments(0)  

小春日和のセントラルGC

朝は10℃を切る季節になってきた。そんな中、今日は「セントラル・ゴルフクラブ」での2組でのラウンドを楽しんできた。
日中は20℃前後まで気温も上がり風も強くても1番手以内の絶好のラウンド日和だった。

今日は、西コース アウトからのスタートだ。
1番300ヤード パー4 Tショットは右ラフなれど、3オンしたグリーンでは、1パットのパー発進!!。幸先が良い。
2番575ヤード パー5も、セカンド、サードと5Wで3オンに成功し、スタート2連続パーは嬉しい限りだ。

更に、4番568ヤード パー5でも3オン 2パットのパー!!!。6番を上がった段階で、3オーバー・バーは、最近の私としては、出来過ぎと思っていたけど、落とし穴は7番355ヤード パー4で待っていた。

Tショットを大きく右に曲げ、隣のホールへ(汗)。1打で7番ホールへ戻せず、結局4オン。しかも、実にシビアな傾斜に切ってあったパップにも蹴られて、3パットのトリプル・ボギー!!!。痛い!!、痛い。

次の、ここ173ヤード パー3では、ユーティリティーで打ったボールがピン・ハイに付いて、パー。
f0233879_17383458.jpg

なれど、7番のトリプル・ボギーが響いて、結局前半「44(パット17)」(ここはパー5が3ホールあり、パー37である)。
90切りに、一縷の望みを残して、ランチ・タイムだ。

後半、インの10番ホールである。
f0233879_1752629.jpg
f0233879_1754132.jpg

398ヤード パー4は、3オン出来ずに4オン、約60センチのボギー・パットがカップに蹴られてダブル・ボギー(汗)。

f0233879_20253973.jpg
しかも、先月痛めた右手首がピクピク言い出して、スイングのトップで辛い。サポーターを付けてのラウンドだったのである。
結局、後半パーは3個ゲットするも、11オーバー・パーの「47(パット18)」。

結局、91(パー73)は、毎度の目標の80台に2打足らず。
それでも、いつものサークル・メンバーとの2組ラウンドは、毎度のことであるが実に楽しいラウンドだったな。
晩秋の天気にも恵まれたし~~~。
次回のラウンドまでに、右手首も完治しておきたいものである。

こちらは、帰路通過した「霞ヶ浦」だ。傾いた陽が湖面に反射して美しかったな。
f0233879_17151199.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2013-11-06 17:28 | ゴルフ | Comments(0)