<   2015年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

蚯蚓出

今日の最高気温は28.2℃。夏である。


庭の薔薇も開花だ。
f0233879_15262141.jpg


また、南西の風が8m/sと強く、庭木の葉も巻き上げれるほどだ。
f0233879_15262461.jpg


この時期は、七十二候の「蚯蚓出みみず、いずる)」の候である。ミミズの活動開始はマイペースとのことで、カエルや蝶々・トンボなど他の生物よりは遅れて地中から這い出してくるのだ。土の耕し名人蚯蚓くん、活動開始の候である。
なれど、こちらは昨日の霞台での芝の上。折角這い出してきたけれども、暑さにやられたかな?
f0233879_15262898.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2015-05-14 15:27 | 季節 | Comments(0)  

台風一過の夏日ラウンド

心配していた台風6号が温帯低気圧になり、夜中の内に列島を駆け抜けて行った。
朝から快晴!!。コースへ向かう頃はまだ幹の梢が大きく揺れていたけど、スタートの頃は3m/s程度に治まって、絶好のラウンド日和になっていた。


今日は、いつものメンバー2組で、「霞台カントリークラブ 霞コース」でのラウンドだ。
スタートは、左ドッグ・レッグのインコース10番379ヤードからだ。Tショットはまずまずなれど、パー・オンは出来ずに、3オン2パットのボギー発進だ。
f0233879_16591752.jpg


続く2番111ヤード パー3では、1オンは逃したものの、寄せワンのパー!!!!
f0233879_16592439.jpg


3番 池越えの298ヤードでは、気合いを入れるべく3ショットで「エイエイ・オー!!!!」
ここは、セカンド・ショットがバンカーに入ってしまい、3オン2パットのボギー。
f0233879_16592751.jpg
続く4番 パー4は美しく2打でパー・オンし、2パットのパー!!!。ここまでは、2オーバー・パーとまずまず。

なれど、そこそこのドライバー・ショットが5番ホールから乱れ始め、16番17番では2連続OBが痛かったな。
それでも、最終18番451ヤードでは、3打のパーオンだ。しかも、約1.5mほどに寄っていたのだ。絶好のバーディ・チャンスだ。だども、決めれず天を仰ぐコッペであった。結局、前半は47(パット18)。
f0233879_17000266.jpg


さて、後半はアウト1番326ヤード パー4だ。Tショットはフェアウエーをキープするも、グリーンサイドからのアプローチがトップして奥へ(汗)。結局6オン2パットのダブル・パー(8打)だ。これはOBより痛い後半のスタートであった。
f0233879_17000571.jpg


池越えの 3番 151ヤード パー3である。パー・オン出来ず、2オン・2パットのボギー!!。
f0233879_17095774.jpg

途中、パーは1個あったものの、ボギーの連続で最終ホール478ヤード パー5だ。お空の雲も夏の雲である。
ここTショットは本日1番のいい当たりではあったけど、上がりは、ボギー。結局、後半も47(パット18)。
f0233879_17004578.jpg

スコアーは脇に置いておいて(笑)、数日前には台風でキャンセルかな~~~と残念がっていた今日のラウンド。当日になってみれば、台風一過の絶好のラウンド日和に恵まれ、いつもの楽しい仲間とのラウンドは、実に楽しい一日であった。

ベスト・グロスでの新ぺリア優勝のそのさん、素晴らしいです。おめでとうございます。
ご一緒頂いた皆さま、ありがとうございました。
次回こそ、80台だな。




[PR]

by Koppe3T | 2015-05-13 17:20 | ゴルフ | Comments(0)  

39センチ~~~~!!

最高気温21℃。爽やかな初夏の陽気だ。
昼上がりの帰路、先週訪ねた川へ。
f0233879_14511773.jpg



今日も先行のバサーが3人ほど。先行者が諦めて帰ったポイントで1投目、ラインがス~~~~と動いた!!!。昨日に引き続きゲット~~~!!39センチのデップリ・サイズだったな。
f0233879_14511962.jpg



[PR]

by Koppe3T | 2015-05-11 14:51 | 無線・釣り | Comments(2)  

五月晴れの初バスだ!!

今日は、北西の風8m/sなれど快晴で最高気温726.6℃。五月晴れで爽やかな陽気だ。


昨日の釣果なしにもめげずに、今日も近くの池へ~~~~。
ここは昔よく来ていたのであるが、実に久々に行ってみた。先客のバサーが3名。挨拶後に釣果を訪ねると、「4本!!」との返事だ。相変らずここは釣れるらしい。
f0233879_14181063.jpg


強い風に、キャスティングのラインも流されるも、30分ほど粘るとラインがグンと曳かれた。一気にロッドを立ててフッキングだ。引きも強い。
上がったのは、36センチのまずまずのサイズだ。今年の初バスであった。
f0233879_14182360.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2015-05-10 14:19 | 無線・釣り | Comments(0)  

シオカラトンボとムギワラトンボ

今日は曇り空で最高気温22℃。陽射しも強くなく過ごしやすい(朝は肌寒かったかな)土曜日だった。


今日も、ロッド担いでの池へ。ここは、初めてキャスティングした池であるが、いかにもランカー・サイズが居そうな雰囲気だ。
小バスが遊泳しているのは視認できたので、しばらく粘るもヒットはあるものの小バスのツン・ツ~ンと云う当たりばかりだったな。
f0233879_17273663.jpg
帰路に着こうと徒歩中、大型外国車から降りてきた強面のお兄さん!!!(笑)、「この池、如何ですか?」と怖くない云い方での会話が始まった。
で、必ずゲット出来る野池まで教えてくれていたな。同好の士との会話は、やはり楽しいものである。


こちらは、途中で見つけた「シオカラトンボ」と「ムギワラトンボ」。両方シオカラトンボであるが、シオカラは雄、黄色いムギワラは雌なのだ。
f0233879_17274576.jpg
f0233879_17275194.jpg


後尾は、こんな感じである。
f0233879_17275519.jpg



[PR]

by Koppe3T | 2015-05-09 17:30 | 無線・釣り | Comments(0)  

朝霧~~~~~~

今朝は朝霧が激しく、ターミナルの眺めもこんな感じ~~。向かいの南ウイングも霞んでいたな。
f0233879_19321398.jpg


それでも、日中には青空も見始め、最高気温は24℃まで上昇だった。
f0233879_19321766.jpg


早目の退社だったので、最近話題になっっている取香川へ。こんな獣道をかき分けて川べりへ。
f0233879_19322000.jpg


なかなか、いい雰囲気の川である。バスもスクール状態で遊泳だ。見えバスが釣れた験しはないのであるが・・・。それでも、行きかったバサーと挨拶しながら釣果を訪ねると、ボチボチは上がっているとのことだ。しかれども、今日もノー・ゲットであったのは残念!!!!
f0233879_19322310.jpg

[PR]

by Koppe3T | 2015-05-08 19:38 | 日常 | Comments(0)  

端午の節句~~~~

今日は最高気温17.7℃。しかも7m/sの北風もあり、涼しい。


曇り空に管制塔も沈んで見えたな。
f0233879_13524217.jpg


里山プロムナードにも、ツツジが満開だ。
f0233879_13524536.jpg


昨日は、今日本に飛来し各地でデモ・フライトしている「ホンダ・ジェット」が成田空港に飛んできていた。精悍な機体でアプローチしてきて、高度100フィート辺りで軽く翼をバンクさせて、いかにもデモ・フライトらしい飛行であった。
f0233879_13523689.jpg
詳しくは、こちらをポチっと---->http://www.aviationwire.jp/archives/60499


七十二候での「蛙始鳴(かわず、はじめてなく)」の季節になってきた。春先に冬眠から目覚め、まだ寝ぼけていたカエルたちもウォーミングアップを終え、元気に活動を始める頃である。

さて、今日は端午の節句!!!。菖蒲湯に入って邪気祓いしなくちゃである。

[PR]

by Koppe3T | 2015-05-05 13:55 | 季節 | Comments(0)  

深大寺散歩

先週の土曜日、新緑が眩しい中、武蔵野の古きよき時代の面影を残す調布周辺を歩いてきた。

出発は、京王線布田駅から。
旧甲州街道を渡ると、「成田山」が迎えてくれた。調布不動尊で親しまれている常性寺である。鎌倉時代の創建で、慶長年間に多摩川沿いから移転したとのことだ。境内には多くの石仏が可愛い。また、300年生きていると云う「ハグ・イチョウ」だ。しっかり、ハグして「気」を貰えたな。

f0233879_15081043.jpg
f0233879_15081427.jpg
f0233879_15081684.jpg



こちらは、今の甲州街道沿いにある、「国領神社」である。祀ってあるのは、神産巣日神(かみむすびのかみ)とのことである。境内の藤の大木が有名で、樹齢4500年と云われる「千年乃藤」が見事であった。

f0233879_15082465.jpg
f0233879_15082815.jpg
藤棚を上から眺めると、幹がこんなに盛り上がってから枝が周囲に伸びているんだよね。流石に千年乃藤である。
f0233879_17354737.jpg




「野川桜ライトアップ」で有名な「野川」である。護岸工事されていないこの川は、子供たちの絶好の遊び場になっているようだ。しばしの距離を歩けたのは実に快適だった。

f0233879_15084142.jpg
f0233879_15084596.jpg


鴨さん、驚かせてごめんね~~~。
f0233879_17383145.jpg



野川を離れて、こちらは「虎狛神社」である。崇徳天皇2年(588年)に神事が執り行われたとのことだから、武蔵野の古刹である。映画「千と千尋の神隠し」に出てくる「ニギハヤミコハクヌシ」は、この虎狛神社から想定されたとのことである。

f0233879_15085580.jpg



虎狛山日光院祇園寺である。天平年間(72949)に開山されたと云うから、こちらも古刹である。

境内には、名言「板垣死すとも自由は死せず」で有名な自由民権運動家の板垣退助の手植えと伝わる「自由の松」が残っている。

f0233879_15092187.jpg

f0233879_15090716.jpg


この辺りは、畑も沢山残っており、用水路には綺麗な水が流れている。いかに湧水が多いということだろう。
f0233879_15092460.jpg



中央高速の側にある深大寺自然公園内にある「野草園(やそうえん)」である。湧き水がこんこんと流れる武蔵野風情が目にも優しい。写真の橙色のネットは、蛍の幼虫を野鳥から守る為のネットとのことだ。来月には蛍が観賞できるとのことであるが、詳しくは野草園へ電話くださいとのことであった。

f0233879_15093433.jpg



青渭神社(あおいじんじゃ)である。創建は伝わっていないが、973年の延喜式に武蔵野国八社と記録されているとのことで、これまた古刹である。深大寺村の総鎮守である。

境内の御神木の樹齢700年と云われる大ケヤキは、江戸名所図会にも描かれている名所である。

f0233879_15094341.jpg

f0233879_15095467.jpg
f0233879_15100153.jpg
f0233879_15100907.jpg


「神域にて犬の糞は厳禁です」の掛札が笑える。猫や私のはいいんかい?(笑)

都立水生植物園である。花ショウブや田圃、葦原などがあり、カキツバタが綺麗に咲いていたな。

f0233879_17220508.jpg
カキツバタ
f0233879_15104850.jpg

こちらは、「シラン」。紫の花が可憐である。

f0233879_15104504.jpg



水生植物園の隣の丘が、「深大寺城跡」である。扇谷上杉家の朝定が北条氏の侵攻に備えて再興した城とのことであるが、悔しいかな北条はこの城を無視して川越方面へ侵攻してしまったと云う。空堀や土塁などがしっかり残っており中世城郭を偲ぶことが出来る。

f0233879_15101982.jpg
f0233879_15102292.jpg
f0233879_15102404.jpg



櫓台跡を手前に「この木何の木、気になる木?」を望む。平和な時空が流れていたな。

f0233879_15103620.jpg




深大寺参道に到着だ。ゴールデンウィークと云うこともあり、多くの訪問客で賑わっていたな。

私は、参道で「そばまんじゅう」を買い食いだ(笑)。

f0233879_15105640.jpg
f0233879_15110042.jpg



深大寺は、733年深沙大王(しんじゃだいおう)を祀る寺として開山とのことだ。縁結びの神で有名だ。こちらは、本堂である。

f0233879_15110876.jpg




重要文化財の「釈迦如来像」である。普段は、各地での催しにお出ましのことが多いとのことであるが、今回は拝むことが出来てラッキーであった。

f0233879_15114152.jpg




境内の「なんじゃもんじゃのき」である。白い花が満開で、これまたこの時期ならではの見ものであった。

f0233879_15112688.jpg




元三大師堂。

f0233879_15113790.jpg




深沙大王堂。深沙大王像が祀られている。

f0233879_15122581.jpg




大きな水車を店構えにしているお蕎麦屋さん。

f0233879_15124202.jpg



深大寺水車館である。むかし、ここに直径4mの水車小屋があり、五つの突き臼と一つの挽き臼があり、地元人たちが穀物を突いたり挽いたりしていたと云う。この辺りが、豊富な湧き水があったと云う証でもある。

f0233879_15123538.jpg




で、打ち上げだ。今回は、深大寺と云うことで、「湧水」と云う名のお蕎麦屋さんである。

ビールは最高に喉にしみたけど、湧水そば美味しかったな~~~~。

f0233879_15115157.jpg

f0233879_15114630.jpg



夕闇迫る駅までのほろ酔い散歩が、これまた最高だった。陽は西に沈み、月は東の空に上がり、「行はよいよい、帰りは怖い♪、怖いながらもとおりゃんせ~~♪」の合唱が聞こえてきたのは、空耳か?(笑)。 「月がとっても青いから、遠回りして帰ろう~060.gif」の風情であったな。 

f0233879_15115497.jpg



こちらは、灯が灯った布田神社である。夕闇に風情満点である。

f0233879_15120594.jpg
f0233879_15115876.jpg



調布駅へ続く「天神通り」には、鬼太郎や、塗り壁、ねずみ男らがお出迎え~~~~。

f0233879_15120800.jpg
f0233879_15121244.jpg
f0233879_15121573.jpg

今回は約20000歩(約8Km)のコースだったけど、武蔵野面影残す素晴らしいコースだった。

案内してくださった姉さん、ありがとうございました。一緒に歩いて頂いた皆さま笑の絶えない楽しい散歩をありがとうございました。


[PR]

by Koppe3T | 2015-05-04 17:27 | ウォーキング・散策 | Comments(4)  

霜止出苗 

太陽暦では今日から五月。霜止出苗(しもやみて、なえいずる)の候である。二十四節気を更に細分化した七十二候による言葉である。
この時期は「霜止出苗」と云う。「暖かさが増し、霜も降りなくなり、苗が青々と育つ頃」である。
確かに周りは、田植えも終わり早苗が育っている。

今日の最高気温は、24℃。実に暖かい。風も2~4m/sと心地よかったな。霜止みて、苗いずるである。

f0233879_17163104.jpg
午後、毎度の鴨池へ。何故か、今日は1羽のみ~~。それも、池を1周しても姿は見えず、呼んでも出てこず、パンを投げ始めたら遠くから寄ってきた。
f0233879_17154799.jpg
f0233879_17160153.jpg
今日も元気で良かったな。



そばの木々では、若葉の中でピィーヨ、ピィーヨとヒヨドリ達の大合唱。たてがみが凛々こしい雰囲気が好きな野鳥の一人(笑)である。
f0233879_17164181.jpg
f0233879_17164481.jpg



[PR]

by Koppe3T | 2015-05-01 17:19 | 季節 | Comments(0)