<   2015年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

秋涼の多古 Country Club~~~

今日は晴れの予報だったけど、朝から曇り~~~。最高気温は18℃台で北寄りの風8m/sと体感温度はかなり涼しい。
そんな中、「多古カントリー・クラブ」で遊んできた。
これは、18番ホールをクラブハウスから望んだ1枚だ(見た目は美しいのだが・・・)
f0233879_16533122.jpg


スタートは、アウト1番362ヤード パー4から。残り175ヤードほどのセカンド・ショットをユーティリティで打つと、なんと2オンに成功!!。2パットのパーは発進は幸先がいい。

これは、2番328ヤード パー4であるが、3オン 2パットのボギー。
f0233879_16314451.jpg


ところが、その後中々パーが来ない。ここ、4番 143ヤード パー3も2オン 2パットのボギーだったしな。
f0233879_16314854.jpg


結局、前半は1パー、6ボギー、1ダボ、1トリの47(パット19)。かなり厳しい結果だ。
前半の上がりホール、9番では、同伴競技者のコミちゃんが絶妙のセカンド・ショットで40センチに付けて、難なくバーディ!!!!!。素晴らしいものを見せて頂いた。



さて、後半。イン10番 382ヤードである。ここでは、気合いのバック・ショットだ。
f0233879_16315353.jpg
f0233879_16315764.jpg
ここは、残り190アゲンスト8m/sのところを3Wで打つと、何と!!!2オンに成功だ。後半もパーは発進は嬉しい。


されど、その後15番までパーが来ず・・・・。ここ17番 185ヤード パー3でも改心の当たりが乗らず、ボギー。
f0233879_16320112.jpg
結局、2パー、4ボギー、3ダボの46(パット17)・・・・80台はお預け~~~~(笑)。

帰路、毎度の喫茶店で反省しきりであった。
f0233879_16320584.jpg
それにしても、今日はコミちゃんデー!!!、後半の3連続パーは素晴らしかったな。そのさんも、ナイス・バーディ!!!!でした。
ラウンドご一緒の皆様、今日も楽しいラウンドありがとうございました。



by Koppe3T | 2015-10-21 16:53 | ゴルフ | Comments(0)  

千葉コンテスト!!!

今日は、年に1度の「千葉コンテスト」の日だった。朝は雲が多めながらも、昼前には青空が広がり最高気温は23℃。絶好のアウトドア日和だ。

今回は、超地元での移動運用をしてみた。今日のコンテストは12時からスタートなのであるが、10時前にはアンテナの設営も完了し、コンテスト前の舌慣らしに移動局への声かけ~~~。
f0233879_17105733.jpg
f0233879_17110923.jpg
車の側に、野良ねこも寄ってきた。



昼前に辺りを散策。ここは側にキャンプ場があり、多くのキャンパーが秋の陽だまりを浴びながらのんびり~。
f0233879_17122388.jpg
また、北東の空には成田空港を離陸した旅客も遠望できるんだよね。実に穏やかな秋の日であった。
f0233879_17120047.jpg

また、園内にはのら猫が沢山。呼ぶと寄ってくるから、人慣れているようだ。
f0233879_17111863.jpg


さて、コンテストはスタート早々多くの局に呼んで頂け、嬉しい悲鳴だった。
f0233879_17103248.jpg


車の側は藪だったのだが、窓から見える葉っぱの上の殿様バッタも逃げない(笑)。
f0233879_17110584.jpg


陽が陰るとやぶ蚊が現れて、早々に撤収せざるを得なかったのは残念!!!。それでも、今日も実に多くの局に呼んで頂け、楽しい秋の1日のアウトドアだったな。
f0233879_17123622.jpg

by Koppe3T | 2015-10-18 17:25 | 無線・釣り | Comments(0)  

天気は最高級だった

今朝の最低気温は16℃。日中の最高気温は21.5℃。しかも、1~2m/sの微風、絶好のラウンド日和に恵まれ、J-GOLF霞ヶ浦で遊んできた。


このコースは、このクラブハウスからの眺めが絶品なのだ。
f0233879_17272199.jpg


スタートは、INコース。10番367ヤード パー4である。ここは、ドライバー・ショットもまずまずで、パー発進は幸先が良い。
f0233879_17273218.jpg


なれど、距離のないここ11番 310ヤードでは、Tショットが痛恨のOB!!!!。ダブル・ボギーだったのが痛い。
f0233879_17411985.jpg


その後、15番350ヤード パー4、16番168ヤード パー3、17番367ヤード パー4と3連続パーをゲットするも、前半の最終18番491ヤード、 パー5では3オン出来ずにかつ3パットのダブル・ボギーが残念!!。結局4パー、2ボギー、3ダボの44(パット20)。80台には実に微妙なスコアーだ。


さて、後半。アウト1番 371ヤード パー4である。セカンドで残り30ヤードまで運んでおきながら、ザックリしたりで5オン 2パットのトリプル・ボギーが、辛い。
f0233879_17413147.jpg


4番377ヤード パー4である。ここはバンカーに捕まり、ボギー。
f0233879_17414281.jpg

5番 162ヤード パー3では、グリップが緩みパーオン出来ず、ボギー。
f0233879_17415079.jpg

で、最終9番409ヤード パー4である。ここをパーで上がれば89なのだ。3オン1パットのパー!!!を狙うも、3パットのダブルボギー(ちゃんちゃん!!)
結局、後半は47(パット19)。計91と80台はならなかったけれど、の最高級の天気のもとの楽しいラウンドだった。それにしても、今日はよくバンカーに捕まったな。7回もバンカー・インは多過ぎだ。また、3パットが5回もあったのは半端ないな。
f0233879_17415660.jpg


今日は、95%の人が30ヤードは飛距離が伸びると謳われているこのボール持参だったけど、結果はついてこなかったな(汗)。
f0233879_17420165.jpg

今日の優勝は、おたけさん。おめでとうございます。私はブービー・メーカーだ(爆)。
それにしても、別組だったツネちゃんの前半はスタートからの4連続パーを含む素晴らしさで、ラスト2ホールの段階で3オーバー・パーの大快進撃!!。素晴らしかったね。
ここのコースはカートにスコアーを打ち込むと別組の・メンバーのスコアーも楽しみながらラウンドできてしまうのだ。楽しい仲間と最高級の天気のもとのラウンド、今日もありがとうございました。
f0233879_17420514.jpg










by Koppe3T | 2015-10-14 17:56 | ゴルフ | Comments(2)  

2015全市全郡コンテスト

天気予報は雨~~~。なれど、今日は年に1回の「全市全郡コンテスト」の日だ。
雨に濡れた伸縮ポールに水抜きやアンテナの後処理が面倒なのではあるが、大雨の予報ではないので雨でも屋外での無線運用は出来るべぇ~とばかりに出かけてきた。

目的に着いてしばし待つと雨が小降りになったので、毎度のブーム長6mの6エレメント・アンテナを組み上げ8mの高さにアップだ。
f0233879_16580583.jpg


そこから、50MHz帯の電波での交信開始だ。流石に移動運用の局も多目に出ている。


昼前には雨も上がり、路面も乾いてきた。
f0233879_16581280.jpg


雨に濡れた伸縮ポールは中に水が残らないように拭きながらしまい込んだので、水抜きはしないでも大丈夫だろう。
CQには対するコールは少なかったけれど、呼びにまわって久々に多くの局と交信できたな。
Thanks FB QSO.である。




by Koppe3T | 2015-10-11 17:03 | 無線・釣り | Comments(0)  

浮間船渡~志村坂上

先週の週末は、姉さん散歩に参加してきた。

出発は、埼京線の浮間舟渡駅からだ。

浮間舟渡駅のすぐ前に広がる「浮間公園」である。荒川が大きく蛇行していた頃の川を「浮間が池」として、そのまま残した美しい公園である。

f0233879_14404824.jpg

f0233879_14413013.jpg

公園内のオレンジ色の秋桜が綺麗だ。

f0233879_14410198.jpg

突き当りの土手を登ると、ご存じ「荒川」である。先月は「荒川ロック・ゲート」の歴史散策もしたのであるので、荒川繋がりのお散歩コースである点も楽しい。対岸は埼玉県戸田市である。河川敷の赤羽ゴルフ倶楽部をラウンドするゴルファーを眺めながら、金八先生よろしく、荒川の土手散策である。

f0233879_14410794.jpg

浮間の住宅街を歩くと、「水塚(みずかor みずづか)」と呼ばれる平面から数十センチから数メートル盛り土し、その上に住居を建てているお宅が散見される。こちらのお宅は、2mほどの石垣の上にお宅を建てておられた。この地域が昔から洪水に悩まされてきたことへの生活の知恵の一つなのだ。

f0233879_14420978.jpg

浮間が池がまだ旧荒川だった頃の地図が残っていた。昭和3年には、荒川の新流路が完成し、今の浮間が池や新河岸川が三日月湖よろしく取り残されていたんだよね。

f0233879_14461586.jpg

住宅街の片隅には、ひょっこりお地蔵さまだ。浮間村の北のはずれに北向き立てられたお地蔵さま。悪霊が村に入らないように結界の役目を果たしていたんだろうね。中央の地蔵菩薩立像は、享保6年(1721)の建立とのことだ。その後ろの板碑は月待夜講の記念供養塔で部文明16年(1484)の造営と云う。応仁の乱が終わり、戦国時代の始まりの頃なんだよね。

板碑進行が盛んな室町時代ならではの重要な資料である。

f0233879_14411712.jpg

更に散策すると、「かさや地蔵」である。傘屋と云う屋号の前に建てられたので傘屋庚申とも云う。裏には延享3年(延享は、17441748年、江戸中期である)の文字が刻まれていた。

f0233879_14414045.jpg

浮間水再生センター(昔は、下水処理場と云ってたな)では、水再生の仕組みを社会科勉強だ。下水のマンホールに穴が開いていて、オーバーフローした水を逃がすことなども学習したのであった。

f0233879_14423848.jpg
f0233879_14421307.jpg

江戸期から昭和3年まで供用されていた荒川の浮間渡船場跡である。西国・秩父・坂東・四国八十八か所の供養塔や馬頭観音座像供養塔、庚申待供養塔、水神宮石祠が建っている。

それぞれ、文化十年(1803)や文政元年(1818)の建立年月が刻まれていた。

f0233879_14425146.jpg

浮間から対岸の小豆沢を眺めた新河岸川である。この新河岸川は、この辺りは隅田川と記されている地図もあるが、遥か上流は川越まで繋がており、江戸期は川越-江戸間の大動脈であった川である。

f0233879_14422840.jpg

新河岸川を渡ると、小豆沢河岸の面影を語る旧荒川(現新河岸川の大正から昭和の頃の写真が掲示されていた。

f0233879_14425996.jpg

で、小豆澤神社がある丘への階段である。結構な急坂なのだ。

f0233879_14430534.jpg

登り切ると、「小豆澤神社」だ。小豆澤神社は、康平年間(10581065)、源の義家の勧進と伝えられているから、義家が奥州征伐へ出向いた時に勧進したものであろう。江戸期は、小豆沢村の鎮守であったという古刹である。

f0233879_14432125.jpg

薬王山龍福寺である。室町幕府の頃袋村(現赤羽)の僧運珍が隠居寺として創建したのに始まるという真言宗智山派のお寺さんだ。秘仏「薬師如来」が祀られているとのことだ。

境内には、実に大きな板碑が残されていた。1枚などは、高さ1.51.6mほどもあり、今まで見た板碑の中では一番大きいものであった。それには、慶長七年と刻まれていたな。

f0233879_14433839.jpg
f0233879_14434903.jpg
f0233879_14434238.jpg

ここで、小豆沢のドイツ国旗を掲げたケーキ屋さんで、ロールを買い求め皆さんで分け合って食べたんだよね。チョコとクリームがマッチしてとても美味しく頂きました。こんなこともあろうと、人数分の箸と紙皿を持参してくれていたMさん、心遣いに感謝である。おやつ奉行就任おめでとうございます。

f0233879_14522763.jpg

こちらは、中山道沿いの薬師の泉庭園だ。江戸名所図会にも描かれていいる大善寺の庭園である。泉にはこんこんと泉が湧いていたな。

f0233879_14532106.jpg
f0233879_14530581.jpg

中山道時代の清水坂である。江戸を出て最初の難所だったと云うの頷ける急坂であった。しかも、ヘアピン・カーブ的につづら折りになっているのだ。坂の所々に埋め込まれている版画が当時を思い忍ばせてくれるのが嬉しい。

f0233879_14441096.jpg
f0233879_14442851.jpg
f0233879_14454289.jpg

志村坂上には、「志村の一里塚」が道の両側に昔の面影そのままに残されていた。日本橋から3番目の一里塚とのことだ。

f0233879_14445531.jpg

f0233879_14550305.jpg

その一里塚のたもとには、明治22年創業の荒物屋が残っている。昭和8年築の腰板張の日本家屋が大変懐かしい。

f0233879_14452320.jpg

打ち上げは、お好み焼き屋さんで、ワイガヤ楽しいひと時を過ごさせてもらった。

今回も、楽しいコースを案内していただき、ありがとうございました。

また一緒に楽しく歩いてくださった参加の皆様もありがとうございました。

また、次回もどうぞ宜しくお願いいたします。


by Koppe3T | 2015-10-05 14:55 | ウォーキング・散策 | Comments(4)