人気ブログランキング |

<   2017年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

カズオ・イシグロ~Never Let Me Go

今朝も最低気温は氷点下!!-4.5℃だった。夜明け直前の南西の空が黎明モードだ。
f0233879_14525247.jpg
日の出後は快晴で風も無い。実に暖かく感じられたな。
f0233879_14531122.jpg
しかし、午後には風が5~9m/sと強くなり、最高気温12.3℃ながら体感温度はスキー場みたい(笑)。



さて、今年のノーベル文学賞は、長崎県生まれで5歳から英国で育ったカズオ・イシグロ氏だったよね。
早速ノーベル文学賞の作品を取り寄せて完読した。タイトルは、"Never Let Me Go" 「わたしを離さないで」である。
f0233879_14523643.jpg
英語で書かれた作品でもあり、主人公の回想風な言い回しは、実に丁寧に表現されていてる。日本の小説に馴染んでいる私には、読み始めは取っつきにくかったのだが、読み進めるうえで色々な謎について想像も膨らみ、謎が恐怖に変わり450ページを一気に読んでいた。
提供者とか介護人とか出てくる作品なのだが、介護人をもう11年もやっていると云う主人公の独白的な語りから始まるのだ。


読んでいて途中で気が付いたのであるが、この物語は昨年1月にTBS系でドラマ化されていたようだ。三浦春馬と綾瀬はるかが主人公で、三浦春馬、水沢あさみが出演だったようだ。暗い感じで途中から観なくなったドラマだった。
やはり、こう言った作品は映像より文字で楽しむ方が数十倍素晴らしいと感じたな。

内容紹介

自他共に認める優秀な介護人キャシー・Hは、提供者と呼ばれる人々を世話している。キャシーが生まれ育った施設ヘールシャムの仲間も提供者だ。共に青春 の日々を送り、かたい絆で結ばれた親友のルースとトミーも彼女が介護した。キャシーは病室のベッドに座り、あるいは病院へ車を走らせながら、施設での奇 妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に極端に力をいれた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちの不思議な態度、そして、キャシーと愛する人々 がたどった数奇で皮肉な運命に……。彼女の回想はヘールシャムの驚くべき真実を明かしていく――英米で絶賛の嵐を巻き起こし、代表作『日の名残り』を凌駕する評されたイシグロ文学の最高到達点。解説/柴田元幸。


by Koppe3T | 2017-12-19 16:21 | 映画・読書・鑑賞 | Comments(0)  

この冬一番の更新である。

今朝の最低気温は氷点下5.6℃105.png105.png105.png  この冬一番の冷え込みだ。
真冬らしく、日の出後は快晴の青空だ。
f0233879_17033028.jpg


日中は9℃まで上昇し、風もほとんど感じなかったので、気分的には暖かい。
練習してもスコアーには結びつかないとは十分に認識しているのだが、こうも好天だと向かうは「ゴルフ・レンジ」だ(笑)。
午後の1時なのに、練習場の鉄柱の影がこんなに長いんだよな。
f0233879_17033848.jpg


次回もドライバーは封印すべきか???。しっかり打ち込んだけれど、さてさて。癒し系コースでは、どちらがよろしいのかなぁ?
f0233879_17034929.jpg
f0233879_17034472.jpg

by Koppe3T | 2017-12-18 17:06 | 日常 | Comments(0)  

シロガネーゼが闊歩する白金散歩である。

昨日は、シロガネーゼが闊歩する白金(シロカネ)を散歩してきた。白金台周辺は、確かに洗練されたお店が多く、
歩いている主婦や女性は皆シロガネーゼに見えてしまったな(笑)。天気は冬晴れで風もなく、絶好のアウトドア日和だ。
f0233879_15164594.jpg

最初の訪問地は、「聖心女子学院」である。明治41年建築で都の選定歴史的建造物である正門が素晴らしい。
f0233879_15170571.jpg
f0233879_15165897.jpg


セイコーの創業者服部金太郎邸として昭和8年建立と云う、三光起業白金寮である。樹木も多く広大な敷地である。中は垣間見ることも出来ない
f0233879_15183275.jpg


それにしても坂の勾配が半端ないエリアなのだ。この急勾配の下りはどうですか~~~!。
f0233879_15190684.jpg
f0233879_15192078.jpg
f0233879_15193664.jpg

明治25年設立の「北里大学」である。北里柴三郎の伝染病に関する業績は皆さん知ってのとおりである。
f0233879_15201901.jpg


さて、白金の昔の建物が多く残っているエリアである。
有名な「きえんきえら」大正7年築を改装したものだ。「洋食ハチロー」などは逸品な風情だ。
f0233879_15220730.jpg
f0233879_15221598.jpg
f0233879_15225065.jpg
早々に小腹がすいて、「おはぎ」を買い食いだ(笑)。餡が実に美味しかったのだ。
f0233879_15214988.jpg
さて、今は暗渠になっているのであるが、「三田用水」だった曲がりくねった路地を歩く。
f0233879_15241029.jpg
f0233879_15242540.jpg
f0233879_15243742.jpg
明治坂である。勾配が半端ないのだ。
f0233879_15250462.jpg
f0233879_15253297.jpg

興禅寺である。お寺さんの掲示に「子供は親の言うようにはならぬ 親のしているようになる」だ。子供には親の背中を見せろと云われていた時代は遠くなったけど、真理であるな。
f0233879_15261114.jpg
f0233879_16055578.jpg

蜀江坂である。坂上の丘の紅葉が美しかったようだ。右に見える赤レンガの塀は「聖心女学院」の塀なのだ。
f0233879_15262782.jpg



東京大学の医科学研究所である。明治25年 北里柴三郎が設立した伝染病研究所が前進である。昭和12年築の1号館は煉瓦造りの外壁を含め重厚である。
f0233879_16140320.jpg
f0233879_15264203.jpg

f0233879_15265734.jpg

車寄せの天井にはステンドグラスが美しい。
f0233879_15272186.jpg
f0233879_15274859.jpg
f0233879_15280853.jpg


国立科学博物館付属である「自然教育園」である。室町期に豪族が館を築き「白金長者」と呼ばれたころから始まり、江戸期は高松藩の下屋敷、明治期は陸海軍の火薬庫、大正時代は御用地、昭和8年には朝香宮邸だったとのことだ。
下刈りだどはあまりせず、自然な武蔵野の雑木林を育んでいるとが特徴ということだ。春にも訪れたい場所でもあるな。
f0233879_15282772.jpg
f0233879_15284473.jpg
f0233879_15291679.jpg
f0233879_15292870.jpg
f0233879_15294015.jpg
f0233879_15294792.jpg
f0233879_15295832.jpg
f0233879_15301881.jpg
f0233879_15310282.jpg




続いて、「東京都庭園美術館」である。1933年(昭和8年)朝香宮邸として建てられたア-ルデコ洋式の本館が見事なのだ。
吉田首相公邸と使用された後、白金迎賓館として国賓公賓の迎賓館として使用された場所である。
回遊式日本庭園もこじんまりとして美しい。
f0233879_15324065.jpg
f0233879_15333191.jpg
f0233879_15333580.jpg


アメリカ人宣教師J.C.ヘボン氏が文久3年(1863年)に開学したヘボン塾が始まりである明治学院大学である。今でも「ヘボン式ローマ字」は使っているよね。
f0233879_18060969.jpg

明治学院はキリスト教に基づく人格教育を目指す学校である、こちらが有名なチャペルである。明治36年の建築である。真上から見ると十字架の形になっているのだ。
f0233879_15342599.jpg
f0233879_15344845.jpg


国重要文化財でもある、「インブリー館」である。宣教師館の一つでインブリー博士の住居だった。
f0233879_15345622.jpg
明治学院記念館。明治23年の建築である。記念館の前に輪には、アンネの日記で有名なアンネ・フランクを偲んで造られた新種のバラ「アンネのバラ」が見事だった。
f0233879_15361033.jpg
f0233879_15351033.jpg

16:30、このタイミングで芝生広場の樅の木のイルミネーションが点灯だ。
f0233879_15362374.jpg
カメラのバッテリーがエンプティになり、携帯での撮影だ(汗)。
f0233879_15421690.jpg


途中、三田用水の水路跡を見学しながら、打ち上げ会場の恵比寿ガーデンプレイスへ。
f0233879_18084143.jpg
クリスマス。イルミネーションが施されていて、実に多くの来場者の中、地下1階の会場へ。飲み放題の楽しい打ち上げだったな。新命名のポールさん、大変お疲れ様でした。
案内頂いた姉さん、今回もありがとうございました。
f0233879_15431014.jpg

by Koppe3T | 2017-12-17 17:16 | ウォーキング・散策 | Comments(8)  

会長級寒波でも楽しいラウンド~in TACO Country

会長級寒波の今朝は、最低気温氷点下2.5℃ 日中でも9℃と大寒の頃の寒さの中、多古カンで遊んできた。

ラウンド前の18番グリーンも望む。寒々しいんだな105.png 
f0233879_16344967.jpg
しかも北西の風があり、体感温度はスキー場か?(笑)
スタートは、INコース10番 382ヤード パー4だ。ここは、どうしたもんか?
TショットからOB!!!!!!!!103.png103.png103.png
その後も、パーもゲット出来ずに、最終18番503ヤード パー5に来てしまった。
f0233879_16345486.jpg
上がってみたら16オーバー・パーの52(パット16)だ。100叩きの刑は避けたい。

後半は、別人28号に変身しなくちゃだ。アウト1番 362ヤード パー4だ。ここから、ドライバーは封印して、#3ウット スプーンでのTショットだ。悪くないんだな、スプーンでの飛距離・方向性。
f0233879_16345787.jpg


5番488ヤード パー5である。ここは、パー・オン出来たのに、痛恨の3パットが痛い。
f0233879_16350117.jpg


結局、後半は3パー 5ボギー 1ダボの7オーバー・パーの43(パット19)だ。前半からこの程度のスコアーだと嬉しいんだけどな~~~。ドライバー封印のお陰だな104.png
それにしても、今日の前半は7m/s前後の風もあり、実に寒い寒いラウンドだったな。


帰路、毎度の喫茶でリフレッシュ・タイム~~~。
そのさんの前半での12番、18番でのバディーが素晴らしかったな。
f0233879_16350516.jpg
参加の皆様、今日も楽しいラウンド、ありがとうございました。




by Koppe3T | 2017-12-14 16:42 | ゴルフ | Comments(0)  

チバニアンの地層は守らなくちゃである

今、市原市のチバニアンの見学者が実の多いとのことだ。先々週訪れた時は土曜日だったけど、そんなに多くの人が見学しているようには見えなかったけど。

それでも、地層をまじかに見れる泥土の階段の上には5~6人も立ち入れない広さだった。皆さん登っていたので、私も泥土の階段を登ってみた。
階段の上に「安全上立ち入り禁止」との表記もあったので、上の段へは入らず先に立ち入っていた皆さんに「ここは立ち入って良いのですか?この様に書かれていますけど?」と声掛けをして降りたんだよな。2人ほどが「そうですね~」を早々に降りてはいたけど、他の方々は撮影に必至だったな。

以下の記事にもあるように、12/7からこの階段は立ち入り禁止となったようだ。地層を守る上からも禁止はすべきだろうな。
ポチッとね。
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%8c%e3%83%81%e3%83%90%e3%83%8b%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%80%8d%e6%96%9c%e9%9d%a2%e7%ab%8b%e3%81%a1%e5%85%a5%e3%82%8a%e7%a6%81%e6%ad%a2-%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e8%80%85%e6%ae%ba%e5%88%b0%e3%81%a7%e5%ae%89%e5%85%a8%e8%80%83%e6%85%ae/ar-BBGEXVn?ocid=LENDHP#page=2

さて、今日も快晴。会長級の冷え込みだったけど、日中は青空が広がり眩かったな。
f0233879_17245057.jpg
さあて、明日も会長級の寒さしい。暖かくして出掛けなくちゃである。

by Koppe3T | 2017-12-13 17:28 | 日常 | Comments(2)  

さてさて、明日は会長級?

今朝は氷点下1.5℃とこの冬一番の冷え込みだったとか。
夜明け20分ほど前の南東の空は朝焼けが綺麗だったけど、痺れる寒さだった。
f0233879_14381943.jpg
それでも日中は、最高気温10℃で風も強気なく日向では暖かさも感じれたかな。
さて、明日明後日は会長級の寒波なんだとさ105.png2連休だから未明から起き出すことはないからいいか109.png


ここまで冷え込むと、我が家の「トランペット」君が開花まで進んでくれるか心配になってきた。まだ蕾が10センチほどだし、今朝の寒さで葉っぱは5枚ほどやられてしまったし・・・・
f0233879_14512091.jpg
f0233879_14514372.jpg

おまけ~~~~:
昨夕お隣さんから頂いた「大浦ゴボウ」に煮物である。
f0233879_14515071.jpg
成田山新勝寺に納められ「精進料理」に使われると云う直径10センチもある巨大ゴボウなのだ。はい、人生初の「大浦ゴボウ」、美味しく頂きました。
http://nipponsyokuiku.net/syokuzai/data/034.html
ポチっとね。

by Koppe3T | 2017-12-12 14:53 | 日常 | Comments(3)  

昨日までは部長級、明日からは社長級!

今朝の最低気温は7℃~~~。このところの冷え込みからは暖かめな朝だ。
夜明け前のNRT管制塔であるが、見た目はなんか温かくは見えないな(笑)。
f0233879_17012362.jpg


日中は、快晴で雲も見当たらない。日中の最高気温は17℃と季節外れに高い。
f0233879_17012950.jpg


暖かいのは今日だけみたいなので、午後はゴルフ・レンジへ。しかし風が強いんだなぁ~。7~10m以上のアゲンストの風だった。ウェッジで打つと風で戻され通常100ヤードのはずが50~60ヤード辺りに垂直に落ちる。
f0233879_17013379.jpg

アゲンストの風の中でのいい練習が出来たようだ。それにしても、平日は来場者も少なく、2F打席はこんな感じ~~。
f0233879_17013856.jpg

昨日までの冷え込みが部長級としたら、明日からは社長級の寒波らしい106.png
更に、その先は会長級も待ち構えているとか106.png106.png106.png
明日から週末にかけては、防寒対策完璧にしなくちゃであるな。

by Koppe3T | 2017-12-11 17:10 | 日常 | Comments(2)  

快晴の下、4エレメントで移動運用だ

昨夜の雨が凍り、早朝は氷点下2.4℃  車の屋根やらガラスはバリバリに凍結してたもんな。それでも、朝から快晴だ。

そんな中、新兵器の4エレメントのアンテナ持参で長南町の丘へ。標高は160m程度ではあるが、ロケーションは悪くない。
f0233879_17515071.jpg
4エレメントは2.1キロと軽いのが嬉しい。早々に組み上げてSWRの調整も完璧に行い、電波発射である。
f0233879_17513901.jpg



ここは春は河津桜、夏は紫陽花が見事なのだが、この時期は椿が満開だった。
f0233879_17520085.jpg
f0233879_17520742.jpg

軽くて組み立てもラクチンな4エレであるが、今日は結構Callされたな。
早朝は冷え込んだけど、日中は外気温も10℃近くまで上がりポカポカだったしアウトドアの醍醐味を味わえたな。
また午後には、この厳冬期には実に珍しく電離層が活発になり6エリア(九州)からのEs(スポラディックE層)による電波も入感だった。





by Koppe3T | 2017-12-09 17:59 | 無線・釣り | Comments(0)  

何だ何だ!!、この寒さは!

朝の6時で氷点下2.3℃105.png 日中でも最高気温は午後の3時の7.4℃105.png 真冬もいいとこ、厳冬である。


朝のNRT管制塔もどんより~
f0233879_16582384.jpg
f0233879_16583109.jpg


午後、帰宅しても部屋は寒々としていたな。流石の杏子も屋外眺めて黄昏てた(笑)。
そうそう、昨日は先週に続き杏子の大脱走があったのだ。お隣の敷地へ入り込んだり、車の下へ逃げ込んだので、玄関を10センチほど開けて数時間放置。そのうちどこかの猫といがみ合ってる声が聞こえたので裏庭へ行ってみると、威嚇されて壁下に逃げ込んでいた。怯えて動けなくなっているところを確保!!!!(笑)。
f0233879_16592847.jpg


そして、今夜には雪マークが点灯だ。寒い訳である。106.png106.png106.png積雪にならないだろうけど、雪が舞いますか~~~

さて、この週末は晴れの予報だけど、最高気温は10℃程度らしい。アウトドアには支障はないだろうな。

by Koppe3T | 2017-12-08 17:04 | 日常 | Comments(0)  

今日は「大雪」。そして新兵器だ。

今朝は1.5℃なれど、寒さが厳しく感じられた。でも午後には最高気温13℃となり温かな「大雪」の始まりだった。

二十四節気の「大雪」。山に積もっていた雪が里にも降り始める頃。厳しい寒さの始まりである。


夕方は南西の空は夕焼けが綺麗だった。
f0233879_16482471.jpg
明日は傘マークが点灯であるが、確率は50%。Fifty-Fiftyってことは、降るかもしれないし降らないかもしれないってか???114.png



さて、先日入手した新兵器50MHz帯の4エレメントのアンテナである。
今までの6エレメントの方がゲインが高いから遠くまで飛んでくれるのだが、ブーム長6メートルで総重量6.3キロだったのだ。
f0233879_16482933.jpg
いわゆる、ダウン・サイジングである。
今回のは、ブーム長3.25メートルで総重量2.1キロと手軽である。ゲインは13.4dBだったのが10.4dBと3dBほど落ちるのだ。まあ、次回のアウトドアで飛び具合を検証してみよう。

by Koppe3T | 2017-12-07 16:58 | 季節 | Comments(0)